• 欢迎光临中文版东方维基
  • 您目前还未登录,请点此登录后进行编辑。
    如果您还没有在东方维基注册,请点此注册
  • 如果您想要注册账号,请联络KyoriAsh或前往Discord频道以取得新账号

莲台野夜行/故事

来自东方维基
跳到导航 跳到搜索

作曲者致词[编辑]

おおよそ初めまして、ZUNです。

聴いていると変な霊が集まってくる様なCDを目指しました。
ジャケットと曲でワンセットになる様に試みてますので、余裕
があったら、曲に合わせてコメントを読んでみてください。

ちなみに、除霊は自費でお願いします。
各位初次见面,我是ZUN。

这是一张以能够听起来可以让奇怪的灵聚集起来的样子为目标的CD。
尝试着让封面和曲子能够协调起来,如果有余力的话,
请配合着曲子来读曲目的注释吧。

顺便,除灵就请自费解决吧。

故事剧情[编辑]

そういえばこれ、誰のお墓かしら? 我在想,那到底是谁的坟墓?
 
1.夜のデンデラ野を逝く 1.莲台野夜行
「そう、間違いなくこれよ。」
蓮子はそう言って写真付きのノートを見せた。肌寒くなってきた秋の夜にわざわざ出掛けて来たんだから、何か見つからないと困る。でも正直、墓荒しの真似は避けたかったわ。
“是的,不会错的。”
莲子边说边出示一张带有标记的照片。侵入肌肤的秋寒……在我们离开之时就愈发强烈,如果这样仍然一无所获,那么会是件相当麻烦的事情。事实上,我很想远离荒凉的墓地。
2.少女秘封倶楽部 2.少女秘封俱乐部
「メリー、蓮台野にある入り口を見に行かない?」

蓮子がその話を持ち掛けてきたのは二日前のことだった。

私達秘封倶楽部は、メンバは二人だけど良くあるただの霊能者サークル。霊能者サークルだけど、普通みたいに除霊や降霊とかは好きじゃないの。周りからはまともな霊能活動した事ない不良サークル、と思われてるけど…実はね。
“梅莉,不妨去莲台野的入口看看?”

这个话题,两天前莲子提起过。

我们这个秘封俱乐部是个普通的灵能力者组织,不过会员只有两人。虽然被冠以灵能力者组织的名称,但我们不同于一般的除灵或降灵的组织。事实上……我们被当作一个糟糕的在周围进行灵能力活动的组织。
3.東方妖々夢 ~ Ancient Temple 3.东方妖妖梦 ~ 古老的神祠
「蓮台野の入り口って、何?蓮子。」

私は蓮台野に入り口があるなんて聞いたこと無かったし、余りにも唐突だったのでそれしか言えなかったわ。
「まぁ、見てよ。」
蓮子は古い寺院が写っている写真を差し出した。見た事も無い寺院だった。

「これが冥界よ。」
“莲子,莲台野的入口在哪里?”

我从没听说莲台有个入口,这太奇怪了,我只能这么说了。
“你看下这个好了。”
莲子取出一张上面有着我从来没见过的古老神祠的照片。

“这是冥界。”
4.古の冥界寺 4.古老的冥界寺
「なんで冥界の写真なんかあるのよ。」

「私には裏表ルートがあるのよ。メリー。」
どういうルートかさっぱり分からなかったけど、どうせ死体相手の念写かなんかだろう。

「で、こっちの写真。山門の奥を見て……」
“为什么你会有冥界寺的照片?”

“我可是有内部途径的哟,梅莉。”
我完全无法理解,也许是对死者的祈祷,或是别的什么……

“并且,这张照片。看一下这个寺门的里面……”
5.幻視の夜 ~ Ghostly Eyes 5.幻视的夜 ~ 幽灵之眼
「ほら、門のここ。向こう側。明らかに現世でしょ?」

指差された場所には、夜の平野。そして、一つの墓石が写っていた。空気の色が違う。確かにそれは私たちの世界の色…。

私は山門は三門って漢字が正しいのよ。と言おうか迷っていた。
“看,这个门。那一边……肯定是冥界,不是吗?”

顺着手指的方向,这个夜之平原上,一个墓碑立在那里。那里的空气的颜色是不同的。的确是我们世界的……

我觉得把所谓的“山门”用汉语写成“三门”是不是好一些呢?
6.魔術師メリー 6.魔术师梅莉
そう、秘封倶楽部の裏の顔は張り巡らされた結界を暴くサークルなの。均衡を崩す恐れがあるから禁止されてるんだけどね。
でも、私は結界の境目が見えるの。何もしてなくても見えてしまうのよ。見えてしまうんだから不可抗力よね。
是的,秘封俱乐部真正的活动[1]是挖掘那些张开的结界。封闭它的原因是因为害怕它打破这个平衡。
但我可以看到这结界的边界。纵使我什么都不去做,我也看得见。无论我是否想看,它都会不可抗拒的出现在我眼前。
7.月の妖鳥、化猫の幻 7.月之妖鸟、化猫之幻
そういえば、蓮子は「蓮台野の入り口」って言ってたわ。この

写真から入り口の場所が分かったのかしら?
「簡単よ。ここに月と星が写っているのが見えるじゃない。」

蓮子は星の光で今の時間が分かり、月を見ただけで今居る場所が分かるらしい。蓮子はいつも私の目の事を気持ち悪いって言うけど、蓮子の目の方が気持ち悪いと思うわ。
是的,莲子曾说过,“莲台野的入口。”

她已经通过照片发现了这个入口的位置了吗?
“很简单。在这里看不到月亮和星星呢?”

莲子能够通过星光知道时间,通过月亮来知道所处。莲子常说我的眼睛怪异,但我认为她的眼睛让人更有怪异之感。
8.過去の花 ~ Fairy of Flower 8.过去的花 ~ 花之精灵
彼岸花って気持ち悪いよね。私、あの花嫌いなの。子供の時からそうだったわ。蓮台野で一番彼岸花が多く生えているお墓が入り口よ。何故か突然そう言ってしまった。

蓮子は、メリーが言うなら間違いない、と信じて疑わなかった。

勝手に目的地にめほしがつけられた。
彼岸花是怪异的。我不喜欢那花。从童年起就讨厌。“莲台野那彼岸花最茂密的坟墓便是入口。”我不知道为何突然这样说。

莲子,因为梅莉也这样说,所以并不怀疑这里就是入口。

就这样,目的地确定了。
9.魔法少女十字軍 9.魔法少女十字军
ついに、蓮台野結界穴決行の日が来た!

人気のない夜が最適、という事で夜に出発するになった。勇ましく出発したまでは良かったんだけど、蓮台野に着いた時、急に冷静になってしまったわ。

そう言えば、蓮台野って墓地だったわね――
决定搜索莲台野结界洞窟的日子,终于来临!

无人之夜晚最合适,所以我们计划夜晚出发调查。直到我们勇敢地出发时还感觉很好,但是,当我们到达莲台时,那一刻,我变得很冷静……

这样的感觉,莲台野好似墓地一般——
10.少女幻葬 ~ Necro-Fantasy 10.少女幻葬 ~ 死葬幻想
――蓮子言う通り目的の墓石はこれだろうけど、何も見えない。

蓮子は私をせかす。私は墓を弄ってみたり、卒塔婆を抜いてみたり色々やってみた。蓮子は空を見ながら、2時27分41秒、と呟いている。気持ち悪い。結局、墓荒しの真似をしているのは私だけか。墓石は重たくて回すのがやっとなんだけど……。
「2時30分ジャスト!」墓石を4分の1回転させたその時。

秋だというのに目の前に一面桜の世界が広がった。
——我认为这个坟墓的目的地可能就像莲子说的那样,但我什么都看不到。

莲子让我着急,我摸索着坟墓,抽出卒塔婆[2],这样反复数次。莲子仰望天空,嘴中呢喃:“现在是2点27分41秒了”。她表现的如此怪异。总之,我感觉自己成了盗墓者。墓碑如此之沉,对我来说已经是极限。
“正好是2点30分 !”于我将墓碑转动了1/4。

樱花的世界刹那在我眼前蔓延。
11.幻想の永遠祭 11.幻想的永远祭
紅葉ももう終わろうとしていた。我が不良サークルはまだ細々と続いている。夜になると空を見て時間を呟く癖のある相棒は、私との待ち合わせに遅れていた。

「遅くなってごめん!」
「2分19秒遅刻。」
相棒は写真を差し出す、いつもの様に語り始めた。
     「そんなことよりメリー、

               博麗神社にある入り口を見に行かない?」
红叶飘零的季节就快要结束了。我们那个不良组织还如以前那样存在。那个习惯在夜里看着天空嘀咕的搭档、与我见面时又迟到了。

“对不起我迟到了!”
“晚了2分钟19秒。”
搭档拿出一张照片、又用平时的语气开始说话。
      “在此之前,梅莉,

               去博丽神社的入口看看如何?”

注解[编辑]

  1. 原意是“背后(真正的)样子。”这里取意译了。
  2. 卒塔婆(埋葬佛骨的塔)是为了保存他那被人争夺的骨灰而修建的。寺庙也不仅仅是为和尚们建造的,人们在那里增设了拜祭台,以供人们拜佛和奉上祭品之用。