• 欢迎光临中文版东方维基
  • 您目前还未登录,请点此登录后进行编辑。
    如果您还没有在东方维基注册,请点此注册
  • 如果您想要注册账号,请联络KyoriAsh或前往Discord频道以取得新账号

月之逃亡者的笼子/第四话

来自东方维基
跳到导航 跳到搜索
第74-95页
< 第三话   月之逃亡者的笼子   第五话 >
Cilr4-114-scaled.jpg
Cilr4-116-scaled.jpg
Cilr4-118-scaled.jpg
Cilr4-120-scaled.jpg
不尽の火 无尽之火
  妖怪の山は静かに煙を上げていた。山の噴火は荒々しさは無いが、常に上空を (くゆ) らしている。   妖怪之山静静地向上面冒出浓烟。虽然山顶并没有剧烈的喷出火焰,但是却经常将上空熏得漆黑一片。
  里では山の煙は本物の煙によるものではなく、天狗や河童達が動かす工場が吐き出す煙だと言われていた。   据传,山顶的黑烟并不是因为喷火造成的,而是天狗与河童工作的工厂之中所产生出来的浓烟。
  何故なら、妖怪の山が活動していたのは伝説上の話で、煙を上げるようになったのは百年ほど前だからである。その時期と言えば、丁度山の妖怪が持つ優れた技術が、里に知られるようになった時期だった。   之所以会有这种传言,是因为妖怪山自从数百年之前便开始冒出滚滚的浓烟,而那个时候正是人们对于妖怪山上有妖怪拥有先进技术的传言深信不疑的时代。
  妖怪の山が今も活動しているかどうはさておき、火山であるという事は事実である。それは魔法の森の近くにある玄武の沢を見れば明らかだ。玄武の沢とは、底は亀の甲羅のような六角形のひびが入った岩、周りの崖は垂直に切り立った六角柱で出来ているという不思議な沢である。   先不管现在的妖怪山火山是否还会喷发,至少我们可以确定它曾经是一座活火山。这一点从魔法森林附近的玄武之泽就可以很明显的看出来。玄武之泽之所以得名玄武,是因为它的底部有好像龟的背甲一般皲裂为六角形的岩石,周围的悬崖也好像被锋利的刀锋切割过一般形成六角形的柱体而因此得名。
  自然に出来たとは思えない不思議な地形は、実は溶岩が冷えて固まる時に出来る地形であるという事が判っている。妖怪の山から流れ出た溶岩が玄武の沢を作ったのである。大昔の妖怪の山は荒ぶる火山であった。   这种看上去一点也不像自然形成的地形效果,实际上是在火山熔岩冷却凝固之时形成的。也就是说玄武瀑布是由妖怪山火山喷发出来的岩浆形成的。由此可见很久以前的妖怪山火山是一个喷发异常频繁的话火山。
  当然、妖怪の中には山が噴火していた頃を見てきている者もいるのだが、山が活動停止してから長い時間が経っているので、もう再び噴火する事は無くなったと思っているのだろう。   当然,在妖怪之中也有见过火山喷发的家伙存在,但是因为火山停止活动的时间实在是太长了,以至于连他们都认为火山不会再次喷发了。
  しかし、竹林に住む人間——藤原妹紅 (ふじわらのもこう) は知っていた。今の妖怪の山が燻らしている煙は、河童達の工場の煙なんかではなく実は本物の火山の煙である事を。   可是,居住在竹林之中的人类——藤原妹红却清楚地知道。现在妖怪山顶部喷出的浓烟,根本不是什么河童的工厂所产生出来的,而是如假包换的火山烟雾。
 
「さあ、ここまで来ればもう迷わないだろう。このまま真っ直ぐ進めば里に着くはずだ」 “好啦,走到这里就不会再迷路了吧。沿着这条路一直往前走应该就能够回到村子里面了。”
  私が護衛した迷い人は安堵の表情を浮かべ何度も礼をすると小走りで去っていった。   我护送出来的迷路的人脸上浮现出一副终于放下心来的表情,对我连声道谢之后一路小跑着离去了。
  迷いの竹林は地名の通り道に迷う人間が多い。目印になる物が少ないのと、ここに住む妖精の悪戯が絶えない為だ。にもかかわらず、里の人間はよく竹林に足を踏み入れる。筍や茸、兎などの食材が豊富な為だろう。   迷失竹林,正如其名所言,这里经常会有人迷路。除了因为这里的道标很少之外,还有一个很大的原因是这里经常有妖精来搞恶作剧。不过即便如此,村子里的村民还是会经常性的来到这片竹林里面。因为这里面有非常丰富的竹笋、蘑菇还有野兔之类的食材。
  私はこの辺の妖精に顔が利くので、道に迷わされたりする事は無い。だから道に迷った人間を見つけると里に帰るまで送るようにしている。この辺は飢えた妖怪も多いし、迷い人の亡骸を見たくないからでもある。   因为我和这边的妖精们混得很熟,所以从来都不会在这里迷路。于是每当我碰到在竹林之中迷路的人都会将他们安全地送回村里。我之所以这么做只是因为这周围有很多饥饿的妖怪,我不愿意看到那些迷路之人的尸骨而已。
  気が付くと迷い人の姿が見えなくなっていた。暫く私は迷いの竹林の入り口で佇んでいた。   很快迷路之人的身影便消失在我的视野之中,只剩下我一个人伫立在竹林的入口。
  別に迷い人の姿が完全に見えなくなるまで見送っていた訳ではない。妖怪の山から立ち上る煙を見ていたのだ。あの煙を見て、昔の出来事を連想せざるを得ないからだ。   我并不是在目送那个迷路之人安全离去,实际上我只是在观察妖怪山上冒出的黑烟而已。因为每当我看到那座山上的浓烟,就不禁联想起以前发生的事。
  今から数年前の事である。私はどうしてもあの山の煙が気になり、里に住むある人に相談した事があった。   那是发生在几年前的事情了。因为我对于那座山顶的浓烟实在是非常在意,于是便去村子里找了一个人询问。
  幻想郷の歴史に詳しく、数少ない私の理解者である獣人——上白沢慧音 (かみしらさわけいね) にである。   那是一个对于幻想乡的历史非常了解,而且还是为数不多的我的支持者之一——上白泽慧音
 
「——貴方はあの妖怪の山の真実の姿を知りたいのですね?」 “——你想知道那座妖怪山的真面目是吗?”
「そうだ、里の人間は河童の工場だとか天狗の狼煙 (のろし) だとか言ってるけど、どうも腑に落ちない。私はあの煙に見覚えがあるのだけど……」 “是的,虽然村子里的人认为那是河童和天狗的工厂所产生的浓烟,可是我却并不那么认为。我似乎在什么地方见过那种烟。”
「……そうですか。見覚えがあるというのなら、私も貴方に山の歴史を伝える必要があるでしょう」 “……是吗,既然你见过,那么我就有必要将那座山的历史告诉你了。”
「そうして貰えると助かるよ」 “如果是那样就太好了。”
「あの煙……工場の煙でも勿論狼煙でもありません。あれは火の山が吐く不尽の煙なのです」 “那个烟……既不是工厂的烟雾,也不是别的什么。那是火山所喷出的无尽之烟。”
  慧音は私に山の歴史について説明してくれた。彼女によると山にはある神様が宿っていたのだと言う。その神様とは石長姫 (いわながひめ) と呼ばれる神様らしい。   慧音将有关火山的一切历史都告诉了我。据她所说,在那座山上居住着一位神灵。而那位神灵的名字叫做石长姬
「妖怪の山の煙はその神様が出す火山の煙なのです。貴方が見覚えがあると言うのならその神様を知っているのではないでしょうか?」 “妖怪山上的烟就是那位神灵所发出的火山的烟。既然你说你曾经见过,那么你是不是以前曾经和她见过面呢?”
「石長姫……?」 “石长姬……?”
  私はその神様の名前に聞き覚えがなかった。   我从来没有听过这个名字。
「そんな奴聞いた事がないけど、それがなんで私に見覚えがあると?」 “既然我从来没有听说过她,可是为什么我却好像看到过那种烟雾呢?”
「そうですか、でも石長姫は貴方とは無縁ではありません。石長姫は永遠の命……つまり不死を司る姫だからです」 “原来如此,不过石长姬和你并不是毫无关系。石长姬拥有永远的生命……也就是说她是掌管永生不死的神灵。”
「不死の神だって……?」 “你说她是不死之神……?”
  不死……か。それならば関係は大ありである。私はとある理由により不老不死の身となってしまったからだ。   不死……这么说来关系果然很大。因为我也由于某种原因而成为了不老不死的存在。
「そしてその石長姫は浅間 (せんげん) 様の姉に当たるのです。浅間という言葉は元々はあさまと読み、その言葉は火山を意味します。浅間様は木花咲耶姫 (このはなさくやひめ) の事を指している為、今では火山の神様は咲耶姫の事とされていますが、本当の咲耶姫は火山を鎮める水の神で——」 “而且这位石长姬还是浅间的姐姐。浅间这个词在古语之中有火山的意思。这里的浅间指的就是木花咲耶姬。虽然现在都认为咲耶姬是火山之神,但实际上咲耶姬是镇住火山的水神——”
「ちょっと待って、今、咲耶姫と言ったね」 “请等一下,刚才你是说咲耶姬吗?”
「ええ、石長姫の妹で大変美しい神様です。性格には少し難がありますが、花が咲くように——」 “是的,石长姬的妹妹,拥有非常美丽容貌的水神。虽然她的性格有些执拗,不过就好像盛开的花儿一样——”
  慧音は一度解説に火が付くと話が長くなるので強引にでも切った方が良い。   慧音一旦解说的兴致上来以后便会滔滔不绝,所以还是尽早打断她的话茬为妙。
「咲耶姫なら知っている。いや、知っているなんてもんじゃない。私はあの時——」 “要说咲耶姬的话我还是知道的。不,不只是知道而已。我那个时候——”
  今の境遇に陥った原因となった山を思い出した。   我不禁回忆起陷入如今这种状况的原因。
「——あの時、彼奴さえいなければ!」 “——那个时候,要是没有那家伙的话!”
 
  私は迷いの森の中にある小さな隠れ家に戻っていた。   我向位于迷失森林里某间隐蔽的小屋走去,那里就是我的家。
  帰る途中、数年前の慧音とのやりとりを思い出していた。妖怪の山の煙には私しか知らない秘密があるのだ。   在归家的途中,不由得再次想起几年前和慧音之间的对话。妖怪山上的烟雾,隐藏着一个只有我知道的秘密。
  最近は暗くなるのが早く、既に家の中は薄暗かった。雪がちらつく季節となりめっきり寒くなってきたが、まだ暖を取る用具を準備していない。   最近天黑的很早,当我到家之时屋子里面已经很黑了。已经是初雪的季节,天气也变得越来越寒冷起来,可是我还没有准备任何取暖的用具。
  部屋の中は生き物が住んでいるとは思えないほど冷え切っていた。だがそれも慣れたものだ。いくら寒くても私は死ぬ事は無いのだから。寒いのを少し我慢すれば、また暖かい季節がやってくる。   整个屋子里面寒冷到让人无法相信这里也有生命居住。不过我对于这一切却都已经习惯了。因为不管多么冷我都不会被冻死。只要挺过这一段寒冷的天气,很快温暖的季节就会来到了。
  不死になってからもう千三百年くらい経つだろうか。   成为不死之身已经过了一千三百年。
  不死になってから最初の三百年は人間に嫌われ、身を隠さないと自分にも周りにも迷惑を掛けるという悲しいものであった。   在成为不死之身的最初三百年里,我被人类所厌恶。如果不藏身于世外的话对于自己和自已身边的人来说都是不小的麻烦,那时我曾感到非常悲伤。
  次の三百年はこの世を恨み、妖怪だろうが何だろうが見つけ次第退治する事で薄っぺらな自己を保つ事が出来た。   接下来的三百年,我开始对这个世界充满了仇恨。遇到妖怪也好不管什么也好,都会马上将对方击退,以此保护自己。
  その次の三百年はその辺の妖怪では物足りなくなり、何事に対してもやる気を失う退屈なものであった。   再接下来的三百年,周围的妖怪都不是我的对手了,而且我也对任何事物都失去了兴趣,开始感到非常的无聊。
  その次の三百年、ついに私は不死の宿敵と再会し殺し合う事に楽しみを見い出す[1]事が出来た。   再接下来的三百年,我终于在与自已不死的宿敌之间的死斗之中找到了新的乐趣。
  そして今、私の存在も人間の社会に適応しつつある。今は永く生きてきた知識と長く闘ってきた力を使い、人間の護衛を行っているのだ。竹林に迷い込んだ人間——それは外の世界から迷い込む人間も含めてである、を竹林に棲む妖怪の手から守る仕事を行っている。   而到了现在,人类社会对于我的存在已经逐渐适应。我也凭借着自己多年来积累的经验和经过不断战斗获得的能力担任着人类的护卫工作。保护那些在竹林中迷路的人类——还包括那些从外面的世界不慎闯入的人类,免遭栖息在这片竹林之中的妖怪袭击。
  昔は決して有り得なかった人間からの感謝が、今の私の生きる支えである。不死を恐れない人間のいる幻想郷はまさに楽園の様であった。   那些以前从来都不会得到的来自人类由衷的感谢,现在是支撑我生存下去的最大动力。拥有对不死之身没有恐惧感的居民的幻想乡,对于我来说就好像乐园一样。
  私は片膝を立てて床に座り、背中を壁に押し当てた。いつからだろう、私はすぐに起きられる体勢で眠る癖が付いていた。この体勢でいると深い眠りに付く事が出来ず、色々考え事が出来るからである。   我立起一个膝盖盘腿坐在地板上,将后背靠在墙边。不知从什么时候开始,我养成了这种能够马土起身的睡觉姿势。也许是因为这样睡觉能够让自己不陷入深度睡眠,从而可以去思考很多事情吧。
 
「——あの時、彼奴さえいなければ!」 “——那个时候,要是没有那家伙的话!”
  咲耶姫の名前を聞いて封印された記憶が脳裏に蘇る。私が不死になる原因となった、我が人生で最もセンセーショナルな出来事である。   当听到咲耶姬这个名字的时候敲封印的记忆再次于我的脑海之中苏醒。我之所以会成为不死之身的原因,我人生之中最大的转折点。
「あの時、咲耶姫さえ出てこなければあの男を殺す事も、あの薬を飲む事も無かったのに——」 “如果那个时候,咲耶姬没有出现的话我也就不会杀掉那个男人,更不会去喝那个药——”
  私には宿敵がいた。その名は蓬莱山輝夜。私の家族の人生を狂わし、身勝手な行動で多くの人間に迷惑をかけた不死の人間である。勿論、今でも宿敵である事は変わりない。今ではお互い父子という事もあり、定期的に壮絶な殺し合いを行っている。   我有一个宿敌。她的名字叫做蓬莱山辉夜。是一个使我整个家族的人生全都变得一团糟,并且因为她的任性行动使很多人都陷入困境之中并拥有不死之身的人类。当然,她是我的宿敌这一点即便到现在也没有任伺的改变。而且因为现在我们都是不死身,所以每隔一段时间都会来一场惨绝人寰的死斗。
  勿論、若い頃の私は殺し合いをするような事もなく、輝夜に嫌がらせが出来ればそれで溜飲を下げる事が出来た。今思えば、他人の悔しがる姿が見たくて行動していたんだから歪んでいたんだと思う。でも、復讐の心は他の何よりも行動力を生む物であるという事も事実である。   当然,年轻的时候我并不是和她互相厮杀,实际上只是做一些能够令辉夜感到后悔的事。现在回忆起来,当时那种为了看到别人悔恨的表情而去做事的动机确实是不对的。不过,报复心却是使人行动起来的最大动力这一点也是事实。
  嫌がらせをする為に行動する事は苦痛であったが、その苦痛が大きければ大きいほど復讐としては価値があった。今味わってる苦痛は輝夜が私に与えている苦痛だと思う事で、さらなる大きな行動力を生んだ。つまり、私が復讐するのは完全に輝夜の所為だと思い込んでいたのだ。   虽然为了让人感到后悔而去做事使我非常的痛苦,但是这种痛苦越是深刻也就越发的激起我复仇的决心。我将自己到目前为止所经历的一切痛苦都归罪于辉夜,于是我又获得了更大的动力。也就是说,我之所以会采取一系列的报复行动,完全都是因为辉夜的所作所为。
  不死になるきっかけとなった日の私は、輝夜に復讐をする為にある人物の後を付けていた。岩笠という名前の男と思う。その男は数名の兵士を引き連れて壷を持ち、山を登っていた。その壷は輝夜が大切な人の為に残したという代物である。私はその壷を奪おうと企んでいた。その壷を奪う事で少しでも溜飲が下がる[2]のならそれで良かったのだ。   在我成为不死之身的那一天,我为了报复辉夜而跟踪上了某个人,大概是一名叫作岩笠的男人。那个男子率领数名士兵携带着一个壶登上了某座山峰。据说那个壶是辉夜为一个非常重要的人留下的东西。于是我决定将那个壶夺走。如果我将那个壶夺走的话,也许会令辉夜感到非常的郁闷吧。
  一行が登っていた山はこの国で最も高い山と言われ、一部の修験者しか登らない霊山、今でいう富士山であった。   他们所攀登的山据说是这个国家之中最高的山峰,只有极少数的修炼者才能够登上的灵山,现在被称为富士山的山峰。
  山はある程度登る時の高さは低くなり、次第に植物自体も無くなって岩ばかりになって行くものである。それの意味する事は、姿を隠して尾行を続けるのが困難になるという事だった。   当越来越走向山峰高处的时候,树木的高度变得越来越矮,很快就连植被都不见了,一路上只有光秃秃的岩石。这也就意味着找想要不被发现继续隐藏自己的身影跟踪他们的行动也变得越来越困难。
  さらにもう一つ尾行が困難になる致命的な要因があった。それは私の体力は限界に近づいていたという事だ。この山の麓に着くだけでも何日もかかり体力を消耗していた。その上、この山は一人で登れるような生易しい山では無かったのだ。   还有另外一个影响我跟踪他们的致命因素。那就是我的体力即将达到极限了。单是爬到这座山的山麓就已经需要消耗掉一个人几天的体力,更何况这座山绝非一个人轻易便可以攀登上去的。
  兵士が背負った壷をどうやって奪えばいいのか全く判らないまま、八合ほど登った所でついに力尽き、その場に座り込んでしまった。   就在我完全不知道应该如何从那些士兵身上将壶抢过来的时候,当爬到八合目的地方时我终于筋疲力尽,一屁股坐了下去。
「あの男は私が付けてきている事にとっくに気が付いていた。座り込んだ私の方に引き返してきて、そして疲れ果てた私に水をくれたんだ。最後は数名の兵士と共に励まし合いながら山頂まで一緒に登ったんだ……だというのに」 “那名男子似乎早就注意到我一直跟在他们的后面。所以当我坐下的时候,他也返身走了过来并且递给已经脱力的我一壶水。并且和他的那些士兵们一起鼓励着我,一直到最后带着我登上了山顶……可就明明是这样。”
「貴方は何故その男を殺し、壷を奪って逃げる事になったのでしょう」 “那你又为什么要将那名男子杀害,而且又是如何抢走了壶逃跑的呢?”
  そうだ、私は岩笠には何の恨みもなかったのだ。それどころか、岩登りを助けてくれた命の恩人でもあった。壷の事だって本当はもうどうでも良かったのかも知れない。輝夜に対する復讐もただの幼稚な意地だったのかも知れない。   是的。我与岩笠无冤无仇。而且他甚至还在登山的时候帮助过我,可以说是我的救命恩人。所以抢壶的事基本上可以说不管怎样都无所谓了。而我对于辉夜的复仇大概也只是当时幼稚的想法而已。
「……山の登りは山頂が常に見えていると、逆に歩みの遅さを思い知らされてしまう。残りの山登りは体の疲れと精神力の低下で大変なものだった」 “……登山的时候如果总是往山顶看,就会越发地感到自已步伐的缓慢。这样在继续登山的时候会使自己变得十分疲劳,而且精神上的压力是致命的。”
  私達は山頂に辿り着くとその男になぜこの山に登っていたのかを訊いた。   当我们终于登上山顶之后,我便向那名男子问他们为什么要登山。
「おかしいね。どう考えても山に登っていた不審者は私の方なのに。でも男は勅命である、と答えてくれた」 “很可笑是吧,不管怎么看登山意图不明的家伙都是我才对。可是那名男子却毫不在意的回答我说是因为上级的命令。”
  私は山賊で貴方達を付けていたが、とんだ失態を見せてしまった、と言った。壷を奪おうとしてたのだから、あながち間違いでは無いと思う。それを聞いて兵士たちは笑っていた。どう考えても私一人では兵士一人にも敵わない様に見えたからだろう。   我对他们说难道不怕我是山贼跟踪他们吗。结果士兵们听到这句话之后都笑了起来。确实,不管怎么看,以我一个人的能力就连他们一个士兵都打不过吧。
  兵士達は岩笠の命令で、担いでいた壷を地面に置いた。何をするのかと思って見ていると、壷に紐を結びつけ始めた。   士兵们在岩笠的命令下,将一直带着的壶放到了地上。就在我想要搞清楚他们究竟要做什么的时候,发现士兵们开始在壶上系绳结。
「紐を付けて遠くまで投げ飛ばし、壷を火口に入れて焼くって言うんだ。私にはその行動の意味が全く判らなかった」 “他们要将绳子绑在壶上,然后将壶远远地扔到火山口之中烧光。不过我对他们这样做的意义完全搞不明白。”
  もしかしたら、岩笠に勅命を下した帝様も輝夜に嫌がらせをしたいのかとも思った。輝夜から頂いた贈り物をこんな高い山の火口へ投げ入れるって言うのだから。   难道说对岩笠下达这个命令的天皇也对辉夜感到厌烦了吗?竟然要将辉夜留下的东西扔到这么高的火山口里面去。
「私はというと、壷を奪って鬱憤を晴らす為にこんな山の上まで来たのだが、もう壷がどうなるのか見守るしかなかった。でも、兵士達が火口に近づいた時、突然奇妙な女が現われて事態は一変した」 “虽然我是为了抢走那个壶来发泄自己的愤懑之情,所以才来到这么高的山顶,可是现在我却只能够眼睁睁地看着这个壶最后会是一个怎样的结局。但是,就在士兵们来到火山口附近的时候,一位突然出现的神秘女子却令整个事态发生了剧烈的变化。”
「その女の人がもしかして——」 “那位神秘的女子莫非就是——”
「そう、女は咲耶姫と名乗り、この山の噴火を鎮める女神であると言った。咲耶姫は、その壷を火口に入れてはいけませんと兵士達を恫喝したんだ」 “是的,那名女子自称咲耶姬,是镇压着这座火山使其不会喷发的女神。咲耶姬对那些士兵说绝对不能够将那个壶扔进火山口之中。”
  咲耶姫はこの世の物ならぬ美しさと、何処か火口で燃え尽きてしまいそうな儚さを携えていた。突然の出来事に兵士達は動揺した。神々しい姿に反射的にひれ伏す者もいた。   咲耶姬美得不像是这个世界上的生物,站在火山口带着一股如梦似幻一般的感觉。面对这突如其来的状况,士兵们都犹豫了起来,甚至还有的人在咲耶姬神圣的身姿面前跪了下米。
  本当に兵士達を動揺させたのはその後だった。岩笠は『私は壷をこの霊力のある神の火で焼かなければならない。これは帝の勅命である』と咲耶姫に向かって言うと、咲耶姫は軽蔑するような目でこちらを見ると次のように言った。   但是真正令那些士兵震惊的事情还在后面。岩笠对咲耶姬说:“我们必须将这个壶扔进具有神力的火山之中烧掉。这是天皇的命令。”但是咲耶姬却用轻蔑的眼光瞥了他一眼这样说道。
  『その壷をこの山で焼かれてしまうと、火山はますます活動を活発にし、私の力では負えなくなってしまうでしょう。その壷は神である私の力をも上回る力を持っています。貴方達はその壷に入っている物がどのようなものなのか理解しているのでしょうか?』 “如果你将这个壶扔进火山口,火山便会活动得更为剧烈,到时候就算是我的力量也没有办法镇压得住。那个壶拥有比身为神灵的我更加强大的力量。你们知道那壶中装的是什么吗?”
  兵士達は沈黙した。中身に関しては誰も知らされていなかったのだろう。私も勿論、輝夜が残した物という事しか知らなかった。   士兵们都沉默了。也许他们都不知道壶中究竟装的是什么吧。当然,我也仅仅知道那壶是辉夜留下来的东西而已。
  咲耶姫が『その壷に入っている物は……』と言うと、岩笠は『それは言ってはならぬ』と制止した。   就在咲耶姬说出“那壶之中装的是……”的时候,岩笠马上打断她道:“不能说。”
  しかし咲耶姫は『いいえ、ここまで担いできた兵士達には知る権利があります』と言い、その壷の中身はなんと不老不死の薬だと言った。   不过咲耶姬却说道:“不,那些将壶带到这里来的士兵们有权利知道。”于是将壶中装的是不老不死之药的事实说了出来。
「兵士達は動揺したよ。岩笠の命令を遂行してきただけなのに神様が怒るような事をしていたという事。さらに自分達が運んできた壷が不老不死の薬だったとはね」 “士兵们都犹豫了。如果执行岩笠的命令则会惹怒神灵。而且那壶中装的竟然还是不老不死的灵药!”
「そして貴方も動揺した、と」 “而且你也犹豫了是吗?”
「勿論、私も動揺した。不老不死の薬が実在する事、輝夜が不老不死の薬を残したという事、その不老不死の薬が何故か捨てられようとしている事——」 “当然,我也犹豫了。不老不死之药竟然真的存在,辉夜竟然留下了不老不死之药,而现在不老不死之药又为什么会被摧毁——”
  目の前の慧音は私の愚かな過去の話を聞いてくれる。愚かな人間ほど、他の人間の愚かな行動を嫌うというのに。   慧音坐在我的面前听我讲述着过去愚蠢的故事。虽然人类本身就非常愚蠢,但是对于他人的愚蠢行为却又缺少包容。
「——そしてその薬が目の前にある事に」 “——还有,不老不死之药竟然就在眼前。”
 
  ——寒さで目が覚めた。部屋はすっかり暗くなっていた。軽く眠っていた様だ。   ——我因为寒冷而被冻醒了过来。房间内已经是一片漆黑。看样子我刚才睡了一觉。
  暗い家の中に月の明かりが差し込んでいた。月の明かりは暖を取るには向いていない。冷え切った躰をさらに冷やすだけであった。   昏暗的房间之中只有月光照射进来。但是月光却带不来半点的温暖,只使得已经冰冷的身躯感到更加的寒冷。
  不老不死の我が身は不摂生をするのに都合が良い。不摂生し放題である。   不过对于不老不死的我来说,这种不健康的生话方式正是我想要的。就随它去好了。
  まだ今夜の食事の準備をしていなかった。不老不死とはいえ、空腹は覚えるし冷えた躰は関節を痛めたりする。しかし、まめに躰を温めたり栄養のある食事を摂ったりして躰に気を付けるより、多少の苦痛を我慢する方が自分の性に合う。   今天晚上的晚饭还没有准备。虽然我是不老不死,不过还是会感觉到饿,寒冷的时候关节也会感到疼痛。不过,相对于为了使身体感到温暖以及为了摄取营养而进食,这种多少忍受一点痛苦的生话方式更适合我的个性。
  そう、何をしても死なないのだから。   是的。因为不管怎样我都不会死掉。
  飽きるまで寝ようと、睡魔に喰い殺されるまで起き続けようと、躰には影響は無いのだから。   不管我是一直睡到自然醒,还是一直坚持清醒不睡觉也好,反正都对身体没有任何的影响。
  幻想郷の妖怪達も非常に長い間生き続けている。私より長く生きている者も少なくない。だが彼ら、彼女らは私とは根本的に異なるのだ。彼らは幾ら肉体が頑丈でも、必ず滅ぶ。   幻想乡的妖怪们也都活了很久。甚至有不少妖怪比我活的时间还要长。但是他们、或者说她们都和我有一个非常根本性的不同点。那就是不管他们的身躯多么的结实,最后都必定会灭亡。
  生者必滅——生きとし生ける者は必ず死ぬ、それが世の定めである。だとしたら私はあの薬を飲んだ時から生きていないのではないか。生きる為に行動する事は意味が無い事ではないか。私は何を目的に行動すればいいのか。   生者必灭——所有活着的生物最后都逃脱不了死亡,这是自然界的规律。那么也就是说当我喝下那壶药的时候便已经不再是活着了吗?所以做任何为了活着而做的事情便是毫无意义的事情了吗?那么我又应该为了什么而去行动呢?
  窓の外には細い月が浮かんでいる。その月に向かって何かの光の筋が上っていくのが見えた。   一轮弯弯的月牙挂在窗外。在那片月光之中我似乎看到有什么东西闪动。
  それを見て何か嫌な胸騒ぎがした。   忽然在我的胸中升起一阵莫名的厌恶感。
  先日、吸血鬼が月に行くロケットが完成したとはしゃいでいたが、その時にも同じ不安を覚えた。   几天前,吸血鬼说制成了前往月亮的火箭之时,我也感到了同样的不安。
  私は家の明かりを点しもせず家を飛び出す。   我甚至顾不上点灯便冲出了家门。
  頭上には細い月と細長い光の筋。   在我的头上是细细的月牙还有一道细长的光线。
  行く先は竹林の奥深く、永遠亭である。   光线的尽头在竹林的深处,永远亭
 
「——不老不死の薬が目の前にあると言われてその場にいたみんなが動揺した。兵士が動かなかった為、火口に壷を投げ入れる事も出来なかった。それでも岩笠は壷を燃やそうとしたのだが……何故か火が点かなかったんだ。仕方が無く、その日は山頂で一晩越す事にし、対策を練る事になった」 “——不老不死之药竟然就在跟前,这个事实令在场的所有人都犹豫了。因为士兵们都一动不动,所以那个壶也没有被扔进火山口。虽然岩笠依旧想要将壶烧掉……可是不知道为什么却一直都点不起来火。于是没有办法,当天大家只能在山顶过夜,研究对策。”
「咲耶姫は元々、火を鎮める水の神様でした。恐らく壷を燃やす事が出来なかったのはその為でしょう」 “咲耶姬本来是镇住火山的水神,大概点不起火就是因为这个原因吧。”
  私は岩笠に帝から受けたという勅命の詳細を訊ねた。何故、不老不死の薬をわざわざこの山に登って処分しようとしているのか。   我向岩笠详细地询问了天皇下达的命令。为什么要特意登上山顶来销毁不老不死药呢。
  岩笠によると、この壷は蓬莱の壷、中に入っている物は蓬莱の薬と呼ばれている物である。蓬莱の薬とは不老不死の薬の事で間違いないと言う。   据岩笠所说,这个壶叫做蓬莱之壶,而里面的东西被称为蓬莱之药。而蓬莱之药正是不老不死之药。
  蓬莱山輝夜が月に戻る際に、自分を育ててくれた竹取の翁と迷惑をかけた帝にお礼として置いていった物だそうだ。翁はこのような薬は要らないと寝込んでしまい、帝も同じく輝夜無きこの世に不死となって生きながらえようと何の意味があろうか、と仰って最も月に近いこの山で燃やせと命令した。その勅使として目の前の岩笠が選ばれたらしい。   这是蓬莱山辉夜在回到月亮上的时候,为养育自己的老翁和给添了不少麻烦的天皇留下的谢礼。老翁说自己并不需要这种东西,天皇也认为既然辉夜已经不在这个人世之间,即便自己不老不死也没有任何的意义,于是决定在这个最接近月亮的地方将灵药销毁。而岩笠便是被选为执行这道命令的人。
  不老不死の薬。その薬が目の前にあって手を出さない翁と帝。私には理解しがたい物であった。その疑問は岩笠も予想していた。兵士達が不老不死の薬の事を知っていたら、この勅命は遂行出来ないと思い誰にも伝えなかったのだという。   不老不死之药。在这样的灵药面前竟然选择放弃的老翁和天皇。我对于他们的行为实在是难以理解。对于这种困惑,岩笠显然已经事前想到。所以他没有告诉执行任务的士兵任何关于不老不死药的事情,如果他们知道了的话,恐怕没有人再会去执行这个命令了吧。
  もし兵士達が不老不死の薬が目の前にあるという事を知っていたら何が起こるだろうか。恐らくその薬を奪って飲むなんて愚かな事はしないだろう。今の貧しく苦しい生活が永遠に続くなんて以ての外だからだ。   如果这些士兵知道不老不死药就在眼前的话又会发生什么事情呢。恐怕他们一定会争着抢着将灵药搞到手喝下去吧。然后将自己从这永无出头之日的贫困之中解脱出来。
  不老不死を欲しがる者は裕福で生活に不自由しない者である。しかし心の貧乏人にとって不老不死の薬は、それをネタに莫大な富と地位を得る事が出来る金の () る薬なのだ。   一般来说渴望不老不死的人都是一些生活富裕的人。但是对于那些精神世界贫乏的人来说,不老不死之药是他们获得金钱,名利以及地位的绝佳灵药。
  兵士達は我こそがとその薬を奪い合い、最悪殺し合いを始めてしまうかも知れない。こっそり偽者にすり替えられたりするかも知れない。岩笠はそれを恐れて勅命の詳細は誰にも伝えなかったのだと言った。   如果士兵们知道自己运送的竟然是不老不死之药,也许会导致自相残杀的悲惨结局。又或者用—个赝品将灵药调包也说不定。岩笠为了防止这些事情的发生,所以才没有将详细的情况告诉任何人。
「その夜は異様な空気に包まれたよ。みんなで円陣を組み真ん中に壷を置いた。周りの人間が信用出来なかったのか、自然と誰か二人以上が順番に壷を見張るようになった」 “当天晚上大家都被包围在一片异样的气氛之中。大家都围成一个圆圈,中间放着装有不老不死之药的壶。因为每个人都不相信别人,所以也不能安排任何人守夜。”
  最初のうちは緊張で眠れなかったのだが、山を登った疲れから次第に口数も少なくなり、私は気を失うように眠っていた。   虽然最开始因为紧张谁也不敢入睡,但是不久之后因为登山带来的疲劳感袭来,我渐渐地失去了意识。
 
  『……なさい』 “请醒醒……”
  私は誰かの呼ぶ声で目が覚めた。声の主はあの咲耶姫だった。   我被一阵声音惊醒,当睁开跟的时候发现声音的主人竟然是咲耶姬。
  『……貴方とあの男が眠っている間にこの愚かな人間達は、壷を自分の物にしようと殺し合いを始めてしまいました』 “……在你和那个男人睡着的时候,其余的那些愚蠢的人类为了将灵药据为己有而开始自相残杀。”
  目が覚めた私は絶句した。辺り一面血の海だった。   当我环顾四周之后不由得惊讶地一句话也说不出来。周围已经变成了一片血的海洋。
「私は余りの出来事に冷静に物事を考えられなかったんだ。咲耶姫は兵士達が殺し合いをしたと言ったが、今思えば現場の状態はそんな生易しいものではなかった。中には躰が焼け爛れたりしていた者もいた。壮絶な戦争が起こったか、もしくは何か得体の知れない怪物の様なものに襲われた感じだった。そんな中、私と岩笠だけ寝続けたなんて有り得ないじゃないか」 “我因为眼前所发生的巨大变故而失去了冷静思考的能力。虽然咲耶姬说士兵们是自相残杀,但是现在回忆起来当时的情况一定没有她说的那么简单。在那些尸体之中还有被烧焦的残骸。简直就好像发生了一场大战,或者是被什么可怕的怪物袭击过后一般的感觉。而在这样惨烈的争斗之中,我和岩笠又怎么可能安睡而不被惊醒呢?”
「つまり貴方は咲耶姫が兵士達を殺した、と思うのですね?」 “也就是说你认为是咲耶姬杀了那些士兵,是这样吗?”
「そう。恐らく咲耶姫が私と岩笠を残して他の兵士達を殺したんだと思う。自分の山で不老不死の薬を捨てさせない為か、それとも誰かが飲んでしまわない様にか……。私と岩笠を残したのはこの後の咲耶姫が私達にやって欲しい事があったからではないか」 “是的。恐怕就是咲耶姬杀害了那些士兵,但是却留下我和岩笠两人,也许是为了让我们将不老不死之药从她的山上带走,又或者是打算让我们之中的某人将灵药喝下……总之留下我们两人,咲耶姬一定是有什么事情要我们去傲。”
 
  咲耶姫は岩笠にも声をかけ起こした。岩笠はショックの余り言葉を失い、もう勅命を遂行する事は不可能だと悟って咲耶姫の言葉を鵜呑みにしていた。   咲耶姬也将岩笠叫了起来。岩笠同样被眼前的景象惊呆了,一句语也说不出来。而且他也意识到已经无法继续执行天皇的命令,于是,只好按照咲耶姬的指示行事。
  咲耶姫は目の前が闇に包まれた私と岩笠に語り始めた。   咲耶姬对在她面前被包裹在黑暗之中的岩笠和我说道。
  『その薬は愚かな人間を狂わす物です。ほら、誰も口にしていないのに周りは不幸になってしまいました。この様な薬を供養する事は私も賛成なのですが……しかし私の手にも余る代物なのです。ですからどうかこの山で供養する事は控えて欲しい』 “这个药是能够令愚蠢的人类疯狂的东西。你看,明明都没有对任何人说,却将周围的人都卷入了不幸之中。虽说将这个药供奉起来我也十分赞成……但是这东西对于我来说实在是一个多余的东西。所以我希望你们至少不要将它供奉在这座山上。”
  岩笠は暫く考え込んでいたが、咲耶姫に勅命の内容を伝え始めた。   岩笠稍微考虑了一会儿之后,对咲耶姬将命令的内容说了出来。
「私は月に最も近い所で、この薬を燃やしてこいと言われた。ここより高い場所などあるものだろうか、この山より高い山などあるものだろうか」 “天皇命令我在距离月亮最近的地方,将这个药烧掉。还有什么地方比这里距离月亮更近吗?还有山比这座山更高吗?”
  『そうですか。ならば良い場所があります。この山より北西へ向かうと八ヶ岳と呼ばれる醜い山があります。そこに私の姉が住んでいます。姉は不死、不変を扱う神ですから、供養して貰うには丁度良いでしょう』 “原来如此。那么有一个更加合适的地方。在这座山的西北方有一座叫做八之岳的丑陋山峦。我的姐姐就住在那里。我的姐姐是掌管永生不死的神,所以这东西供奉在那里最合适不过了。”
「しかし、八ヶ岳では高さが足りないのではないか。この山に比べたら随分と低いのではないか」 “但是,八之岳山的高度不是不够吗?和这座山相比矮了很多啊。”
  『いいえ。実は昔は私の山より高かったのです』 “不,实际上那座山在以前是比我这座山还要高的。”
「ええ? そんな話は初耳だが……」 “哎?这种事情我还是第一次听说……”
  『その昔あの山とちょっと喧嘩しましてね……ま、そんな話は置いておいて、ともかく、山の格としては十分ですし、月までの距離はもしかしたらこの山よりも近いのかも知れません』 “以前在那座山上发生过一些争执……算了,这种事就不用提了,总之,从山的级别上来说是足够的,也许与月亮之间的距离比这里还要近呢。”
「そうか……。では早速下山し、八ヶ岳へ向かう計画を立てよう。うちの部下が迷惑をかけて済まなかった」 “是吗……那么我便立刻下山,重新制订向八之岳山前进的计划。我的部下给您添了麻烦,实在是非常抱歉。”
  岩笠が震える声でそう言うと咲耶姫は安心し、山の火口へ姿を消した。   岩笠声音颤抖着对咲耶姬说道,咲耶姬似乎也安心下来,身形在火山口处消失了。
「それからの下山は酷く暗いものだった。岩笠は重たい壷を担ぎ、私の方を見ようともせず先頭を歩いていた。何の会話も無かったね」 “接下米发生的事情非常的黑暗。岩笠背起沉重的壶,看也没看我一眼便向山下走去,甚至都没有一句对语。”
  重たい沈黙が続いた。変化の無い景色、達成感の無い登山。私は岩笠が背負っている壷と足下の岩場を交互に見ていた。それ位しか目に入ってこなかった。   令人窒息的沉默一直持续着。毫无变化的景色,没有任何达成感的登山。我望了望背着壶向山下走去的岩笠,又望了望自己脚下的岩石。在我的跟中只有这两者。
「小さな人間は魔が差すって事があるんだよね。ふと私は自分の目的を思い出したんだ。そもそも私はこの壷を奪う事が目的だった。そしてその壷は目の前にある。今なら——」 “渺小的人类很容易被邪念占据头脑。就在那个时候我一下子想到自己来到这里的目的。我原本是打算来抢夺这个壶的。而现在那个壶就在跟前。趁现在——”
  そう思ったが、岩笠には何の恨みもない。それどころか助けてくれたし感謝もしている。その男から壷を奪って逃げるなんて……。   可是虽然我是这样想,但是我对岩笠却没有任何的怨恨。而且我还对他帮助我的事心存感激。要我从他的手中抢走壶然后再逃跑……
  しかし、私は咲耶姫の言ったある言葉が頭に付いて離れなかった。   但是,咲耶姬说的那句话却浮现在我的脑海里,一直挥之不去。
  その言葉は現実を非現実へと変える。   那句话将现实变成了非现实。
  何か耳の辺りが綿のような物で覆われるような、何か小さい穴の空いた布を被って遠くを覗いているような不思議な感覚。   我的耳边就好像被什么柔软的东西包裹住了一样,视线也仿佛被笼罩在一层朦胧之中。
  後先考えずに動いても永遠の時間でどうにかなりそうな魔法の言葉。   一种让人无法抗拒的咒语。
  ——不老不死。   ——不老不死。
「気が付いた時には、急な下り坂で岩笠の背中を思いっきり蹴飛ばしてたよ。そして壷を奪って逃げた」 “当我再次回过神来的时候,已经向正往山下走去的岩笠背后狠狠地踹去,然后一把抢过那个壶逃掉了。”
 
  ——夜の竹林は何か出てきそうなおどろおどろしさがあった。   ——夜晚的竹林之中充满了一种随时都会冲出什么东西来的可怕感觉。
  でも人食い狼が出ようと、怨霊が出ようと私には怖さは感じられない。   但是不论是冲出饥饿的野狼也好,还是出现恐怖的怨灵也罢,对于我来说都没有丝毫威胁。
  私は死ぬ事を恐れなくなった。   因为我对于死没有任何的恐惧。
  私は飢える心配も必要無くなった。   我也不必担心饥饿。
  その私が、今、何かに怯え足早に永遠亭に向かっている。   可就是这样的我,现在却因为紧张而加快脚步飞速地向着永远亭赶去。
  そうだ、不老不死の私が退屈しないで生きていられるのは、宿敵 (あいつ) がいるからじゃないか!   是的。身为不老不死的我之所以不会感到无聊和寂寞,就是因为我有一个和自己同样的宿敌存在。
  不老不死の恐怖は永遠の孤独。罪の意識にさいなまれる永い現実。   不老不死的恐怖是永远的孤独,以及永远背负着负罪感的折磨。
  それを共感出来るのは、同じ境遇 (不死) である宿敵だけだ。   而和我拥有同感的人,只有与我有相同境遇 (不死) 的那个宿敌。
  私が不安に思っている事、それは『宿敵が永遠に居なくなってしまう』事だ。   令我感到不安的事情,就是“宿敌不能够永远存在”。
  その宿敵は千三百年前に月に帰ると言っていた事を思い出した。だから、吸血鬼が月に行くって話を聞いた時から嫌な胸騒ぎがしていたのだ。   我忽然想到自己的宿敌在一千三百年前回到了月亮上面。所以当我听到吸血鬼说要到月亮上面去的时候,内心里才会感到那样的不安。
  そして今日。その吸血鬼達のロケットがついに発射した。   而就在今天,吸血鬼的火箭终于发射了。
  地上の生き物が月に行く、いや月の民が月に帰る手段がまた一つ増えたのだ。   地上的生物登上月亮。不,应该说月之民回归月亮的手段又增加了—个。
  永遠亭の明かりが見えてきた。その明かりを確認すると、少しだけ安心した。   永远亭的灯光依稀可见了起来。当我看到那里的灯光之后,心才稍稍的放了下来。
 
「——不死になってから三百年位死ぬほど後悔したよ。まあ死ねないんだけどね。何であんな事をしてしまったんだろうと」 “——成为不死身之后,我后悔了三百年,恨不得自己马上去死。当然是死不了的,不过我一直在抱怨自己为什么要做那样的事。”
「辛い記憶を呼び戻させてしまった様ですね。私が咲耶姫の名前を出したが為に」 “看起来我似乎勾起了你非常痛苦的回忆。都是因为我提到了咲耶姬这个名字。”
「いや気にする事ではないよ。もう大昔の話だ。ところで何でこんな話に……」 “不,请不要在意。已经是很久很久以前的事了。不过话说回来为什么会提到这个……”
「妖怪の山の話から、咲耶姫の話になったのです」 “因为你问我妖怪之山的事情,所以会提到咲耶姬。”
「妖怪の山の話……? ああそうだったね。確か……えぇっとー」 “妖怪之山的事……?啊啊,对了对了。确实……哎?”
「妖怪の山は石長姫の山なのです。石長姫は咲耶姫の姉ですのでつまり」 “妖怪之山是石长姬的山。石长姬是咲耶姬的姐姐。”
「咲耶姫の姉……? 何処かで聞いたようなって、そうかなるほど」 “咲耶姬的姐姐……?好像在什么地方听过,原来如此。”
  私が奪った不老不死の薬は、本来は岩笠の手によって妖怪の山で供養される予定だったという訳か。   我从岩笠手中夺取的不老不死之药,本来是应该由他供奉在妖怪山上的吗?
「という事は、妖怪の山は八ヶ岳なのか?」 “这么说来,妖怪之山就是八之岳山了。”
「単純に八ヶ岳、という訳でも無いのです。八ヶ岳は大昔、富士山と同じくらい高い山でした。あるとき、八ヶ岳と富士山はどちらが高いのか喧嘩になったのです。そして (とい) を二つの山頂に掛け、水を流して高さを測ろうという話になりました。水は低い方に流れるので、どちらが高いか一目瞭然という訳です。長い樋を掛けて実際に水を流してみました。そうしたら富士山の方に向かって水が流れ始めたのです。つまり富士山より八ヶ岳の方が高かったという事です」 “并不是单纯的八之岳山。八之岳山在很久以前是和富士山高度相当的山峰。有一天,关于八之岳和富士山究竟谁高引发了一场争执。于是在两个山的最高峰架起了一个水管,通过水流的方向来判断山峰的高度。因为水会流向低处,所以谁高谁低一目了然。当水管架好水流实际流动的时候发现,水流是向着富士山方向流动的。也就是说和富士山比起来,八之岳更高一些”
「八ヶ岳ってそんなに高い山だったかなぁ」 “八之岳竟然是那么高的山吗?”
「富士山に住んでいた咲耶姫は、最も美しい私より高いなんて許せないと、八ヶ岳を砕いて低い山にしてしまったのです」 “但是居住在富士山之上的咲耶姬却认为绝对不能允许有其他的山峰比最美丽的自己所居住的山峰更高,于是将八之岳的最高峰击碎使其变低。”
「……豪快だねぇ」 “……真是豪爽的性格啊。”
「しかし姉の石長姫は咲耶姫の性格に嫌気が差し、八ヶ岳へ移住してしまいました。石長姫は不変を司る神様ですので、今の富士山には不尽の力はありません。富士山が噴火活動を止めてしまったのにはこういう理由があるのです。そして幻想郷の霊山、妖怪の山は咲耶姫に破壊される前の八ヶ岳本来の姿、だと思われます」 “但他的姐姐石长姬却对耶姬的性格有些不满,于是便移居到八之岳山上去了。因为石长姬是掌管永生不变的神,所以自从她离去之后富士山也就失去了无尽之力。富士山之所以不再喷发这也是原因之一。而幻想乡之中的灵山妖怪之山,就是被咲耶姬破坏之前的八之岳山本来的样子。我是这么认为的。”
「そうなのか……私があの煙に見覚えがあったのは、あの煙は元々富士の山の煙だったという訳ね。いつの間にかそんな山の近くで暮らしていたとは、これも因果応報……か」 “原来是这样吗……难怪我好像看到过那种浓烟,原来就是富士山曾经发出过的烟雾。竟然在不知不觉中又生活在距离这个山如此之近的地方,难道说这就是因果循环吗……”
  慧音はこれが私の知っている妖怪の山に纏わる歴史です、と言って話を終えた。   慧音说这就是自己所知道的所有关于妖怪之山的历史,然后便结束了讲话。
 
  ——永遠亭に辿り着いた。   ——终于抵达永远亭。
  勿論、私は表から堂々と入る事は出来なかったが、窓から様子を見てやろうと考えていた。   当然,我无法堂堂正正地从正门走进去,于是打算从窗户这边悄悄地观察一下情况。
  月の都に幻想郷の妖怪が向かおうとしている。   幻想乡的妖怪们正打算向月之都进发。
  あんなロケットで無事に辿り着けるのだろうか?   可是用那种火箭真的能够平安抵达吗?
  月の都に行ったってどうせコテンパンにされて逃げ帰ってくるだけじゃないのか?   八成会非常狼狈地以失败告终吧。
  先日のロケット完成パーティではそんな事を考えていた。   事实上自从前几天的火箭完成晚会上我便一直在这样想着。
  しかしその時は肝心な事を忘れていた。   但是那个时候我忘记了一件非常重要的事情。
  唯一の宿敵である輝夜は月の民であると言っていた。そして私が不老不死になってしまうきっかけは、輝夜が月に帰ると言って不老不死の薬を残したからである。   我唯一的宿敌辉夜就是月之民。而且使我成为不老不死之身的一切事件的起因,就是因为她在回到月亮上面之时所留下的不老不死之药。
  つまり私が心配すべき事は、月に行く手段があるという事は輝夜が月に戻ってしまうのではないか、だけであった。   也就是说我所应该关心的事情是,前往月亮的方法不就是辉夜返回月亮的方法吗?只有这一点而已。
 
  永遠亭の窓は他の幻想郷の建物とは異なり丸い窓をしていた。満月を表しているのだろうか。それとも月の都の建物はみんなこんな形をしているのだろうか。   永远亭的窗户和幻想乡其他建筑物的窗户不同,是圆形的。难道是代表满月的意思吗?还是说月之都的建筑都是这个造型的呢?
  永遠亭の窓から話し声が洩れてくる。どうやらみんなが集合しているようだった。   从永远亭的窗户里面传来说话的声音。听起来似乎大家都在里面的样子。
  空には吸血鬼のロケットと思われる光の筋が見えている。   天空中能够看到一道应该是吸血鬼的火箭所发出来的光线。
  見つからないように細心の注意を払いながら、出来るだけ近づき聞き耳を立てた。   我尽量一边蹑手蹑脚地不被里面的人察觉一边慢慢地靠近到能够听到里面声音的位置。
「……月の侵略者は、あの吸血鬼だったのね……」 “……月之侵略者,就是那个吸血鬼吧……”
  部屋の中から話し声が聞こえてくる。どうやら窓から外を見ているらしい。私は慌てて窓の下に身を小さくして隠れた。   靠近之后终于能够听清楚里面说话的内容。似乎里面的人正透过窗户向外面望去。我急忙蹲了下去将身体隐藏在窗户下面。
「……あんな付け焼刃のロケットで月なんて行って大丈夫かしら?」 “……那种临阵磨枪的火箭,真的能够飞到月亮上去吗?”
  輝夜の声が聞こえてきた。吸血鬼のロケットの話をしていた。やはり月の民だからロケットが気になるのだろうか。安全なロケットが開発されれば、月の都に帰ろうとか考えているのだろうか。   辉夜的声音传来。似乎是在说吸血鬼的火箭。果然作为月之民对于火箭更加在意吗?如果能够制作出安全的火箭的话,那么便可以考虑返回月之都了。
  話の内容からすると、吸血鬼のロケットは永遠亭の者が考えた代物では無く、吸血鬼に誰かが入れ知恵して完成した物らしい。   从她们谈话的内容来看,吸血鬼的火箭似乎不是永远亭的那些家伙所设计出来的,而是吸血鬼通过别人的知识完成的。
  その目的は月面侵略——の噛ませ犬といったところか。つまり吸血鬼達は誰かに踊らされているに過ぎないのだろう。   目的是让她们当月面侵略——的炮灰吗。也就是说吸血鬼们不过是被某个人操纵了而已。
「……月に辿り着いたら後悔するでしょうね。あの吸血鬼達」 “……登上月亮以后一定会后悔的吧,那些吸血鬼们。”
「……ま、何の対策を取らなくても最初から戦力差は絶対だったと思うけどね。依姫とあの吸血鬼&三馬鹿トリオじゃ」 “……就算不采取任何的对策,从一开始战斗力的差距也是绝对的。依姬和吸血鬼还有那呆瓜三人组的话。”
  三馬鹿トリオ? あの巫女と魔法使いとメイドの顔を思い出して吹き出しそうになった。確かに脳天気そうだ。   呆瓜三人组?我的脑海里马上浮现出那个巫女还有魔法师以及女仆的样子。确实是一群靠不住的家伙。
「……さあさあ、大きなロケット花火も見えなくなった事だし、月の話はもうおしまい」 “……好了好了,既然没看到火箭烟花,月亮的事就告一段落吧。”
「……そうね。私達はもう永遠に地上の民なんだから」 “……是啊,反正我们已经永远都是地上的住民了。”
  石長姫が不尽の煙を吐いているという妖怪の山。   因为石长姬而发出无尽之烟的妖怪之山。
  私が咲耶姫の指示通りあの山に不死の薬を供養していたら、いったいどうなっていたのだろう?   如果我按照咲耶姬的指示将不死之药供奉在那座山上的话,事情又会变成怎样呢?
  罪業の深さに悩まされる事もなく、短い一生を終えたのだろうか。   会没有任何罪孽感的度过短暂却了无牵挂的一生吗?
  輝夜に対する恨みを抱えたまま、暗い一生を終えたのだろうか。   还是会怀着对辉夜的无限仇恨,度过阴暗的一生昵?
  ただ間違いなく言える事は、あれから千三百年以上経った今の時代を私が見る事は無かったという事。   不过不管怎样有一件事是绝对不会发生的,那就是我看不到一千三百年后的现在所发生的事情。
  そして、同じく不死の人間が孤独な思いをしていたであろうという事。   以及,同为不死之身的人所感受到的孤独。
  私は輝夜が月に帰るのではないかという心配をする事を止めた。帰りたいのだとしても私が何か言えた義理でもないし、何となく、輝夜はもう月の都に帰る事は無い様な気がしたからだ。   当得知辉夜不会回到月亮上面之后,我的心稍微放松下来。不过即便她准备回去我也没有什么话好说。不过不管怎样,似乎辉夜已经没有回到月亮上面去的打算了。
  それに、この幻想郷には他にも不死の仲間が居る事を思い出した。   而且,在这个幻想乡之中,还有其它拥有不死身的同伴存在。
  ——妖怪の山   ——妖怪之山。
  私はいつか妖怪の山に登ろうと思う。今は天狗や河童等の山の妖怪が占拠し、簡単には登れなくなってしまったが、あそこには不死を司る神様が居る。   我总有一天要登上妖怪之山的山顶。虽然现在那里被天狗和河童占据着没有办法轻易上去,但是那里却居住着掌管不死的神。
  そこに登り、私が不死に至った経緯を彼女に打ち明け、千三百年も登頂が遅れてしまった事、また岩笠の事を詫びようと思う。   只要等够登上那里,将我是如何成为不死身的情况向她说明,同时向她解释为什么迟到了一千三百年,也许还能够为岩笠的事道一下歉吧。
  私は何か清々い気分で永遠亭を後にした。   我带着一种莫名的轻松心情从永远亭离去了。

注解[编辑]

  1. 这里使用“見出す”才是正确的语法。
  2. 这里是一个语法错误,正确的动词应该是“下る”。
< 第三话   月之逃亡者的笼子   第五话 >