• 欢迎光临中文版东方维基
  • 您目前还未登录,请点此登录后进行编辑。
    如果您还没有在东方维基注册,请点此注册
  • 如果您想要注册账号,请联络KyoriAsh或前往Discord频道以取得新账号

东方香霖堂/第19话

来自东方维基
跳到导航 跳到搜索
第142-149页
< 第18话   东方香霖堂   第20话 >
064.jpg
065.jpg
066.jpg
067.jpg
『東方』製作者・ZUN氏自らがストーリーを執筆し、唖采弦二氏による幻想的な挿絵で贈る第19話。大量発生した蝉の鳴き声のなか、霖之助が語った蝉にまつわる神秘とは…!?
奇跡の蝉 奇迹之蝉
  朝夕の風に涼しさが混じる。冥界から来たご先祖様のお盆観光ツアーも、一頻り顕界を堪能すると満足げに戻って行った。これから昼の暑さも段々と落ち着いていく事だろう。   朝夕之风里混有着凉意。从冥界而来进行盆景观光游历的先祖们,也体验了一番现世后满意地回去了。自此往后,午间的热度便该会慢慢降下去了吧。
「何か最近、蝉が五月蠅くないか? こんなに奇妙な鳴き声の蝉も知らないし」 “你不觉得最近,蝉的叫声很吵吗?我可不认识叫声这么奇怪的蝉呢”
  隣で本を読んでいた魔理沙は、一言そう言うと乱暴に本を閉じ、帽子の鐔で耳を押さえた。確かに、蝉が異常に五月蠅く、しかも余り聞いた事の無い鳴き声だった。だが、僕は苛つく事もなく、彼女に聞こえるように少し大きめの声で言った。   在旁边读着书的魔理沙,在说完这句话后粗暴地将书合上,并用帽沿把耳朵堵住了。的确,蝉异常地吵闹,而且鸣叫声是没怎么听过的。然而,我并不烦躁地,为了她能够听见而大声说到。
「ああ、今年は奇跡の蝉の年なんだよ」 “哦哦,因为今年是奇迹之蝉的年头啊”
「へえ、それはどういう意味だ?」 “是吗,那是什么概念呢?”
  僕はこの蝉の鳴き声を知っている。このけたたましさを11年前にも味わった事がある。   我认识这个蝉的叫声,这种令人惊奇的感觉我在11年前也体验过。
  11年前の夏、いつもの様に不良在庫の整理をしていると、森の方から低いうねり声のような音が聞こえてきたのだ。   11年前的夏天,像往常一样地整理囤积的商品时,从森林那边传来了低吟似的声音。
  11年前は、魔法の森の入り口に香霖堂を構えてからまだ数年目と間も無い頃で、その時の僕は魔法の森に関して詳しくなかったし、その奇妙な音が珍しい蝉の鳴き声だと言うことは判らなかったのである。   11年前,自我开始在魔法森林的入口处开办香霖堂还没过几年,那时的我既对魔法森林不怎么熟悉,也没有发觉那奇妙的声音就是蝉的鸣叫声。
  その11年前の音の正体が判ったのは、僅か二日前だった。   我搞明白11年前的那个叫声的,还仅仅是在两天之前。
 
  ――二日前。僕はけたたましい蝉の鳴き声で目が覚めた。蝉とは不思議な生き物で、ある日突然鳴き始め、そしてあっという間に居なくなる。それに地中に何年も潜伏して、思い出したかのように地上に出てくるのだ。そういう性質もあって、僕は蝉には寛大なつもりでいた。   ——两天前。我惊醒于那令人惊奇的蝉鸣声。蝉是一种奇妙的生物,会自某日起突然开始鸣叫,然后又在一瞬间消逝掉。而且还是在地下潜伏多年后,忽然想起来般的来到地面上。因为有这种性质,所以我对蝉还是很宽容的。
  だが、今年の蝉は異常だった。普段聞き慣れない低い鳴き声も普通の蝉とは異なるし、それに明らかに数が多いのだ。   然而今年的蝉很是异常。不光听不惯的低吟的叫声与往常的不同,数量也明显增加了。
  余りの五月蠅さに、仕方が無く暑い中窓を締め切っていた。このままでは窓を閉め切っているので暑いし、商品の保存状態にも悪影響だ。それに夜も満足に眠る事が出来ないし、客も寄りつかない。   由于实在太吵,只好把窗户都关上了,这样下去的话不仅因为关上了窗而很热,而且不宜于商品的保存。就连晚上也睡不好觉,并且客人也不会来。
  僕は暫く蝉の駆除の方法を考えていたが、締め切った店の暑さに耐えきれず、久々に店を出て里へ出掛ける事にした。勿論、その間も蝉の駆除の方法ばかり考えていた。   我本来是在想着驱除蝉的方法,但实在受不了封闭的店内的热度,所以决定久违地出去走走。当然,其间我也一直在思考蝉的驱除方法。
  店から遠ざかると次第に鳴き声が小さくなっていく事が判った。どうやら魔法の森にしか棲んでいない蝉の様である。僕は少し安心した。最悪、店に居られないくらい五月蠅くても、昔お世話になった人間の家にご厄介になると言う事も出来るからだ。蝉の寿命は短く、数日で静かになるだろう。   我发觉愈远离店铺蝉的鸣叫声就愈小。看来那种蝉只栖息于魔法森林呀。我稍稍安心了下。最坏的情况,如果吵到不能继续待在店内的话,还可以去从前受过关照的人家打搅几天。蝉的寿命又短,没多久就会安静下来的。
  そんな事を考えながら霧雨家を訪れた。霧雨の親父さんとは最後に会ってから、もう十年以上も経とうとしてたのと、お客以外の里の人間に会うのが苦手な事もあって、酷く緊張していた。既に年老いているであろう親父さんは、僕を認識出来るだろうか……。里の人間は歳を重ねると成長し、老けていく。その当たり前の変化が少ない僕は、どうしたって里に長く居る事が出来ない。里の人間に不快感や恐怖を与えてしまうのだ。   边想着这样的事边拜访了雾雨家。由于自最后与雾雨的主人见面已经过了十多年之久,而且苦手于和作为客人之外的村子里的人见面,所以十分紧张。估计已经年迈了的主人家,是否还会认出我呢……村子里的人随着年龄的增加而成长并年老,少有这种理所当然的变化的我,怎样都不能久留于村子里。因为会给村里的人们带来不愉快以及恐怖感。
  だが、そんな緊張も軽い世間話ですぐに消え失せた。僕は霧雨の親父さんんと霧雨家の商売の話や、今の香霖堂の商品、外の世界の道具について等、そんな話をして緊張も解け、いよいよ話題は本題である五月蠅い蝉の事に移ろうとしているその時だった。   不过,这种紧张感也随着轻松的世俗话而消失了。我跟雾雨的主人家聊些雾雨家的买卖,现在香霖堂的商品,外面世界的道具等等。就在紧张感随着这些话而化解,话题终于向着作为主题的吵闹的蝉之事转移的时候。
 
「――霧雨家で森の方から聞こえていた音が、11年前に聞いた低いうねり声の様な音と同じ音だと言う事に気付いたんだ」 “——我察觉到了,在雾雨家听到的从森林那边传来的声音,和11年前听到的低吟似的声音是一样的”
「随分と気付くのに時間が掛かったんだな」 “为了察觉到还真是花了不少时间啊”
「里に着いた時から何となく記憶の奥底に引っ掛かる物があったんだが、何せ11年前は蝉の鳴き声だとは思わなかったからね。言い訳をすると高い音は遠く離れれば離れる程かき消され、低い籠もった様な音だけが聞こえるもんだ。今年は店のすぐ近くまで蝉が押し寄せているようだが、11年前は遠くで鳴いている音しか聞こえなかったんだ。今とは印象も大分違ったんだよ。だから店を離れて初めて気付いたのさ」 “自到达村落起就感觉记忆深处好像有什么东西,毕竟11年前没有想过那会是蝉鸣声。作以解释的话,高亮的声音离的愈远就愈被抹消,最后就只能听见低吟似的声音了。看来今年的蝉距店铺离得很近,不过11年前就只是听到远处的鸣叫声而已。所以离开店铺后我才得以察觉”
  暑くなってきたので、窓を開けて換気をすることにした。少し開けた途端、蝉の鳴き声の洪水が店内に押し寄せてきたので、指一本分くらい開けた所で手を止めた。   稍稍变热了,于是决定把窗户打开透透气。但刚打开一点,蝉鸣声就如同洪水般地涌了进来,于是就只打开了一个手指的宽度。
「何にしても11年前の不思議な音も、蝉の鳴き声だと言う事が判った。僕は親父さんにこの蝉について何か知っていないか質問してみたんだ。あ、そうそう親父さんは元気だったよ?」 “总之是知道了11年前的奇妙的声音也是蝉鸣声。我便向主人家询问是否知道有关于这种蝉的事。啊,对了对了,你父亲很健康哦?”
「蝉が五月蠅すぎて良く聞き取れないぜ」 “蝉吵得我听不清你说什么”
「結局、親父さんも今聞こえている音が蝉の鳴き声だと言う事は知らなかった。勿論、この蝉の正体も判らないと言う。となると、ますます僕は蝉の正体が気になってね。霧雨家を後にして里のとある人間の家を訪ねたんだ」 “结果,主人家也不知道现在听到的声音是蝉鸣声,当然,也就不清楚这种蝉的事。这样的话,我就愈来愈想知道蝉的真面目了。于是我离开雾雨家而拜访了村落里的另外一户人家”
  その人間とは、里の人間で最も多くの資料を持ち、知識も深い稗田家である。千年以上続く由緒正しき人間の家系だ。稗田家が持つ膨大な蔵書には、幻想郷のあらゆる事柄が収められている。その他にも外の世界の資料も少なくない。   我所拜访的,是在村落里拥有最多资料的,知识也最为丰富的稗田家。是持续了千年以上的由来正统的人类的家系。稗田家拥有的庞大的藏书,收录着幻想乡所有的事件。除此之外外面世界的资料也有不少。
  稗田家には『御阿礼の子』と呼ばれる子供が百年から百数十年単位で生まれる事がある。この御阿礼の子は、膨大な資料を全て暗記できる程の知能を持つと言われ、今現在、九代目が家に居るそうである。   在稗田家,被称作“御阿礼之子”的孩子会以一百年至一百几十年为间隔出生于世。这个御阿礼之子,据说拥有把庞大的资料全部暗记下来的能力,现今,第九代貌似就在家中。
  稗田家の資料は人間向けに書かれた一部を除いて門外不出であったが、最近はその規制も緩くなり正当な理由があれば一般にも公開するようになった。有難い事に人間以外にも公開しているのである。   稗田家的资料除了面向人类而写的一部分外,本来是不予公开的,不过最近这个制度有所缓解从而变得只要拥有正当理由,也会公开给一般大众。值得感谢的是也公开给人类以外的种族。
「ふーん。そんな人間が居るってのは霊夢に聞いた事が有ったが……そんな面白そうな資料を抱え込んでいたとは驚きだな」 “嗯——曾经听灵梦说过有这种人……但没想到竟然拥有这么有趣的资料呀”
  ちょっとだけ開いた窓は風を取り込む機能を果たしていなく、部屋は暑いままだった。帽子なんて被っていたらいっそう暑いに決まっている。魔理沙は、今度はそこに遊びに行こうか、と言って帽子を取って団扇の様に扇ぎ始めた。   稍稍打开的窗户并没有发挥其透风的机能,屋子里仍旧很热。戴着帽子的话无疑会更热的。魔理沙说着,下次去那里玩玩吧,同时便把帽子摘下来开始扇风了。
  魔理沙の言う遊びとは言うまでもなく盗みの事だろう。牽制のつもりで「稗田家の主人と霧雨の親父さんは仲が良いよ」と言うと魔理沙は悔しそうな表情を浮かべて「さっさと蝉の話に戻せ」と言った。   魔理沙所谓的玩玩不用说一定是指去偷东西。我牵制性的说了句”稗田家的主人与雾雨家的主人是交好”,于是魔理沙露出气馁的表情说到”快说回蝉的事吧”
「そう、確かに稗田家の資料は膨大だった。余りの資料の多さにどこから探して良いのか判らなかったんだけど、九代目御阿礼の子は『全ての資料を暗記している。紙に書いてあるのは他の人に伝える為だ』って言ったんだよ。半信半疑で『この五月蠅い蝉の事の記述はないか』と訊ねたら、すぐに教えてくれた。御阿礼の子の記憶力は半端な物ではないね」 “嗯,的确稗田家的资料是庞大的。本来因为资料太过多了而不知从哪里开始查好,但第九代的御阿礼之子却说‘所有的资料都有暗记下来。纸上写的是传达给他人用的’。于是我半信半疑地询问到‘有没有关于这吵人的蝉的记述’,却立即得到了答复。御阿礼之子的记忆力之强果然不是空穴来风的”
「ふーん。ま、この五月蠅い蝉の事が判ったんなら、駆除の方法も判ったんだろう? さっさと何とかしてくれよ。魔法の森の何処に行っても五月蠅くてかなわん。難聴になるぜ」 “是——吗。总之,这吵人的蝉的事了解了的话,驱除方法也该清楚了吧?快点治一治吧。无论去到魔法森林的哪里都吵得受不了。都快得幻听了”
「だったら耳栓でもすればいい。この時は、既に僕の中で興味が変化していたんだ。駆除の方法よりも、この蝉は何故11年ぶりに大量発生したのか、を知りたくなっていたんだよ」 “那堵个耳塞不就行了。在那时,我抱有的兴趣已经转移了。比起驱除的方法,我更加想知道这种蝉为什么会时隔11年而大量产生”
 
  蝉は狂ったように鳴き続けていた。次第に耳は慣れ、そこまで鬱陶しくなくなって来たが、いつもより大きめな声で話していた為かのどが渇く。僕は二人分お茶を淹れた。   蝉就像发了狂一样地继续鸣叫着。听久了耳朵倒也习惯了,也不觉得有多恼人了,但也许因为需要比往常更大声地说话所以很口渴。于是我倒了两人份的茶水。
  そもそも、蝉の生態は謎に包まれている。蝉は7年程土の中で成長し、ある日突然地上に現れると7日間だけ忙しなく鳴いて、さらに別の生を受ける為に体を捨てる。蝉とは罪人が地獄で罪の清算が終わった後、その魂が転生されるまでの苟且の姿であると言われている。   话说回来,蝉的生态满是谜团。蝉在地底成长大概七年,某日突然出现在地面上并不厌其烦地鸣叫七日,而且为了重生而丢弃身体。传说蝉是罪人在地狱清算完自己的罪过后,在其灵魂转生之前的暂时的形态。
  さらに、資料によると外の世界にはもっと特殊な蝉が居るらしい。それは、13年蝉と17年蝉と呼ばれる蝉である。名前の通り、13年に一度だけ土の下から出てくる蝉と、同様に17年に一度だけ出てくる蝉だそうだ。   并且,据资料说外面的世界貌似还有更加特殊的蝉。被称为13年蝉17年蝉什么的。正如其名,据说是13年出土一次的蝉和17年出土一次的蝉。
  幻想郷に現れた蝉は、11年に一度だけ大量発生する不思議な蝉で、一部の人の間では『奇跡の蝉』とも呼ばれるそうである。何故奇跡の蝉と呼ばれるかというと、11年と言う長い年月を土の中で暮らすと言う不思議さもその要因の一つだが、なんと言ってもこの蝉が発生する年は決まって豊作になるかららしい。資料はそこで終わっていた。   在幻想乡出现的蝉是每11年才大量产生的不可思议的蝉,在部分人当中还被称做“奇迹之蝉”。要说为什么被称做奇迹之蝉的话,一方面是其不可思议地要在土里生存11之久的岁月,但更为重要的是因为貌似每次这种蝉出现的年头都是作物丰收之年。资料在这里就截止了。
「ふーん。で、何で11年なんだ? 外の世界の13年も17年も、そもそも何で普通の蝉だって7年も眠っているのか不思議だが」 “嗯——但为什么是11年呢?外面的世界的13年和17年也是,况且就算普通的蝉要沉睡7年也是很奇妙的呢”
  稗田家の資料には、魔理沙が抱くような当然の疑問に対する答えはなく、ただ客観的な事実だけが書かれていた。それは資料としては正しいが、読む側としては何か物足りない。   在稗田家,对于像魔理沙抱有的很自然的疑问并没有解答,只是客观地记述着事实而已。这虽然作为资料而言是正确的,但阅读的一方总会觉得少了点什么。
  当然僕も、魔理沙と同じ疑問を抱いた。しかし、僕と魔理沙が徹底的に違うところは、僕の場合は自分で考えるしかないが、魔理沙の場合は周りに答えを知っている人物が居ると言う事だ。答えを知っている人物とは、勿論僕の事である。   当然,我也抱有着和魔理沙一样的疑问。但我跟魔理沙根本性的不同在于,我的话只能自己去思考,而魔理沙的话周围有知道答案的人。所谓知道答案的人,当然是指我。
「少しは自分で考えようとしないのかね、君は」 “你就不能稍微试着自己去想一想吗”
 
  魔理沙にとっては、僕に説教される事なんて何とも思って居ないようだった。帽子で扇ぎながら僕の話の続きを待っている。蝉の鳴き声は苛つきを助長させるのか、僕も少し苛つき易くなっているのかもしれない。   对于魔理沙而言,被我说教好像是无所谓的事。在用帽子扇着风等待着我的解答。也许是蝉的声音助长了烦乱得情绪,貌似我也变得容易烦乱了。
「まあいい、今回は少し複雑な話だしね。まず、11年周期の蝉が幻想郷で最初に確認出来たのは、今から百年前程前だと言われている。つまり、百年前頃に外の世界で絶滅して幻想郷にやってきた可能性があると言う事だ」 “算了,因为这次的话题是有些复杂呢。首先,以11年为周期的蝉最初在幻想乡得到确认据说是百年前的事。也就是说,有着在百年前于外面的世界灭绝而来到幻想乡的可能性”
「元々は、外の世界に11年周期の蝉が居たって言うのか?」 “是说原本在外面的世界也有着11年为周期的蝉吗?”
「そう考えれば、外の世界には7年だけじゃなく、13年周期の蝉も17年周期の蝉も居るって言うんだから、至極自然だね」 “这样想的话,外面不光有7年蝉,还有着13年以及17年蝉就是很自然的了”
「うーん。余り自然とは思えないな。7年と13年と17年が居るんだったら、残りがあるとすれば10年と15年だろう? 11年なんて中途半端だしな」 “哎——倒不觉得有多自然。有7年和13年还有17年的话,剩下的应该是10年和15年吧,11年感觉很牵强呢”
  なるほど、魔理沙は数字同士の中間を埋める事で自然になると考えているようだ。7と13の中間は10、13と17の中間は15だ。恐らく、論理的な物は何もなく直感のみであろう。誰しも、間が等間隔になると言うのは気持ちの良い物である。ここから判る魔理沙の性格は、部屋の中が本以外は滅茶苦茶に散らかっていようと、本は系統別に纏め、巻数も順番通りに並べるタイプである言う事だ。僕は、その通りだなと思い、少しおかしかった。   原来如此,魔理沙是想通过填补数字的间隔来达到自然的效果呀。7和13的中间是10,13和17的中间是15。恐怕是没有任何理论性的根据而只凭直觉的吧。无论是谁,间距变成等间隔的话都会觉得舒服吧。由此可以知道魔理沙的性格是,就算屋子里书以外的东西都堆得乱七八糟,但书都会分类捆好,卷数也按顺序摆放的那一类。我想着的确如此呢,并感到有点好笑。
  しかし、勘の鋭い霊夢だったら、この場は何と答えていただろうか。   不过,第六感敏锐的灵梦的话,如果在此会怎样回答呢。
「いや、11年で良いんだ。むしろ外の世界の蝉に、11年だけが欠けている事に気付かないといけない」 “不不,11年就好。倒不如说应该觉察到外面的世界只欠缺着11年才行啊”
「7年、11年、13年、17年……何だか気持ち悪い数字の並びだな」 “7年、11年、13年、17年……感觉是个令人恶心的数字排列呀”
「判るかい? これらの数字は、1と自分以外で割り切る事が出来ない数字、素数だと言う事に」 “发现了吗?这些数字除了1和自身以外不再有别的约数了,都是素数”
 
  7にしろ、13にしろ、17にしろ、素数である。7以上で同様に素数は、11、13、17、19、23……と続いていく。   7也好,13也好,17也好,都是素数。7以上的素数,以11、13、17、19、23……继续下去。
  僕は、外の世界の蝉に7、13、17とあって、何故か11だけが欠けている事に気付いたのだ。そして、幻想郷には11年周期で発生する蝉が居る……。   也就是说,我发觉了外面世界的蝉有7、13、17年的,却只欠有11年的。然后,幻想乡里面有以11为周期的蝉……
「だから、僕は11年の蝉は元々外の世界の蝉で、何らかの理由で地上では絶滅したと予想した」 “所以,我便猜测11年之蝉原本是外面世界的蝉,却因什么缘由而灭绝了”
「うーん。ま、また説教されるかも知れないけど、一応訊いておくぜ。何で蝉は素数の年数だけ土の中で眠るんだ?」 “唔——可、可能又要被说教,不过还是问下好了。为什么蝉在土中只沉睡素数年呢?”
「それは当然の疑問だね。だが残念だが、この疑問に関しての明確な答えは無い」 “这是正常的疑问呀。不过可惜,对于这个疑问没有什么明确的答案”
「えー……って疑問のまま香霖が納得する訳が無いだろう?」 “哎—……但仍然是疑问的话香霖不可能会认可的吧?”
「その通りだ。よく分かっているな」 “正是如此。你还蛮明白的嘛”
「ほれ、解説を続けても良いぜ」 “好了。你可以继续解说了”
  何か上手く利用されている気がするが、まあいい。   虽说感觉被聪明地利用了似的,不过罢了。
「……素数、つまり割り切れない周期でしか発生しないと言う事は、それぞれの蝉が同時に大量発生する機会が非常に少ないと言う事だ。13年の蝉と、17年の蝉が同時に大量発生する周期は……221年に一度だけしかない。そうする事で、同時に大量発生してお互いが不利益になる年を極力減らしているのだろう。魔理沙が言っていた様な10年や15年では、30年に一度は当たってしまう」 “……素数,也就是只以不会被除的数为周期产生,就意味着各种蝉同时大量产生的机会很少。13年蝉和17年蝉同时大量产生的周期……221年才有一次。估计是以此来尽力减少由于同时大量产生而导致相互不受益的年头。如果像魔理沙说的10年15年的话,30年就会碰上一次了”
「なるほど、何となく判ったぜ。蝉って頭が良いな」 “原来如此,我感觉明白了。蝉还真聪明呢”
「蝉の頭が良い訳ではない。先も言ったように、蝉は地獄から送られてくる魂の容れ物だと言われている。つまり、地獄の閻魔様が作ったシステムだろう。頭が良いのは当然だ」 “并不是蝉聪明。像我先前说过的,蝉据说是从地狱送来的灵魂的暂容所。也就是说,这是地狱的阎魔大人所做的系统。当然是很聪明的呀”
「でも、何で11年の蝉だけ絶滅して幻想郷に発生したんだ?」 “但是,为什么只有11年之蝉灭绝了而在幻想乡产生呢?”
「推測でしかないが、11年の蝉と13年の蝉、17年の蝉が同時に大量発生し、一番若い11年の蝉が犠牲になったのでは、と僕は想像する。それらの三種の蝉が全て同時に大量発生するのは、なんと2431年に一度しか無い。百年ほど前についにその運命の年が来て、11年の蝉が幻想に追いやられたんじゃないかな」 “虽然这只是推测,但我想,可能是11年蝉和13年蝉,以及17年蝉同时大量产生,其中最年轻的11年蝉丧生了。这三种蝉要想全部大量产生,竟然2431年才有一次。大约于百年前这个命运之年终于到来,11年蝉就被赶到幻想乡来了吧”
「うーむ。そうかもな。そう言う話を聞くと、この五月蠅い蝉も珍しくて貴重な気がするぜ。何せ11年に一度の奇跡の蝉だしな」 “唔——可能确实如此。听了你这番话,也感觉这吵人的蝉好似很值得珍惜一样呢。因为是11年一次的奇迹之蝉呀”
「そうだ、だから駆除するなんて事はしたくない」 “对哦,所以不想做什么驱除的事了”
 
  僕は思い切って窓を開けた。11年の蝉が、長かった罪の清算から解放された喜びを表すかのように、けたたましく鳴いていた。   我下决心把窗户打开了。11年之蝉,好像要表达从长久的罪过的清算中得到解放的喜悦一样,响亮地鸣叫着。
  相変わらず、魔理沙は耳を押さえ、苦い顔をしている。にもかかわらず、自分の家に帰ろうとしないのは、店より自分の家の方が五月蠅いからだろう。   魔理沙还是老样子,把耳朵盖上,并做出痛苦的表情。然而她却不回到自己的家里,想必是家里比店里还要吵闹吧。
  客でもないのに店に居座られては迷惑なので、僕は魔理沙を追い出した。渋々出ていったが、きっと自分の家には帰らず、神社かどっかにお世話になるつもりだろう。人間の里には自分の親が住んでいるのだから、そこへ帰れば良いのに……。   又不是客人却待在店里的话我是很困惑的,于是就把魔理沙赶了出去。看她不情愿地走了,但肯定不会回到自己家,估计会到神社还是哪里打搅去了。明明在人类的村落里住有着自己的亲人,回那里不就好了嘛……
 
  この蝉は後何日ほど鳴き続けるのだろうか。そんな事を考えていたら、蝉と地獄の閻魔様に纏わる奇妙な符合に気付いてしまった。   这种蝉往后还要继续鸣叫多久呢。想着这样的事,竟发觉到蝉和地狱的阎魔大人之间的奇妙的交叉点。
  閻魔様は初七日から満中陰、7日起きに審理を行う事で有名である。この7は素数であり、通常の蝉の地中に潜む年数や地上で鳴いている日数と一致する。さらに審判が終わった後に転生の為に地中に潜伏すると考えると、不思議な事に11年、13年、17年の蝉が同時に大量発生する周期の年数と、通常の7年の蝉が潜伏する日数はほぼ同じになるのである。   阎魔大人从初七至满中阴,以7日为间隔进行审理可是出了名的。这个7是素数,并与普通的蝉在地底潜伏的年数以及在地上鸣叫的天数是一致的。再者,如果考虑在地底潜伏是为了审判后的转生的话,11年、13年、17年的蝉同时大量产生所需的年数,竟然不可思议地与普通的7年之蝉潜伏的日数是大致相等的。
  蝉は不思議な生き物だ。地獄の閻魔様が作ったシステムの上で生きていると言う事は、もっと緻密で不思議な性質を持っていて、その性質一つ一つに呪術的な意味がある可能性がある。   蝉是不可思议的生物,以地狱的阎魔大人所做的系统为基准生存,就意味着拥有更加严密和神奇的性质,并且其每一个性质都拥有咒术意味的可能性。
  何故、地獄に堕ちた魂と同じ様に長い間地中で過ごすのか。何故、地上に出てから短い期間で居なくなるのか。人間は、輪廻転生のうち現世に居る期間が一番短いと言う事なのか。   为何,跟堕落到地狱里的灵魂一样长久地潜伏于地下。为何,来到地上以后很快就会消逝掉。难道说人类在轮回之间,处于现世的时间是最为短暂的吗。
  だとすると、妖怪は死ぬとどうなるのだろうか。妖怪と人間のハーフである僕はどうなるのだろうか。店の窓を再び閉め、一人考え込んだ。   如果是这样的话,妖怪死后会怎样呢。半人半妖的我死后又会怎么样呢。我再次把店铺的窗户关上,一个人陷入了沉思。
< 第18话   东方香霖堂   第20话 >