• 欢迎光临中文版东方维基
  • 您目前还未登录,请点此登录后进行编辑。
    如果您还没有在东方维基注册,请点此注册
  • 如果您想要注册账号,请联络KyoriAsh或前往Discord频道以取得新账号

东方红魔乡/故事/Extra背景故事

来自东方维基
跳到导航 跳到搜索
< 灵梦剧本 
魔理沙剧本 
 故事   灵梦Extra剧本
 魔理沙Extra剧本
>
東方紅魔狂 ~ Sister of Scarlet.
 幻想郷は今日も快晴だった。

 幻想郷は平和のはずだった。

 黒い少女は、なぜか胸騒ぎがしたので今日も神社に来ていた。
 幻想乡今天依然晴朗。

 幻想乡应该是和平的。

 黑色衣服少女,今天不知为何忐忑不安的来到神社。
  魔理沙 「暑いぜ暑いぜ、暑くて死ぬぜ」

  霊夢  「死んだら、私が鳥葬にしてあげるわ」
  レミリア「あら、私に任してくれればいいのに」

  魔理沙 「あんたに任すのは、絶対にいや」
  魔理沙 「热啊热啊,热死了啊」

  灵梦  「死了的话,我以葬鸟之礼埋你哦~」
  蕾米莉亚「哎呀,那样不如给我好了」

  魔理沙 「交给你,绝对不行~」
 神社には何故か、しかしいつも通り、紅い悪魔がいた。  不知为何,红色的恶魔总是在神社。
  魔理沙 「あんた、そんなに家空けて大丈夫なのか?」

  レミリア「咲夜に任せてるから大丈夫よ。」

  霊夢  「きっと大丈夫じゃないから、すぐに帰れ。」
  魔理沙 「你让家里这样空着没关系么?」

  蕾米莉亚「都交给咲夜了 , 所以不要紧喔 ! 」

  灵梦  「不一定没关系的哦,所以立刻回去 ! 」
 そのときである、3人を脅かす雷鳴がなったのだった。  这时,响起了吓到3个人的雷声。
  霊夢  「夕立ね」

  魔理沙 「この時機に、珍しいな」

  レミリア「私、雨の中、歩けないんだよねぇ」
  灵梦  「雷阵雨吧」

  魔理沙 「这种时候还真是稀奇。」

  蕾米莉亚「我不能在雨中走哦。」
 しばらくたっても、雨は降ってこない、外の様子を見ると明らかに不自然な空になっていた。
 幻想郷の奥の一部だけ強烈な雨と雷が落ちていた。
 过了一会,雨还是没有停,看到外面的情况可以得知天空明显不正常
 只是幻想乡深处的一部份有强烈的雨和雷落下。
  レミリア「あれ、私んちの周りだけ雨が降ってるみたい」

  霊夢  「ほんとだ、何か呪われた?」

  魔理沙 「もともと呪われてるぜ」
  蕾米莉亚「那个,好像雨只是下在我周围呢」

  灵梦  「真的啊,是被什么诅咒了吗?」

  魔理沙 「本来就是被诅咒了啊」
  レミリア「困ったわ、あれじゃ、帰れないわ。」

  霊夢  「あんたを帰さないようにしたんじゃない?」

  魔理沙 「いよいよ追い出されたな」
  蕾米莉亚「没办法了,哎呀,那个回不去嘛! 」

  灵梦  「是故意不让你回去吧?」

  魔理沙 「终于被家里赶出来了啊」
  レミリア「あれは、私を帰さないようにしたというより...」

  魔理沙 「実は、中から出てこないようにした?」

  霊夢  「やっぱり追い出されたのよ。」
  蕾米莉亚「与其说是让我回不去……」

  魔理沙 「其实是,不想让你出来?」

  灵梦  「果然是被赶出来了……」
  レミリア「まぁ、どっちみち帰れないわ。食事どうしようかしら」

      (食事=人)
  霊夢  「仕方ないなぁ、様子を見に行くわよ。」

  魔理沙 「楽しそうだぜ。」
  蕾米莉亚「哎呀,回不去了…… 饭怎么解决呢?」

      (饭=人)
  灵梦  「没办法,走吧。」

  魔理沙 「好象很有趣嘛~」
 そうして、二人は紅い悪魔に神社の留守番を任せて、レミリアの館に向かったのだった。  然后,二人让红色恶魔留在神社,往蕾米莉亚的住处去了。
  レミリア「ああ、そうか、あいつのこと忘れてたわ、
       きっと、外に出ようとしてパチュリーが止めた(雨を降らせた)のね。」
  蕾米莉亚「啊,忘了那家伙的事了,一定是那家伙闹着要出去玩,
       所以帕秋莉才制止她(降雨……)呢」
 悪魔は右手をほほに添えて、首をかしげた。  恶魔用右手抚着脸,若有所思的样子~
  レミリア「困るわー、私も、あいつも、雨は動けないわ...」   蕾米莉亚「没办法啊~我和那家伙,都不能在雨中行动呢~ 」
 雨は、一部の悪魔には歩くことすらかなわないのである。  雨,可以使有些恶魔连走路都做不到……
< 灵梦剧本 
魔理沙剧本 
 故事   灵梦Extra剧本
 魔理沙Extra剧本
>