• 欢迎光临中文版东方维基
  • 您目前还未登录,请点此登录后进行编辑。
    如果您还没有在东方维基注册,请点此注册
  • 如果您想要注册账号,请联络KyoriAsh或前往Discord频道以取得新账号

东方神灵庙/故事/Extra背景故事

来自东方维基
跳到导航 跳到搜索
< 灵梦剧本 
魔理沙剧本 
早苗剧本 
妖梦剧本 
 Extra背景故事   灵梦Extra剧本
 魔理沙Extra剧本
 早苗Extra剧本
 妖梦Extra剧本
>

翻译

 博麗神社。
 いつものようにのんびりと霊夢と魔理沙が会話していた。
 博丽神社。
 灵梦和魔理沙一如往常,悠闲的聊着天。
  霊夢 「でさー、あの神子達の家は凄く大きかったよ。

      キラキラしていて」

  魔理沙「ふーん。どうやって忍び込めるかな」
  灵梦 「话说神子她们家真是雄伟啊

      而且金碧辉煌呢。」

  魔理沙「嗯……从哪里溜进去比较好呢……」
 そこに早苗がやってきた。
 少し慌てているようだ。
 这时早苗略带慌张的神色,
 匆匆忙忙跑来。
  早苗 「聞きました?」

  霊夢 「聞いてない」
  早苗 「どうやら命蓮寺に動きがあったみたいです」

  魔理沙「動きだと? ついに変形したか?」
  早苗 「妳们听说了吗?」

  灵梦 「什么都没听说。」
  早苗 「命莲寺她们好像终于采取行动了吗。」

  魔理沙「采取行动? 命莲寺终于要变形了吗?」
  早苗 「どうやら最初から、あの場所が神子さんの霊廟の真上で

      あることを知っていて、命蓮寺を建てたようなんです」

  魔理沙「ほう、それはまた何でだ?」
  早苗 「看来白莲早就知道那个地方是神子灵庙的所在位置,

      才刻意将命莲寺盖在那那里呢。」

  魔理沙「哦,那又怎么样呢?」
 霊夢が黙りかねて口を挟んだ。  灵梦终于忍不住插了话。
  霊夢 「判るわ。

      白蓮は妖怪に与する者だもん」
  魔理沙「だから何で……」
  霊夢 「神子は聖人の権現だもの。
      必ず妖怪の敵になる奴って思ったんでしょ。
      それに布都は廃仏派で仏教を嫌っているし。

      宗教戦争だって起こり兼ねないわ」
  灵梦 「我知道了,

      因为白莲站在妖怪那一边嘛。」
  魔理沙「那也没什么吧……」
  灵梦 「因为神子是圣人权现(神佛为拯救世人而现身的姿态),
      所以白莲一定认为她是妖怪的敌人吧。
      而且布都还是废佛派,和佛教站在敌对面,

      这么说来,就算发生宗教战争都不足为奇呢。」
  魔理沙「ふーん。

      そうか、色々な意味で白蓮の敵だって事か。
      白蓮は何でそんな霊廟のこと知ってたんだろうな」
  霊夢 「妖怪の間では話題になっていたのかもね。

      あそこにヤバイ奴が眠っているって」
  魔理沙「嗯——

      所以神子算是白莲的敌人啰。
      但是白莲怎么会知道灵庙的事情呢?」
  灵梦 「或许是妖怪间口耳相传,

      危险份子沉睡在那里吧。」
  早苗 「あのー」   早苗 「另外——」
 霊夢と魔理沙が早苗の方を向く。  灵梦和魔理沙回头望向早苗。
  早苗 「それでですね。

      神子さん達が復活してしまったから、妖怪達が慌てて
      対抗策を採ったらしいんです」
  霊夢 「対抗策?」
  早苗 「何でも、『妖怪の切り札となるような』強力な妖怪を

      呼び寄せたとか……」
  早苗 「另外啊,

      因为神子等人的复活,慌张的妖怪们
      紧急拟定了对抗神子等人的策落呢。」
  灵梦 「对抗?」

  早苗 「听说他们“落”来了“堪称妖怪界王牌”的强大妖怪呢。」
  魔理沙「切り札だと?

      そりゃヤバいな」
  霊夢 「どうせ妖怪の考える事よ。
      統制なんて取れないんだから、自分より強い奴を呼び寄せたり
      出来ないって。
      そんな事したら、自分が返り討ちに遭うかも知れないもん」
  早苗 「何にしても何かアクションを起こしたのは事実みたいです」

  霊夢 「まあ、こっちもアクションを起こすけどね」
  魔理沙「王牌?

      这下可不得了啦。」
  灵梦 「一群头脑简单的妖怪。
      正因为妖怪们是一盘散沙,才不可以找比自己更强的妖怪啊。
      万一真的找来了,说不定还没对抗,自己就先被打了一顿呢。」
  早苗 「无论如何,妖怪们的确展开了行动喔。」

  灵梦 「反正我们也不会坐视不管的。」
 霊夢はそういうと、すぐに出かける準備をした。
 そこに現れたのは妖夢。
 话说完,灵梦马上起身准备出发。
 这时候妖梦出现了。
  妖夢 「あら皆さんおそろいで」

  霊夢 「何よ、今忙しいのよ」
  妖夢 「いや、どうも神霊騒ぎから妖怪の方に波及したらしくて、
      命蓮寺に動きがあったみたいです」
  霊夢 「知ってた」
  妖夢 「流石ですね。
      何でしょう?

      復活感謝祭かしら? お呼ばれしていないですか?」
  妖梦 「哦,大家都在这里啊。」

  灵梦 「有事吗?现在大家都在忙呢。」
  妖梦 「不是啦,是因为神灵骚动似乎波及到妖怪势力,
      听说命莲寺也采取行动了。」
  灵梦 「已经知道啰。」
  妖梦 「真是灵通啊,
      不知道她们会有什么行动呢?

      复活感谢祭吗?不知道会不会邀请我们去呢?」
 溜め息を吐く三人。  另外三人发出一声叹息。
  霊夢 「今から行くところよ」

  魔理沙「お呼ばれされた奴も居るらしいぜ」

  早苗 「一緒に行きましょうか?」
  灵梦 「我们现在正要去呢。」

  魔理沙「现场似乎也有被邀请的人喔。」

  早苗 「要不要一起出发呢?」
  妖夢 「どうしようかなぁ。
      私も行こうかなぁ」
  妖梦 「这个……
      那我也一起去吧。」
 妖夢はのんきそうに言うと、宴会の想像をして顔をほころばせた。
 これから死闘が繰り広げられるとも知らずに。
 妖梦乐天的答应同行,想象着华灯初上的宴会,不禁乐在心头。
 只是她完全没想到,等待她的会是惨烈的死斗。
 一方、命蓮寺では何やら妖精達が騒ぎ始めていた。

 長旅を終え、海を越えてやってきた妖怪が一息入れていたのである。
 その圧倒的な威圧感。
 これならば神子達に対抗できる……

   (と、そう思っていた時期がありました。(響子談))
 另一方面,命莲寺的妖精们也开始骚动不安。

 结束长途跋涉、渡海而来的大妖怪正在歇息。
 从她身上散发出压倒性的力量。
 这样就能对抗神子她们了吧……

   (当时我的确是这么想的。(响子说))

说明

角色设定和Extra背景故事文档的最前面是下面的文章,不过它和主文档之间被好几页的空白所分开了。

*この先は、エンディング以降に係わる強烈なネタバレがあります

 クリアしたか諦めたか、そもそもどうでも良い方のみ見てください


          この先、一パーセク

              ↓
*这之后含有包括ENDING在内的强烈剧透。

 通关了或是放弃了,或者原本就不在意的玩家请观看。


         由此开始,一秒差距

            ↓
< 灵梦剧本 
魔理沙剧本 
早苗剧本 
妖梦剧本 
 Extra背景故事   灵梦Extra剧本
 魔理沙Extra剧本
 早苗Extra剧本
 妖梦Extra剧本
>