• 欢迎光临中文版东方维基
  • 您目前还未登录,请点此登录后进行编辑。
    如果您还没有在东方维基注册,请点此注册
  • 如果您想要注册账号,请联络KyoriAsh或前往Discord频道以取得新账号

东方神灵庙/故事/序章

来自东方维基
跳到导航 跳到搜索
 序章   灵梦剧本
 魔理沙剧本
 早苗剧本
 妖梦剧本
>
東方神霊廟 ~ Ten Desires.
 博麗神社。人里離れた辺境の地に建つ神社である。
 大地を凍らせた白黒の世界は終わり、幻想郷は本来の美しさを取り戻そうとしていた。
 桜と共に神霊が舞う春であった。
 博丽神社。座落于远离人里的边境之地。
 大地从皑皑白雪的冰封中复苏,幻想乡再度恢复她原本的美貌。
 樱花与神灵共同漫舞在怡人的春意之中。
  霊夢 「桜は綺麗なんだけどねぇ」   灵梦 「樱花好看是好看啦……」
  魔理沙「桜が綺麗なら良いじゃないか」   魔理沙「樱花好看不就好了吗」
 桜が咲けばそれを楽しまない生き物など幻想郷にはいない。 博麗霊夢と霧雨魔理沙の二人も、その生き物であった。  在幻想乡里,没有生物会白白错过盛开的樱花之美,博丽灵梦和雾雨魔理沙也不例外。
  霊夢 「でも何か嫌な予感がするんだよねぇ」   灵梦 「但是却有一股不好的预感呢」
  魔理沙「奇遇だな。私もだ」   魔理沙「真神奇,我也是。」
 桜は容赦無く散り続ける。この機会を逃せば次は藤の花まで花見出来ないかもしれない。
 それでも二人は桜の木の元で宴会する気になっていない。
 落樱缤纷春不待,如果错过了这次机会,可能得等到紫藤绽放的春夏之际才能赏花了。
 但是两人依然无心在樱花树下席地而宴。
 何故か。  为何?
 それは正体不明の霊が漂っては消えたりしていたからだ。  因为正体不明的灵体,在两人面前倏现骤消的飘浮着。
  霊夢 「何か、前にこんな幽霊だらけの春があったよね」   灵梦 「之前似乎也经历过这种幽灵遍地的春天呢」
  魔理沙「ああ、でもあの時は花見できなかった気がするぜ。
      春が殆ど無かったからな」
  魔理沙「对啊,不过当时根本没办法赏花啦。
      因为春意都被抢光光了」
  霊夢 「そうねぇ、あの時は冥界の奴らの所為だったんだよねぇ」   灵梦 「嗯,当时是冥界那两个人在搞鬼呢」
  魔理沙「そうだ、霊が絡む事はみんなあいつらの所為だもんな」   魔理沙「对嘛,任何和灵体有关的事情,肯定和她们脱不了关系」
  霊夢 「そうそう、そういう事にしておけば問題ないもんね」   灵梦 「没错,只要这么想的话,就万事OK啦」
 現在漂っている正体不明の霊、それはただの幽霊や、最近現れた地霊ではない事は明白であった。  后来才知道,这些四处飘浮的正体不明灵体既非普通幽灵,也不是前阵子出现的怨灵。
 それは神霊。神様になる筈の霊である。  这些是神灵。本应超脱为神的灵体。
 一般的に神霊は神社を住処とする事が多いが、実は何処にでも住む実態のない霊である。
 その神霊が彼女達を悩ませているのであった。
 一般而言,神灵多半居住在神社里,其实它们随处可见,是没有固定型态的灵体。
 这些神灵让她们困惑不已。
  魔理沙「こんなんじゃ明日、花見できないな。
      よし」
  魔理沙「再这样下去,明天就没办法赏花了耶。
      好吧」
  霊夢 「よし?」   灵梦 「好什么?」
  魔理沙「あ、ん。何でも無いぜ。
      何だろうな、この不思議な霊は」
  魔理沙「啊,这个……没什么啦。
      我只是对这些神秘的灵体感到好奇」
  霊夢 「なんとかするかー。
      こいつ等が現れた原因を調べないとね」
  灵梦 「是该动身了。
      调查一下这些灵体出现的原因吧」
 思い立ったが吉日。二人は我先にと調査に出かけた。その夜のうちに。  眼见机不可失,两人趁着夜色,争先恐后的动身调查。
----
 ――一方、山の神社にも異変が起きていた。
 妖怪の山にある守矢神社、ここの巫女さん、東風谷早苗の元にも奇妙な霊が現れていた。
 ——另一方面,山上的神社也发生了异变。
 座落于妖怪之山的守矢神社,神社的巫女东风谷早苗,身边也出现了这些神秘的灵体。
 早苗は不思議に思ったが、それは幽霊などではない事に気付いた。  早苗觉得很不可思议,不过她察觉到这些灵体并非幽灵。
 その霊は神霊。
 神奈子様とか諏訪子様とかと同じ性質の物であった。
 这些灵体是神灵。
 和神奈子大神,以及诹访子大神具有相同的性质。
 神霊が生まれる原因は、非常に強い人間の欲や想い、恐怖、感情である。本来、神霊が直接人間に危害を与える事は少ないが、何らかの強い欲がなければ生まれない筈だ。例えば、豊穣祈願や厄除けといった……。  超乎常人的强烈人欲、想法、恐惧与情感,是神灵出现的原因。一般而言,神灵很少危害人类,如果没有强烈的欲望,例如祈求丰收,或是除厄避邪等,是不会产生神灵的……
 早苗はこれは使える、と判断した。
 神霊を集める事は人間の欲を集める事と同じ。それは信仰を集める事と同じなのだ。
 早苗认为,这些神灵可以利用。
 收集神灵就像是收集人类的欲望,这和收集信仰本质上是相同的。
 しかし、何故突然神霊があちこちで生まれるようになったのか判らない。そんな強い欲が幻想郷を渦巻いているようにも見えない。  然而早苗也不知道为何神灵会如雨后春笋般出现,而且也没发现足以席卷整个幻想乡的巨大欲望。
 早苗はその原因を探ることにした。  于是早苗决定前去调查神灵出现的原因。
----
 ――死後の世界。冥界。
 冥界にも異変は現れていた。幽霊に紛れて別の霊が現れていたのだ。いや、正確に言うと、幽霊からも次々と神霊が現れては消え、消えては現れを繰り返してた。
 ――死后的世界。冥界。
 值此同时,冥界也出现了异变,有其他灵体混杂在幽灵中。不,正确来说,是从幽灵身上接二连三出现神灵,随即消失,然后再度出现,不断循环着。
 冥界の庭師、魂魄妖夢は困惑していた。
 彼女も当然、自分の体からも神霊が生まれているのを感じていた。
 冥界的庭师,魂魄妖梦对此大惑不解。
 当然,她也感觉到神灵从自己的身上出现。
 その神霊はすぐに消えてしまう儚い物であったが、僅かに意思を感じる事が出来た。いや、生まれたばかりの神霊に意思などあるのだろうか。芽生えたばかりの植物が持つ向光性の様な物だろうが、半分人間、半分幽霊の彼女には感じ取ることが出来た。  这些虚无飘渺的神灵转眼间就消失,但是却能感受到微薄的意识。不,这些刚诞生的神灵有什么「意识」可言吗?或许就像新冒芽的植物驱旋光性本能一样,一半是人类、一半是幽灵的妖梦能感受到这一点。
 その向かう先は人間の里がある方面。  这些神灵的目标是人间之里方向。
 そう思ったとき、人間の里の方面がぼやーっと明るくなっているように見えた。  正当妖梦这么想的时候,人里方面隐约浮现一抹微亮。
  妖夢 「そうか。
      神霊が生まれているのは私からだけではなく、全ての生き物から生まれているのね」
  妖梦 「原来
      不是只有我身上会出现神灵,任何生物都会吧」
 庭の手入れを中断し早速調査に出かける事にした、のだが……。  于是妖梦放下手边的工作,立刻前去调查,不过……
----
 ——神霊は自分を受け入れてくれる人を求めているようだった。
   暗くて土くさい霊廟の中。霊達の幽かな灯りが辺りを照らすが、すぐに闇に吸収され、全容を明るみにさらす事が出来ない。
 ——神灵似乎在寻找能接受自己的人类。
   在阴暗土臭的灵庙中,神灵们幽暗的微光勉强映照着四周,但随即被黑暗吸收,连自己的全貌都无法完整呈现。
   そこで神霊は悟るのだった。
   我々個々人の、稼ぎたいとか弾幕に当りたくないとか、ましてやスペルカードを使いたいとか、そんな小さな欲を聞き入れる者など
   幻想だと。その程度の欲は結局自らの努力無しには成就されないと。
   这时候神灵察觉到一件事。
   我们每个人都有想贪分、闪躲弹幕,或是发动符卡的欲望,但谁能倾听我们这些微小的欲望呢?
   终究是幻想罢了。这一丁点欲望,最后还是得靠自己的努力才能达成。
   それでも一縷の望みをかけて神霊は一心不乱に闇を進む。
   そうして自分が生まれた原因も掴めぬまま、無に帰すのだ。
   然而神灵依然寄托这一缕微弱的希望,坚定不移的朝黑暗中前进。
   就这样,这些神灵连自己诞生的原因都不知道,最后化为虚无。
   その様子を見てほくそ笑む者がいた事に気付かぬまま果てるのだ。    就这样,这些神灵连自己诞生的原因都不知道,最后化为虚无。
   復活が近いことに笑みを浮かべ――
   そして復讐を誓った。
   随着复活的时机来临,她的脸上泛起一抹微笑――
   同时更坚定复仇的誓言。
 序章   灵梦剧本
 魔理沙剧本
 早苗剧本
 妖梦剧本
>