• 欢迎光临中文版东方维基
  • 您目前还未登录,请点此登录后进行编辑。
    如果您还没有在东方维基注册,请点此注册
  • 如果您想要注册账号,请联络KyoriAsh或前往Discord频道以取得新账号

东方星莲船/故事/Extra背景故事

来自东方维基
跳到导航 跳到搜索
< 灵梦A剧本   Extra背景故事   灵梦A Extra剧本 >
< 灵梦B剧本   Extra背景故事   灵梦B Extra剧本 >
< 魔理沙A剧本   Extra背景故事   魔理沙A Extra剧本 >
< 魔理沙B剧本   Extra背景故事   魔理沙B Extra剧本 >
< 早苗A剧本   Extra背景故事   早苗A Extra剧本 >
< 早苗B剧本   Extra背景故事   早苗B Extra剧本 >
 博麗神社。

 霊夢と早苗が空飛ぶ船と白蓮達の話をしていた。

 そこに魔理沙が慌てて飛び込んでくる。
 博丽神社。
 灵梦和早苗正谈论着会飞的船和白莲等人。
 魔理沙突然主动加入了谈话。
  魔理沙「霊夢、大変だ!」

  霊夢 「何よ騒々しい」
  早苗 「何かあったのですか?」
  魔理沙「いっぱいばらまかれたUFOに、やっぱり何か乗っていたぜ!

      この目で見たんだ!」
  魔理沙「灵梦,糟了!」
  灵梦 「什么嘛,真烦人」
  早苗 「发生了什么事吗?」
  魔理沙「散落四处的UFO里,有东西!
      我看到了!」
 魔理沙が、偶然手に入れたUFO型の飛倉の破片。
 それには不思議な秘密があった。
 魔理沙偶然拿到了一块UFO形状的飞仓的碎片。
 其中有一个不可思议的秘密。
  霊夢 「でもあのUFOって、飛倉の破片だったんでしょ?

      空飛ぶ倉だから、破片になっても空中を漂うって白蓮に聞いたわ」

  魔理沙「飛倉の破片はこっちだ!」
  灵梦 「你说的那个UFO,指的就是飞仓的碎片吧?

      我听白莲说了,因为是能飞的仓库,所以就算是变成了碎片,也能浮空」

  魔理沙「飞仓的碎片是这个啦!」
 魔理沙は、古くてボロボロになった木片を取り出して見せた。  魔理沙拿出一个旧得不行的、破破烂烂的木片,让她们看。
  早苗 「何ですか? そのボロボロの板きれは」
  魔理沙「ほらよ」
  早苗 「这个破破烂烂的木片,是什么呀?」
  魔理沙「你看吧」
 そういって、魔理沙は木片を早苗に投げた。

 慌てて受け取ろうとした早苗の手は空を掴んだ。

 何と木片は空中に留まり、決して落ちてくる事は無かったのだ。
 说着,魔理沙把木片投向早苗。

 早苗慌慌张张地想接着,可是却抓了个空。

 不知为何,木片浮在了半空中,并没有掉下来。
  早苗 「宙に浮いている……?」

  霊夢 「確かに、UFOよりこっちの方が飛倉の破片、っぽいわねぇ。
      でも、白蓮達はUFOを飛倉の破片だって……。
      どうしたの? この宙に浮く木片」
  魔理沙「実は、ちっちゃなUFOをこじ開けてみたんだ」

  霊夢 「そうしたらこれが入っていたとか?」
  早苗 「浮空吗……?」

  灵梦 「不错,与UFO相比,这个木片更像是飞仓。
      但是,白莲她们说,UFO就是飞仓的碎片……。
      这个能浮空的木片,到底是什么?」
  魔理沙「其实,我把小小的UFO撬开过了」

  霊夢 「然后就在里面发现了这个木片?」
 魔理沙は首を振った。  魔理沙摇了摇头。
  魔理沙「違う違う。

      中に入っていたのは小さな蛇だったんだよ。
      しかも蛇から鳥になったりする蛇だ!
      しかもその生き物を取り除いたら、UFOが木片に変化したんだ」
  早苗 「全く意味が判りません。
      で、その蛇は何処に行ったのですか?」
  魔理沙「蛇は、逃げるように空に向かっていったよ」

  早苗 「空に……?」
  魔理沙「不对不对。

      在UFO里面的是一条小蛇。
      然后,蛇变成了一只鸟!
      这只动物只要一离开UFO,UFO就变成了木片」
  早苗 「真搞不明白。
      话说,那只蛇往哪里去了?」
  魔理沙「蛇逃也似地飞到天空去了」

  早苗 「飞到天空去了……?」
  魔理沙「余りにも驚いたんで、もう一度白蓮に聞いてみたんだ。

      『飛倉の破片って一体何なんだ』って。
      『何でUFO型をしているんだ』って。
      そうしたら、なんて言ったと思う?」
  霊夢 「なんて言ったの?」
  魔理沙「『UFO型ってどういう形ですか? これはただの板きれですが』って。
      どうやら、彼奴らにはUFOの形には見えないらしいんだ。
      最初から、そこに浮かんでいる木片の様に見えていたらしい」

  早苗 「???」
  魔理沙「我吓了一跳,又去问了白莲。

      我问『飞仓的碎片到底是什么?』。
      『为什么会是UFO形的?』。
      你们知道她怎么回答的吗?」
  灵梦 「她怎么说?」
      魔理沙「她说『UFO形是什么形状? 这只不过是木片而已啊』。
      貌似,在她们眼中,这不是UFO形的。
      从一开始,她们看到的UFO,就像现在这个浮空的木片一样」

  早苗 「???」
  魔理沙「つまりは、飛倉の破片がUFOに見えていたのは私達だけと言う事だ」   魔理沙「也就是说,我们一直把飞仓的碎片,看成像UFO的样子」
 霊夢と早苗は言葉を失った。  灵梦和早苗沉默了。
  早苗 「人によって見え方が違うなんて……」

  霊夢 「……それってどういう事?」
  魔理沙「それ以上の事は私にも判らん。

      でも何か、裏に潜んでいる気がするぜ。得体の知れない何かが」
  早苗 「没想到因人而异,看到飞仓碎片的样子也不一样……」

  霊夢 「……到底是怎么一回事?」
  魔理沙「我也不知道。

      但是我觉得貌似有很深的原因。我们不知道的某种东西,在酝酿着什么」
 その謎を追うために、三人は再びUFOをこじ開け、逃げた蛇の後を追う事にした。
 正体不明の飛行物体。それは一体何なのだろうか。
 为了解开这个谜团,三人再次撬开了UFO,决定跟踪逃走的蛇。
 不明的飞行物体。它的真实身份到底是什么呢。
< 灵梦A剧本   Extra背景故事   灵梦A Extra剧本 >
< 灵梦B剧本   Extra背景故事   灵梦B Extra剧本 >
< 魔理沙A剧本   Extra背景故事   魔理沙A Extra剧本 >
< 魔理沙B剧本   Extra背景故事   魔理沙B Extra剧本 >
< 早苗A剧本   Extra背景故事   早苗A Extra剧本 >
< 早苗B剧本   Extra背景故事   早苗B Extra剧本 >