• 欢迎光临中文版东方维基
  • 您目前还未登录,请点此登录后进行编辑。
    如果您还没有在东方维基注册,请点此注册
  • 如果您想要注册账号,请联络KyoriAsh或前往Discord频道以取得新账号

东方文花帖 (书籍)/铃仙·优昙华院·因幡

来自东方维基
跳到导航 跳到搜索
第66-67页
< 报纸采访:因幡帝 
幻想乡风景指南:永远亭 
 东方文花帖   报纸采访:红美铃 >


报纸[编辑]

066BAiJRReisen.jpg
第百二十季 霜月のニ 第一百二十季 霜月[1]之二
兎角同盟が神社の宴会に抗議 兔角联盟强烈抗议神社宴会
兎鍋は毎年のこと、と巫女 “兔肉火锅是每年的惯例”,巫女说
 
〇月〇日、兎角同盟が神社の宴会で鍋の材料に兎を使用しているとして抗議した。抗議に対して神社側は「使っているよ?兎鍋だもの」と答え、話し合いは平行線を辿っていた。 某月某日,兔角联盟对神社举行宴会时所使用的火锅材料包含兔肉这一点进行了抗议。神社方面的回应是“当然有兔子啊?兔肉火锅来着”。双方仍有很大的分歧。
事の起こりは妖怪兎が神社の宴会に乱入したことだった。美昧しそうな鍋を見つけ食べようとしたところ、その肉が兎肉である事が判明し、兎角同盟のリーダーである鈴仙・優曇華院・イナバ(兎)に報告した。 整件事情的起因是,一只妖怪兔闯入宴会、看到了似乎很美味的火锅。正要吃的时候,却发现里面是兔肉,随后她便向兔角同盟的领袖,铃仙·优昙华院·因幡(兔)做了报告。
「鍋の材料に兎の肉を使うなんて考えられない。そんな野蛮なことが許されていて良いのだろうか。食卓から兎の肉が消えるまで、私達兎角同盟は戦い続ける」 (鈴仙) “在火锅中使用兔肉根本无法想象。难道还要容忍这种野蛮的行径继续下去吗?一直到兔肉从餐桌上消失的那一刻为止,我们、兔角同盟,会一直战斗下去。”(铃仙)
それに対し神社側は、 神社对此的答复如下:
「兎の肉の何処が野蛮なのよ。昔から普通に食べているじゃないの。それとも兎自体が野蛮だって言うの?まぁ意味もなく野を駆けめぐる辺りは野蛮かも知れないけど」 (霊夢) “吃兔肉到底哪里野蛮了啊?从古至今不是一直都在食用吗。还是说兔子本身就很野蛮? 不过,像那样毫无意义地在野外乱跑的行为倒也真的挺野蛮的。”(灵梦)
と、兎肉を使うことを止めない姿勢で居た。 总而言之,神社仍保持不会停止食用兔肉的态度。
兎角同盟は、月の兎という鈴仙・優曇華院・イナバをリーダーに、地上の妖怪兎達との間に結んだ兎の理想郷を考える集団である。妖怪ではない地上の兎を取り仕切るのは、因幡てゐ幹部(兎)である。てゐ幹部はこう語る。 兔角同盟是由地上的妖怪兔们团结而成的、以身为月兔的铃仙·优昙华院·因幡为领袖,为建造兔子的理想乡而行动的集团。负责领导非妖怪的地上兔的是干部因幡帝(兔子)。她针对此事,发表了如下看法:
「普通の兎だもんね。人間は何でも食べる意地汚い奴なんで、少しくらい食べられるのは仕方が無いかも知れないけどー。人間に食べられないようにしたかったら、もっともっと愛くるしい容姿を持たないと駄目よね。可愛ければ食べないでしょう?」 (てゐ) “毕竟是一般的兔子呢。人类可是一帮什么都吃的嘴馋的家伙,所以兔子们稍微给吃掉一些恐怕是没办法的事情。不过,要是让人类无法再去吃的话又如何呢?要这样的话,我们就必须变的更加、更加可爱才行。如果受到宠爱的话,不就不会再被吃了吗?”(帝)
幹部は食べる人間側より兎側の自衛手段を考えていて、兎角同盟内部でも意見の食い違いが見られる。一般の兎がどちらの意見に傾いているかは不明。 干部认为:比起禁止人类捕食兔子,不如考虑有什么自卫的手段。看来,兔角同盟内部也存在着分歧。一般的兔子们会更倾向于哪一方尚且不明。
現在は、神社の宴会に兎鍋を出す際には別に鳥鍋も一緒に出す、という妥協案で双方納得している。 目前为止,双方以“在宴会当中上兔肉火锅时,同时上一份鸟肉火锅”为条件,达成了暂时的妥协。
(射命丸文) 射命丸文

采访[编辑]

067BAiJRReisen.jpg

結局、烏鍋を一緒に出す事で妥協したのですね。私としては微妙ですが

到最后,竟然以一同端上鸟肉火锅为条件妥协了,在我的立场上、感觉很微妙啊。

铃仙

幾ら言っても聞かないのよ。人間達は頑固で

谁让我们怎么跟她说她都不听啊。人类太顽固了。

あの巫女はあんな顔をして自分を曲げないですからね

那个巫女的性格就是那样,从来都不会委屈自己嘛。

铃仙

伝統とか風習とかそういった物に固執し過ぎなのよ。わざわざ兎を食べなくても、他にも色々食べる物はあると思うんだけどね

她对传统啦、风俗啦这类东西,也太过固执了吧。哪怕不吃兔肉,也还有其他各种各样的东西能吃不是吗?

芋とか茸とか山菜とかですね

比如芋头啦、蘑菇啦、野菜啦这些东西。

铃仙

鳥とか

还有鸟肉之类的。

もうわざと言ってますね? 私が鳥だと思って

你是故意的吧,因为我是鸟类?

铃仙

違うの?

你不是吗?

違わないけど。違わないけど!

虽然没错。虽然是没错但是!

铃仙

鳥だったら幾らでも食べて貰って構わない。焼き鳥だって認めるわ

要是鸟的话,吃多少我都没意见。烤着吃也不在意。

詰変わって、なんで兎角同盟って言うのですか? 兎には角は無いでしょう?

我们换个话题。 为什么要叫兔角同盟呢?兔子头上不是没有角的吗?

铃仙

無いから常に理想なのよ。現状に満足せず、常に向上心を持って行動する兎の集団、って意味なの

就是因为没有,才要以此为理想啊。意思是,不会满足于现状,一直抱有上进心的集团。

そうなんですか。てっきり、なんでもかんでも、とかく五月蝿く言う集団なのかと思いました

原来是这样啊。我一开始还以为,这是一个不管怎么说,就是吵吵闹闹的集团呢。

铃仙

明日は烏鍋ね

明天就吃鸟肉火锅吧。

ところで何で鳥鍋を出すことで妥協出来るのですか

话说回来,为什么只要对方端上鸟肉火锅你们就妥协了?

铃仙

食べる物が無いじゃないの

要不不就没东西吃了吗。

あ、宴会には参加するのですか

啊,你们也参加了宴会吗?

铃仙

参加して食べる物が無かったら、それは抗議するわよ

参加宴会之后结果发现没有能吃的东西,所以才抗议的啊。

抗議の焦点がずれているような……

抗议的目的就是这个吗……

铃仙

食べ物無しの宴会は嫌でしょ。それとも貴方はお酒さえあればいいクチ?

你难道会喜欢没有东西吃的宴会?还是说,你是那种只要有酒就行了的家伙?

気分とお酒次第です。呑むならつまみは欲しいですけど

主要还是看心情和酒。喝酒的话我倒是希望能有一碟小菜。

铃仙

まあでも地上の兎の管理はてゐに任せてるので、あの子が仕方が無いって言えばそれまでね

还有,因为地上的兔子全部都是交给因幡去管理的,既然那孩子是这样决定的,也就只能这样了。

案外仲間意識が薄いのですね。兎って

还真没想到,兔子是那么缺乏集体观念的生物呢。

铃仙

あの子が特別冷たいのよ

只是那家伙特别冷淡罢了。

貴方はどうなんですか?

你又如何呢?

铃仙

私は、唯一の月の兎だからー。そこまで仲間意識は無いし

我的话,因为是地上唯一的月兔,所以跟她们也就谈不上什么“集体观念”了。

それでも兎角同盟を組んでいる訳ですよね? 仲間意識とか云々ではなくそんな冷たいことでは良くないと思うのですが

就算那样,是你组建了兔角同盟吧?哪怕不谈什么“集体观念”,我觉得这样冷淡也是不对的啊。

铃仙

だってぇ、地上の兎は私の言うこと余り聞いてくれないしー

那是因为,地上的兔子根本就完全不听我的话啊—

凄いリーダーです

真是一名好领导。

铃仙

結局月の兎は私しか居ないし、地上の兎も人語を理解してくれる者が少なすぎて……

说到底,我当领导是因为只有我是月球的兔子;地上的兔子里能听懂人语的又少的可怜……

それは確かにそうなんですが、それでよく同盟を組もうと思いましたね

倒也没错。不过,亏你这样还能组建起同盟啊。

铃仙

同盟もてゐと決めただけなの。兎はあの子の命令だけはよく聞くので、殆どあの子任せね

组建同盟的事情也是因幡决定的。因为兔子们只听她的命令。所以基本什么事情我都交给她去处理了。

そうですか。ところでてゐさんは何者なんでしょうか?

这样啊。 话说回来,那个叫因幡的是什么人啊?

铃仙

私が地上に降りてくる前からずっと兎達を操っていたらしいけど……?細かい事はよくわからないわ

据说,是在我来到地上前就一直领导着兔子的家伙来着?详细的我也不太清楚。

貴方は、よくそんな滅茶苦茶怪しい兎を部下にしようと思いましたね

你还真是,敢用这么一个超级奇怪的家伙做你的部下啊。

简介[编辑]

鈴仙・優曇華院・イナバ (Reisen Udongein Inaba) 铃仙·优昙华院·因幡
地上人が侵略しはじめた月から逃げ出した、月の兎。その赤い瞳は人間を狂気へといざなう。 在地面人开始侵略月面时,从月球逃出的月兔。拥有一双可以让人发狂的赤瞳。
出演作:『東方永夜抄』 『東方花映塚』 登场作品:《东方永夜抄》、《东方花映塚

注解[编辑]

  1. 霜月:日本历十一月
< 报纸采访:因幡帝 
幻想乡风景指南:永远亭 
 东方文花帖   报纸采访:红美铃 >