• 欢迎光临中文版东方维基
  • 您目前还未登录,请点此登录后进行编辑。
    如果您还没有在东方维基注册,请点此注册
  • 如果您想要注册账号,请联络KyoriAsh或前往Discord频道以取得新账号

东方地灵殿/故事/序章

来自东方维基
跳到导航 跳到搜索
 序章   灵梦和紫剧本
 灵梦和萃香剧本
 灵梦和文剧本
 魔理沙和爱丽丝剧本
 魔理沙和帕秋莉剧本
 魔理沙和荷取剧本
>
 雪の降る冬の博麗神社。
 一度地震により倒壊した神社であったが、今はすっかり元の姿を取り戻している。
 冬天被白雪覆盖着的博丽神社。
 虽然神社一度因为地震而倒塌,但是现在已经基本恢复原貌了。
 そんなある日、博麗神社の巫女、博麗霊夢を驚かす出来事が起こった。
 それは博麗神社の近所に突然の立ち上る白い柱、間欠泉である。
 有一天,突然发生了一件令博丽神社的巫女,博丽灵梦,大吃一惊的事。
 在博丽神社的附近,突然冒出了一股冲天的白柱,间歇泉。
 普段なら何か出来事が起こると彼女は解決に向かうのだが、その出来事は彼女を驚かすと同時に喜ばす物だったのだ。
 間欠泉は雪を溶かし、周りには人間、妖怪問わず体の疲れを癒す温泉が湧く筈だった。
 虽然平时碰上什么突发事件她都会去解决,但是这次的事却让她在惊奇之余更有一种惊喜。
 因为她觉得间歇泉一定会融化冰雪,并且喷涌出能缓解人类和妖怪疲劳的温泉。
  魔理沙「……間欠泉って近寄って危なくないのか?」   魔理沙「……靠近间歇泉的话不会很危险吗?」
  霊夢 「神社にお客を呼べるチャンスなんだから、お客が多少危険でも良いのよ。
      温泉が湧けば里の人間だって参拝に来るに違いない」
  灵梦「毕竟是个招揽神社生意的好机会,就算来客会遇上点危险也没关系的。
     如果冒出温泉来的话村子里的人绝对回来参拜的。」
  魔理沙「温泉目当てだけどな」   魔理沙「我看就算有人来也只是冲着温泉而已」
 しかし、霊夢の希望的観測は外れた。
 間欠泉から湧いている物は温泉水だけでは無かったのだ。
 不过,事实却与灵梦所期望的有点不同。
 因为从间歇泉里喷涌出来不仅仅是温泉水而已。
 次々とわき出る異形の者達。地霊――地底に住む者達であった。  接二连三地跑出来的还有异样的东西。地灵——居住在地底的妖怪们。
 慌てた彼女達は間欠泉をどうするべきか悩んだ結果、温泉を取る事にした。
 事実、地霊達は大人しかった。地霊といっても、主に地縛霊が変化した物である。
 妖怪や幽霊が跋扈する幻想郷、今更、地霊達が出てきたところで大した影響は無いと考えたのだ。
 因为这个突发情况,灵梦她们也为如何处理这个间歇泉而烦恼着,最终她们决定还是把它当作温泉来对待。
 而事实上,那些地灵确实都比较老实。虽说是地灵,但主要都是地缚灵变化而来的。
 灵梦认为,对于妖怪啊幽灵啊一直横行的幻想乡,就算现在多跑出来这些地灵也不会造成多大的影响。
 しかし、その巫女の判断は妖怪達の不満を買った。
 地霊の出現には霊夢達は知るよしもない秘密があったのだ。
 不过,巫女的判断却招来了妖怪们的不满。
 因为地灵的背后有着灵梦她们所不知道的秘密。
----
 ――紅魔館
 紅魔館に住む魔法使い、パチュリー·ノーレッジは地下の妖怪や地霊達が表に出てくる事に危険を感じていた。
 彼女は、地上の妖怪には手に負えない力が眠っている事を本を通じて識っていた。
 妖怪が容易に地底の街へ立ち入ってはいけない事も識っていた。
 ——红魔馆
 住在红魔馆里的魔法使,帕秋莉·诺蕾姬察觉到了地下的妖怪和地灵涌现到地面上来这件事的危机。
 她曾经在书里看到过,地下沉睡着不输于地上的妖怪的强大力量。
 也知道地上的妖怪是不能轻易地去到地底之城的。
 しかし、彼女には周りに相談できる人物も殆どいない。
 なかなか霊夢達が動かない事に業を煮やし、嫌々だが幻想郷でも最も古くからいるとされる妖怪に相談をする事にした。
 但是,她的身边却没有什么能商讨这个问题的人。
 灵梦迟迟不行动让她心急如焚,于是她只好很不情愿地去找幻想乡中最古老的妖怪商量了。
 古い妖怪――八雲紫(やくもゆかり)は妖怪が地底界へ干渉する事は控えたいとしていた。  古老的妖怪——八云紫觉得地上的妖怪对于地底界的干涉应当尽量避免。
  紫  『地底界には別の<仕組み>があるのだから、余り派手に動いてはいけない』   紫  『地底界属于别的<组织>在管理着,所以我们不能采取太明目张胆的行动』
  パチェ『人間達が動かないしこのままでは後手になってしまうけど、それでも良いのかしら』   帕琪 『如果人类再不采取行动的话那么就会被地底的家伙们占领先机啊,即使这样也没关系吗』
  紫  『そうねぇ……しょうがないわ、貴方達に<また>勝手に動かれたら面倒だしね』   紫  『说的也是……而且如果继续放任不管的话你们<又>采取什么鲁莽的行动那也不太好呢』
  パチェ『またって何の話なのか……それは置いておいて、取り敢えず貴方が動いてくれる?
      地底の事知ってそうだし』
  帕琪 『又是指的什么……算了这个先不提,你打算行动了?
      好像你对地底的事也比较了解』
  紫  『いいえ、私達は動きません。地底に潜るのは人間だけです。
      これは私達をおびき寄せる罠……かも知れないですから』
  紫  『不,我们不必行动。潜入地底的只有人类。
      因为……这次的事件可能是想要引诱我们出动的陷阱』
 紫はそう言って霊夢達を送り出す事だけは約束し、妖怪は地上からサポート役にまわる様にした。  紫只答应了把灵梦她们送往地下,而妖怪们则在地上担任援助的工作。
----
 ——封印された妖怪達は、激しい間欠泉と共に目覚めた。
   大地の記憶が次々と具現化し、まもなく幻想郷は古い歴史の時代へ逆戻りするだろう。
 ——被封印的妖怪们,随着强烈的间歇泉的喷涌而觉醒了。
   大地的记忆一个接着一个地具体化,再过不多久幻想乡就会转回到古老历史的时代了吧。
   地底の妖怪達は忌み嫌われた能力を持っていたが為に地底に落とされたのだ。
   その妖怪達が出てくる事は、人間にとっても妖怪にとっても望ましい事ではなかった。
   地底的妖怪们因为有着可怕的能力所以才会被囚禁在地底。
   这些妖怪重返地面,不管对人类还是妖怪来说都是不希望看到的事。
   ゆっくりと光る雪。
   美しき色に囲まれた御殿。
   静静地闪耀着光亮的雪。
   被美丽的色彩包围着的宫殿。
   彼女はそこにいた。    她,就在那里。
 序章   灵梦和紫剧本
 灵梦和萃香剧本
 灵梦和文剧本
 魔理沙和爱丽丝剧本
 魔理沙和帕秋莉剧本
 魔理沙和荷取剧本
>