• 歡迎光臨中文版東方維基
  • 您目前還未登錄,請點此登錄後進行編輯。
    如果您還沒有在東方維基註冊,請點此註冊
  • 如果您想要註冊賬號,請聯絡KyoriAsh或前往Discord頻道以取得新賬號

東方香霖堂/第7話

出自 东方维基
跳至導覽 跳至搜尋
第39-43頁
< 第6話   東方香霖堂   第8話 >
Curiosities of lotus asia 07 01.jpg
Curiosities of lotus asia 07 02.jpg
魔理沙のミニ八卦炉を緋々色金で修繕する代わりに霖之助が示した条件とは、なかばゴミのような鉄屑を彼に譲ることだった。彼は、かねてよりそれが気になっていたのだが――。 霖之助答應了魔理沙用緋色金屬修復她的迷你八卦爐,不過他相應提出的條件……是讓她把那堆已經近乎於垃圾的廢鐵塊讓給自己。其實他事前就已經對那堆鐵塊抱有興趣了……
第四話「霧雨の火炉」、その後編! 第四話「霧雨的火爐」,後篇!
霖雨の火炉 後編 霖雨的火爐 後篇
「魔理沙は確か……、ちょっと前にゴミのような鉄くずを集めていたよな。何に使うのかわからんが。」 「雖然我不知道你要拿它幹什麼,不過我記得魔理沙你……從很久以前就一直收集着類似垃圾一樣的廢鐵吧。」
「宝物のような鉄くずだぜ。」 「是類似寶貝一樣的廢鐵啦。」
「どうせ、いつものようにただ集めただけだろう? そこで今回の仕事の条件は、その鉄くずの山と交換だ。どうだ? 邪魔な物も捨てられて良すぎる条件じゃないか?」 「反正你也是同往常一樣,僅僅是在收集對吧?那麼我這次工作的條件就是:和那堆廢鐵塊山進行交換,如何?你也能扔掉礙事的東西了,這不是再好不過的條件麼?」
「宝物だって言ってるだろう? でもまぁ、そのくらいの価値はあるんだな。『ひひいろかね』は。」 「我不是說了嗎?那是寶貝。不過啊,想想『緋色金屬』也差不多值那個價錢了吧。」
「もともと、その鉄くずには大した価値はないだろうが、これはサービスみたいなもんだ。何しろそのミニ八卦炉はだな……。」 「本來你那堆廢鐵就值不了什麼大價錢吧,我這就跟白干差不多啊,不管怎麼說那迷你八卦爐它是……」
「おっと、蘊蓄はいらないぜ。」 「好啦,我不想聽你那什麼高深的學問啦。」
  魔理沙の性格はわかっている。小さい時からずっと見てきたからな。こいつは物が捨てられない奴なんだ。集めた物は整頓も行われずただ膨れていくばかりで……、あれでは物の価値を平坦化させるだけである。今回の条件も散々渋るだろうが、内心では即決しているはずだ。整理できるチャンスでもあり、ミニ八卦炉自体もなければ生活できないらしいからな。   魔理沙的性格我清楚,畢竟是從小看着她長大的啊,這傢伙是絕對不會丟棄東西的,而是把收集來的東西整都不整理一下地就放任它們慢慢膨脹下去……那樣只能是讓物品的價值趨於平淡化。對於我這次的條件她雖然會鬧點彆扭,不過內心還是應該會立即作出決定的。畢竟這是一次整頓的機會,而且她沒有這個迷你八卦爐也生活不下去呀。
「私があの鉄くず集めるのに、どれだけ苦労したか知らないだろ?」 「你是不知道我為了收集那些廢鐵受了多少苦吧?」
「持っているだけじゃ、その苦労を無駄にするようなものだよ。」 「你要是光把着那些廢鐵,你受的苦也跟白費差不多啊。」
「集めることが目的なんだよ。使うことは考えてないぜ。」 「我的目的就是收集,沒想過怎麼去用它們啦。」
「じゃぁ、目的はもう達成済みじゃないか。その鉄くずは僕が有効に成仏させてやるよ。」 「那,你的目的不已經達成了麼?那堆廢鐵我會讓它們有效地成佛的。」
「何か怪しいな。ひひいろかねは稀少じゃなかったのか?」 「總覺得哪兒有點不對勁兒啊。緋色金屬不是很稀少的嗎?」
「君には頭が上がらない理由もある。この程度の条件で手を打っておかないと、後が怖いじゃないか。」 「那是因為我不得不讓着點你。要是這點條件你都同意不了,那以後的事對我來講可就太恐怖了。」
「遠慮なんか、しなくてもいいんだがな。」 「你不用……那麼讓着我啦。」
 
  「修復には4日かかる」と言うと、魔理沙は「それまでこの本でも読むぜ」と言って売り物の本を持って帰っていった。うちは図書館ではないんだがな。   聽我說「修復這個要花4天時間」,魔理沙說着「那我就拿本書看到那個時候再說」,就拿了本我要賣的書回去了。我這裡又不是圖書館。
  さて、これは久々の大仕事である。最近は滅多に仕事もないし客も来ないので、このままでは自分の“能力”も腐ってしまう。そう、“未知のアイテムの名称と用途がわかる程度の能力”だ。普通の道具屋ではこの能力は活かせないかと思って、珍品も扱う店を開いたのだが……、珍品は奇人を集めただけだった。それにこの能力、ちょっと問題があって……、実は名称と用途がわかっても使用方法がわからないのだ。まぁ、道具なんて用途さえわかれば何とかなるもんだが。   嗯,這可是久違了的大工程。最近幾乎都沒有活干也沒有客人來,這麼下去我的「能力」可就該廢掉了。不錯,我的能力是「知道未知物品的名稱及用途」,我覺得經營普通的道具屋不能發揮我這能力,就開了家經營珍品的店,可……珍品就只是招來了些奇特的人而已。而且這個能力,也稍微有點問題……就是,就算實際知道了名稱和用途也不明白該怎麼去用。算啦,反正道具這種東西,只要知道了用途就能湊合着用啦。
  茸汁の妖しく良い匂いが漂っている。食事の準備をしながらミニ八卦炉のことを考えていた。このミニ八卦炉はただの八卦炉ではなく、いろいろな効果が出るよう改良してある。炉の一角から風が吹き、夏には涼むこともできる。持ってるだけで魔除けや開運の効果もある(と思う)。何しろ外の世界のそういう“用途”のアイテムを溶かして混ぜてあるのだ。これらは僕のサービス(趣味)である。……さぁ、食事が終わったら早速取り掛かるとするか。   蘑菇湯飄來陣陣誘人的香氣,我一邊準備着吃飯一邊考慮着迷你八卦爐的事情。這迷你八卦爐可不是一般的八卦爐,我為了它能發揮出多種效果而對它進行過改良。只要從爐子的一角有風吹過,就是在夏天都能變得很涼快,而且只要帶着它就能有除魔或開運的效果(我認為)。畢竟我是把外面世界裡有這方面「用途」的東西熔在裡面了的,這也算是我的無償服務(興趣)了。……那麼,吃了飯之後就快些着手干吧。
 
  それから3日たった。今日は晴れだ。灯りを消して本を読むに限る、とはこういう日のことである。   自那之後過了3天。今天是晴天,我說「肯定是要關了燈讀書」就是指這樣的日子。
  カランカラン。   叮噹叮噹
「香霖、できたか?」 「香霖,修好了嗎?」
「魔理沙か、ああ、できてるよ。」 「魔理沙呀?啊啊,修好了啊。」
  魔理沙が鉄くずを抱えてやってきた。しかも4日かかると言ったのに3日で来た。まぁそれもいつものことだ。だから僕はいつも1日多く言う。   魔理沙抱着廢鐵堆來了,而且我說了要花4天她卻3天就來了。不過那也是很平常的事,所以我才總是多說1天。
「おお、悪いね。これはここに置くよ。もしできてなかったらまた持ち帰るところだったぜ。」 「哦哦,真不好意思吶。這些我就放這兒啦,要是還沒修好的話我就又得搬回去耶。」
「1日早く来て理不尽な文句を言うなよ。それに、また持ち帰る理由もわからんな。」 「早來了1天就別說些不講理的話啦。而且我也找不到你還得搬回去的理由啊。」
「完成品と交換という約束だからな。」 「說好了要和完成品交換的喲。」
「まぁいい、これが緋々色金のミニ八卦炉だよ。多分世界に一つしかない。」 「好啦好啦,這就是緋色金屬的迷你八卦爐啦,也許世上僅此一件。」
  魔理沙は、これがひひいろかねか、と興奮している。落ち着きなく嬉しそうにしながら、珍しくすぐに帰っていった。   「這就是緋色金屬啊?」魔理沙興奮起來,而且歡天喜地地少見地馬上就回去了。
 
  ――数日後。魔理沙はまだ上機嫌が続いていた。   ——數日後。魔理沙仍舊保持着極好的情緒。
「何か目覚めが良い。空気がうまいぜ。」と喜んでくれる。 「今天睡得好醒得也好,空氣真新鮮耶。」她高興地說道。
  いやなに、これだけ喜んでくれれば貴重な緋々色金を使った甲斐があったというもの。わざわざ交換条件にしなくても良かったかもと思った。   哎呀沒什麼啦,你能那麼高興我用點貴重的緋色金屬也算值得了。我都覺得也許別特地提什麼交換條件就好了。
  実は今回、魔理沙には内緒で“空気を綺麗にするというアイテム”を溶かして混ぜたのである。そのアイテムは、マイナスイオンとかいう謎の呪文が書いてあったりと、どうやって使用するのかわからなかったが、かろうじて機能しているようである。アイテムなんてものは名称と用途さえわかれば、後はどうとでもなるものなのだ。   其實這次,我背着魔理沙把一種可以「把空氣變潔淨的道具」一起熔了進去,那道具上面寫着什麼マイナスイオン[1]之類讓人看不懂的咒語,我也不知道怎麼用,費盡了心思才讓它發揮了機能。道具這類東西只要知道了名稱和用途,以後想怎麼使就無所謂了。
「香霖。本当に良いのか? こんな効果もあるなんて、これ、かなり稀少な金属なんじゃ……。」 「香霖,你為我這麼幹真的好嗎?沒想到還有這樣的效果,這不是相當稀少的金屬嗎……」
「緋々色金は稀少だけど、君の言うような効果はないよ。金属なんて溜め込んだって、何かの道具にしなけりゃただの鉄くずさ。君にはそのことがわからないようだね。」 「緋色金屬雖然的確是稀少,不過可沒有像你說的那種效果喲。金屬要是只把它堆積起來而不做成什麼道具的話也就是一堆廢鐵而已啦,你看來是不明白這道理啊。」
「どうせ私は集めることだけが目的だ。使えるかどうかなんてのは二の次だよ。」 「反正我的目的僅在於收集,能不能用上是次要的問題啦。」
「使えるかどうか、じゃない。肝心なのは使うかどうかだよ。」 「不是能不能用上,更重要的是看你用不用了。」
「じゃあ、私が持ってきたその鉄くずは使うのか? 放置してあるけど。」 「那,我抱來的那堆廢鐵你用嗎?我看你還放着呢。」
 
  僕が魔理沙に頭が上がらない理由。それはいつも、蒐集癖のある魔理沙が集めるゴミを“不当に安い条件”で僕が手に入れているからに過ぎない。どうせ魔理沙には細かい材質の違いなどわからないからな。この鉄くずだって、本来交換条件など成立するような代物ではないのだ。   我得讓着魔理沙點的理由,那就是我經常以「不當而且又低廉的價格為條件」從有收集癖的魔理沙手中得到她收集來的垃圾,不過如此而已,反正魔理沙也不懂得材質方面上的細微差異。而這堆廢鐵的價值,作為這次的交換條件本來就是用掉的緋色金屬所不能比擬的。
  ただ魔理沙が成長していく度に、いつかバレるんじゃないかと不安に思っていたのだが……。魔理沙は何にも変わらない。いまだ集めるだけだ。これだけ変わらない人間も珍しいと思う。   我只是有點擔心,隨着魔理沙慢慢長大,是不是哪天終將會讓她明白過來……不過魔理沙她什麼都沒變,現在還只是在收集,能有這樣一成不變的人類我也覺得很希奇。
「何だよ、人の顔見て。使うのか? 使わないのか?」 「幹嗎呀,盯着人家的臉看。你是用,還是不用?」
「そうだな。記念に使わないで取っておいてやろうかな。」 「也對啊。就當是紀念,我就好好地保管起來吧。」
「さっきと言ってること違うぜ。」 「和你剛才說的可不一樣啊。」
 
  鉄くずの中から一振りの古びた剣を取り出した。魔理沙が緋々色金を知っていた訳がない。なぜなら、この剣は緋々色金でできているのだ。魔理沙はずっと昔から緋々色金で出来た剣を持っていたのだ。   我從廢鐵堆中抽出了一柄古舊的劍。魔理沙不可能了解緋色金屬,因為,這把劍就是用緋色金屬鑄造而成的。魔理沙可是很久以前一直拿着這把用緋色金屬鑄成的劍的。
  この剣、名前は「草薙の剣」という。恐ろしく稀少な品だ。何しろ、外の世界を変えてしまう程の品である。魔理沙は気が付かないうちに大変なものを手に入れていたのだ。そこで魔理沙に持たせていたらどうなるのかわからないから、僕が預かっておくことにしたという訳だ。我ながら正しい判断だと思う。   這把劍,名字是「草薙之劍」,是極度之珍奇的物品。因為擁有了它,甚至可能改變外面的世界。魔理沙在不經意間得到了件非常厲害而危險的東西,而且如果繼續讓魔理沙拿着的話還不知道會發生點什麼事出來,我就替她保管一下吧。我想我這還算是正確的判斷。
「どうした? さっきからそんな汚い剣を持ってニヤついて。気持ち悪いな。」 「怎麼啦?從剛才就拿着把髒兮兮的劍咧着嘴笑,真讓人不舒服啊。」
「あ、ああ。この剣は良いな、と思って。」 「啊,啊啊。我是想,這劍真不錯啊。」
「そんなボロい剣じゃ、大したもん斬れないだろ。」 「就那把破劍,也砍不了什麼東西吧?」
「この剣、名前がなきゃ駄目だなぁ。君の宝物のくずだったし、『霧雨の剣』にしておこうか。」 「這劍,沒個名字可不行啊,它又是你那寶貝堆里的東西,就叫它『霧雨之劍』吧。」
「なんだ? 嫌味か?」 「怎嗎?拿我開涮嗎?」
「良い物だと言っている。」 「我是說這是好東西。」
「そろそろ香霖の名前がわかる能力が鈍ってきたか。まぁ、良いけどな。ただ、私に遠慮しなくても良いぜ、香霖の剣とかでも良いんじゃないのか? 私はもう実家には戻らないぜ。」 「我看香霖你那知道物品名字的能力也差不多快銹掉了吧。嗨,算啦,就是,你不用跟我客氣,你叫它香霖之劍什麼的不也挺好嗎?我可不會再回我那家裡去了啦。」
「遠慮なんか……、してないさ。」 「我可……沒跟你客氣啦。」
  魔理沙を騙してばっかじゃ後が怖いから、予防線を張ってるだけである。魔理沙が成長して騙していたことがばれたとしても、返せと言われないようにするためだ。他にも命が短い方の名前を使わないと意味がない、というのもあるが……。   如果一味地去騙魔理沙的話以後會非常恐怖的,我這只是在拉警戒線而已,為的是就算魔理沙長大了,知道我一直在騙她,也讓她說不出要我償還的話來。另外,如果不用命短一點的人的名字給東西命名的話就沒什麼意義了,雖說我也有這種考慮在裡面……
  ただ、香霖堂にまた一つ非売品が増えてしまった。店内が非売品だらけになってしまったら、魔理沙の蒐集癖のことを強く言えなくなってしまうだろう。僕も集めることだけが目的になってしまう……、それだけが心配だ。   不過,香霖堂里又多了一樣非賣品,要是店裡面的東西全都變成了非賣品的話,我也就該沒什麼底氣諷刺魔理沙的收集癖了吧。我也快只把收集當目的了……僅這一點實在讓人擔心。
第五話につづく 第五話待續

註解[編輯]

  1. 「Minus Ion」,氧負離子。
< 第6話   東方香霖堂   第8話 >