• 欢迎光临中文版东方维基
  • 您目前还未登录,请点此登录后进行编辑。
    如果您还没有在东方维基注册,请点此注册
  • 如果您想要注册账号,请联络KyoriAsh或前往Discord频道以取得新账号

“东方香霖堂/第25话”的版本间的差异

来自东方维基
跳到导航 跳到搜索
(interwikis)
 
第386行: 第386行:
 
[[分类:东方香霖堂]]
 
[[分类:东方香霖堂]]
 
[[en:Curiosities of Lotus Asia/Chapter 26]]
 
[[en:Curiosities of Lotus Asia/Chapter 26]]
 +
[[es:Curiosities of Lotus Asia/Capítulo 26]]
 +
[[fr:Curiosities of Lotus Asia/Chapitre 26]]
 +
[[pl:Curiosities of Lotus Asia/Rozdział 26]]
 +
[[ru:Curiosities of Lotus Asia/Глава 26]]

2022年9月19日 (一) 22:35的最新版本

第191-197页
< 第24话   东方香霖堂   第26话 >
088.jpg
089.jpg
090.jpg
091.jpg
幻想郷に多大なる影響を及ぼす、八雲紫。千年以上前に人間界との境界を創り出し、巫女たちを幻想郷に封じ込めているとまで言われる彼女だが、その力の源が名前に隠されていたことが明らかに…!?
幻想郷を操る妖怪 八雲の名前に隠された秘密とは…!?
八雲立つ夜
  入道が乗っているといわれる夏の雲がひとしきり雨を降らせたと思うと、昼間の暑さを奪って何処かへ行ってしまった。雨露に濡れた月の光が窓から差し込んでいる。   据说坐有入道的夏季的云彩刚刚下了一阵雨,便夺走了午间的暑气然后不知跑哪里去了。只有被雨露淋湿的月光从窗间洒漏进来。
  霊夢と魔理沙の二人は昼から店内にいたのだが、突然の夕立の所為で帰る事が出来ずに今夜は店で夕食を取る事になった。   灵梦和魔理沙两人自中午就在店里了,不过因为傍晚的骤雨而不能回去,于是决定一起吃晚餐了。
「最近、紫の様子がおかしいのよ。もぐもぐ」 “最近,紫的样子有些奇怪呢。吧唧吧唧”
「あいつの様子がおかしいのは今に始まった事ではないぜ。もぐもぐ」 “那家伙奇怪又不是刚刚才开始的。吧唧吧唧”
「二人とも、口に物を入れている時ぐらい喋るのを止めたらどうかね」 “你们两个,吃东西的时候就不要说话不好么”
  今日は一人で食事をするつもりだったから夕食は質素な物だった。そもそも僕は余り食事を取らないのである。夕食と言っても精々、お新香をつまみにお酒を呑む程度である。そもそも人妖である僕には、食事は愉しむ為にするだけであり生命維持の為に行うのではないのである。お酒が美味しく呑めれば、それで十分なのだ。   今天原本打算一个人吃饭的,所以饭菜很朴素。本来我就是不怎么吃饭的。说是晚餐,也不过是就着咸菜喝些酒罢了。原本作为人妖的我,进餐不过是种乐趣而不是为了什么维持生命。只要能喝美味的酒,这就足够了。
  だが霊夢と魔理沙の二人はそういう訳には行かず、何か食べ続けないと力尽きいつか倒れてしまうだろう。幸い酒の肴は塩分が高い物が多くご飯にも合う。お米と塩分さえあれば暫くは元気が出せるであろう。   不过灵梦和魔理沙这样可不行,不持续吃点什么的话就会力尽而晕倒。幸好下酒菜通常盐分都比较高并跟米饭很搭配。有了米和盐分的话应该能维持一段精力。
「紫の様子がおかしいって、あの妖怪、八雲紫の事かい?」 “紫的样子很奇怪,是说那个,叫八云紫的妖怪吗?”
  僕はあの妖怪が苦手だ。外の世界の物を扱ううちとしては、外の世界と幻想郷を別けている彼女にお世話になっているのだが、近くに居られると常に何か見透かされている気がして落ち着かない。   那位妖怪对我而言很棘手。虽说作为经营外面世界的物品的我来说,时常受将外面世界与幻想乡分开的她的照顾,但在身边总会觉得被看透了什么似的令人不安。
「最近、紫が私に稽古を付けたりして、何かおかしいのよね」 “最近,紫在教我练功什么的,总觉得怪怪的”
「霊夢に稽古? ……妖怪が? 変だね、妖怪が妖怪退治の専門家に稽古を付けさせるなんて……。それは確実に何か企んでいるっぽいな。それで霊夢は何か対策を取っているのかい?」 “妖怪……教灵梦练功?真奇怪,妖怪竟然会教惩治妖怪的专家练功……绝对在谋划着什么似的。那么灵梦采取了什么对策没有?”
「だから紫が何を企んでいても大丈夫なように、しっかりと稽古する事にしたの」 “所以为了不论紫在谋划着什么都不要紧,我决定要好好修练了”
「まぁそれしかないと言えば、それしかないけど……」 “如果说只有这个办法,倒也确实……”
  それはどのみち、紫の言う通りに動く事になっている。   这样的话怎么选择,都相当于听命于紫。
  幻想郷が幻想郷たる所以は、八雲紫の境界を操る力があるからである。彼女がその力を持って外の世界と幻想郷を別けているのだ。幻想郷で彼女に逆らえる妖怪は殆ど居ない。人間の力が及ばないのは言うまでもないだろう。   幻想乡之所以是幻想乡,是由于紫有着操作境界的能力。她用这个能力将外面世界与幻想乡隔离开来。所以在幻想乡几乎没有可以违抗她的妖怪。人类的力量就更是远不及了。
「……八雲、紫か。自ら『八雲』って名乗るぐらいだから、どうあがいても『巫女は彼女の言いなりになる』しかないだろうね」 “……八云、紫么。都自称‘八云’了,就算怎样挣扎,估计‘巫女也只能唯命是从’了”
 
  食事を終えたので月を眺めながらお酒を呑む事にした。昼の暑さを夕立が全て流し、お陰で涼しい夏の夜となった。お月見には最適な夜であるのだが既に霊夢と魔理沙の二人は入り口前の特等席に陣取っていたので、僕は後ろで立って呑む事にした。   吃过晚饭后决定边眺望月亮边品酒。多亏骤雨把午间的暑气走带走了,才有了一个凉爽的夏夜。本来是一个最佳的赏月之夜,结果门口前的特等席已经被灵梦和魔理沙占据了,我便只好站在后面品酒了。
「あーそういえば神社に洗濯物干しっぱなしだったわ。さっきの夕立大丈夫かなぁ」 “啊—说来洗过的衣服还晾在神社呢。下过骤雨了不要紧吧”
「いやまあ、大丈夫な訳が無いぜ。店から出られないくらいの雨だったんだからな」 “怎么说呢,不要紧是不可能的。那可是没法出门的大雨呀”
「そうねぇ、もう一度洗わないとね。ところで霖之助さん、さっきの話の続きなんだけど……何で『私が紫の言いなりになるしかない』の?」 “说的也是,看来又得洗一遍了。话说回来霖之助先生,刚才的话题……为什么‘我对紫只能唯命是从’呢?”
「ああ、だって八雲紫って名前が全てを表しているだろう?」 “哦哦,因为八云紫这个名字就表示着一切啊?”
  僕は物を見ただけで名前が判る能力を持っている。その事もあってか名前に関してはちょっとうるさい。   我拥有看见物体就知道其名字的能力,所以关于名字方面的事颇为通晓。
  物に付けられた名前には大きく分けて二種類ある。それは『物の性質を表す名前』と『物の性質を決定付ける名前』である。前者は物の色や形等の見た目や、他の物とは異なる特徴、道具の場合等は用途で命名した物である。道具や動植物、自然物等は殆どこのパターンである。   物体的名字大体上分为两种。那就是“表现物体性质的名字”和“决定物体性质的名字”。前者的话是用物体的色泽或是形状外观,跟其他物体不同的特征,道具的话是用用途等来命名的。道具或动植物、自然物等一般都遵循这个原则。
  後者はまだ性質が定まっていない物や、ただ単に他と区別したいとき等に名付ける物である。人名や妖怪の個人名や、商品名などはこちらである。この場合は最も命名の力が大きく働く。だから人間の性格等は名前で大きく変わってくる為、名付けの親は様々な意味を持たせるのが普通である。決して口に出した時の語感だけでは命名しないものだ。   后者的话一般是给性质还没有确定的物体或者只是单单想要区分于其他物体的物体起名时用的。人名和妖怪的个体名,以及商品名等都属于这一类。这个时候命名的力量会起很大作用。由于人们的性格会因名字而相差很多,所以父母命名时一般都会把各种意义包含在名字里。绝对不会只用脱口时的感觉来命名。
「八雲紫の『紫』は虹の最も外側の色だ。虹というのは雄の龍と雌の龍の通り道として二つの輪っかがセットで現れるんだが、お互いの外側の色が紫なんだ」 “八云紫的‘紫’是彩虹的最外侧的颜色。彩虹是雄龙与雌龙经过的道路以两个环为一组出现的,各自的外侧都是紫色”
「確かに、虹って良く見ると二つ見える時あるけど……色の並びは覚えていないわ」 “的确,仔细看的话有时会发现彩虹有两环……但颜色的排列记不得了”
  虹が現れる時は、良く見ると比較的はっきり見える内側の虹と、その外側に薄い虹の二つが掛かっている事が多い。それぞれの虹の色の並び方は異なっている事は余り知られていない。   彩虹出现时,大多仔细看的话会发现比较清晰的内侧的虹和淡淡的外侧的虹。而两个虹的颜色排列是不同的,这一点鲜为人知。
  内側の虹は下から順に紫、藍、青、緑、黄、橙、赤の順に並んでいる。つまり、二つの虹を (まと) めて見ると下から順に見て紫から赤になり、赤からまた紫に戻る形になっているのだ。虹と空の境界は必ず紫色なのである。   内侧的虹自下而上分别为紫、蓝、青、绿、黄、橙、赤。外侧的虹则自下开始以赤至紫的逆顺序排列。也就是说,如果把两个虹合在一起看的话,便是自下开始由紫转红,再由红转为紫这种样子。虹与天空的境界必是紫色。
「それだけでも自分の名前が境界を暗示しているだろう? それともう一つ、『八雲』の方だが……言葉の意味だけ取ると八雲とは『幾重にも重なった雲の事』である」 “光是这样不就已经表明着自己的名字暗示着境界吗?还有一点,‘八云’的话……只取言词的意思是‘重重叠起的云’”
「言葉の意味だけってどういう意味?」 “只取言词的意思是什么意思?”
「と言うのも、八雲という言葉は単体で使われる事は少ないんだ。八雲とは神々の地の出雲に掛かる言葉である事が多いんだ。彼女の場合は恐らく『八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を』の八雲を取っていると予想できる」 “虽然这样说,八云这个词很少单独使用。八云大多和作为神明之胜地的出云国挂在一起使用。她的话我估计是取‘八云涌立兮 出云清地八重垣 欲笼妻于此 遂造出云八重垣 在此八重垣之中’中的八云”
  八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を   八云涌立兮 出云清地八重垣 欲笼妻于此 遂造出云八重垣 在此八重垣之中
「何よその呪文」 “这咒文是什么”
「これは素戔嗚尊 (すさのおのみこと) が詠んだ和歌だよ。何とこれが日本で最初に詠まれた和歌だと言うのが驚きだろう?」 “这可是素戋鸣尊吟唱的和歌。这首和歌居然传说是在日本最早被咏唱的和歌,很惊奇吧?”
「へぇ。素戔嗚尊って荒々しいイメージだったけど歌を詠んだりしてたのねぇ。それでどういう意味の歌なの?」 “这样呐。素戋鸣尊的形象历来粗暴原来也会吟和歌啥的呀。那么这首诗是什么意思呢?”
「内容はもの凄くシンプルで『幾重にも美しい雲が重なる出雲の国に、我が妻である奇稲田姫 (クシナダヒメ) を隠れ住ます為に八重垣(幾重にも重なった厳重な垣根)の家を造ったぞ』って感じの物だ」 “内容非常的简单,大概就是‘在重重叠起的美丽的云彩所重重围绕的出云之国中,为了让我的妻子奇稻田姬隐居,我造了有重重栅栏围着的家哦’这种感觉”
「……えーっと、家を造ったってだけ? 歌としてはどうなのかしら」 “……那个,只是造了一个家吗?作为和歌的话不妥当吧”
「まあ初めての和歌だからね。八重垣を繰り返して言う所なんか、家を作った事で浮かれている感じが歌に表れていて良いじゃないか」 “反正是最初的和歌嘛。重复吟唱八云垣那里,把造了家那种快乐很好地表现了出来,不是挺好吗”
「馬鹿っぽいとも言えるけどね」 “换句话说就是有点傻呢”
  巫女が神様に対して馬鹿っぽいと言うのも如何な物かと思うが……。   巫女说神明傻也是不妥当的吧……
「結論を言うと八雲紫という名前は、境界を意味する下の名前と併せて『神様を閉じこめる堅固な囲い』を表しているんだ。神様を巫女に置き換えればまさに幻想郷の構図だね。紫は決して幻想郷から巫女を逃がそうとはしない」 “从结论来讲,八云紫这个名字,跟表示境界意思的名合在一起即为『把神明关在里面的坚固的围墙』的意思。把神明换为巫女的话简直就是幻想乡的构图啊。紫绝对不会让巫女逃出幻想乡”
  霊夢は黙ってしまった。思い当たる節はいくらでもあるのだろう。   灵梦沉默了。应该是有很多关于这方面的回忆吧。
  このまま黙ってお酒を呑んでも美味しい事は美味しいが、それ以上の楽しみが無いので僕の方から新しい話題を振る事にした。   就这样沉默地喝酒说好喝倒也是好喝,但就没有什么额外的乐趣了,于是我决定谈点新话题。
「さっきの和歌だけど、口に出してみるともう一つの側面が見えてくるんだよ」 “说来刚才的和歌,实际咏出来的话,就会发现它的另一个侧面”
「八雲立つ……えーっと何だったか忘れたぜ」魔理沙がそう言ったので、僕はもう一度復唱した。 “八云涌立兮……哎——然后的就忘了”魔理沙这样说道,于是我又咏唱了一遍。
「『八重垣』が何度も出て来てリズム感があって詠んでて楽しいだろう? それに、その八重垣はすべて最初の八雲の『や』に掛かっているんだ」 “‘八重垣’出现了很多次所以有节奏感,咏起来很有趣吧?而且这些‘八重垣’都挂在最前面的‘ya’上”
「や、や、や……確かにやかましいくらいだけど。何でそんな事したのかしら?」 “ya、ya、ya……都显得很啰嗦了呢。不过为什么要这么做呢?”[
「勿論この事に意味がない訳がない。この『や』は八が持つ本来の意味を暗示しているんだよ」 “这当然不是没有意义的。这个‘ya’暗示着八所拥有的原本的意思”
「本当かしら? で、どういう意味なの?」 “真的吗?那么是什么意思呢?”
「それは天照大神から身を隠すのに最適な『夜』と言う意味だ」 “那就是最适于在天照大神前隐身的‘夜’的意思”
 
  風が冷たくなってきた。先ほどの夕立で湿った地面が乾き初め、それと同時に熱を奪われた空気が動き始めたのだろう。僕は燃料 (おさけ) を追加した。燃料は体を冷やしすぎないのと同時に、飛躍的過ぎる程の新しい発想力を生む。平常心では新しいアイデアは常識レベルを超えないからだ。   风变凉了。先前的骤雨打湿的地面开始干燥,同时被吸走了热气的空气开始流动了吧。我又添了点燃料 () 。燃料既使身体不至于过冷,又会诱发极具跳跃性的新的构思。只是平常心的新想法是逾越不了常识的限制的。
「実は八と言う数字は夜と密接な関係があるんだ。八も夜も『や』と読むだろう?」 “其实八这个数字与夜有着密切的联系。八和夜不是都读作‘ya’吗?”
「それだけだと、焼き肉も夜になるぜ。ま、普通は夜か。でもそれだけじゃあ偶然じゃないのか?」 “只是这样的话,烧肉也是夜呀。不过,一般是夜啊。仅仅如此的话只是偶然吧?”
「八と夜だけならそう思うのも仕方がないだろう。だが不思議な事に、他の国の言葉でも八と夜は殆ど一緒の読みなんだよ」 “只是八与夜的话这么想也难免。但不可思议的是,在其他国家的语言中八和夜的读法也是很相近的呢”
「そうなの? 流石に他の言葉はよく知らないけど」 “是吗?但其他国家的语言可不了解”
「英語の『エイト』と『ナイト』、ラテン語の『オクト』と『ノクト』、ドイツ語の『アハト』と『ナハト』……他にも世界の言語の多くが八と夜が似ているんだ。これでも偶然かい?」 “像英语的‘eight’和‘night’,拉丁语的‘octo’和‘noct’,德语的‘acht’和‘nacht’……之外世界还有许多语言中的八和夜都很相似。难道这些也都是偶然吗?”
「ふーん、外の世界の国の事はよく判らんがな。ま、どうして八と夜の言葉の読みが似ているんだ?」 “是么,外面世界的事情不是很了解。不过,为啥八和夜的读音会相似呢?”
「これには諸説あって、残念ながら正確な理由は誰も知らない」 “关于此有好几种说法,但可惜没有人知道正确的理由”
「何だよ、持ち出しておいて理由は判らないのかよ」 “什么嘛,自己打开话题结果还不知道理由吗”
「何しろ他の国の言語は語源に関しても調べる事が多すぎて単純じゃないんだ」 “对于他国的语言要调查太多关于语源的事情,可不是那么简单的啊”
  魔理沙は不満そうだったので、今度調べておくよ、とだけ答えておいた。   魔理沙看起来很不满的样子,于是我跟她说有机会会调查的。
「でも、日本に限って言えば理由は想像付く。日本では『八雲』、『八重垣』、『八百万の神』と、八とは単純に個数が八つと言う意味ではなく、数が非常に多いと言う事を示している事もあるのだが……その用途に使われる時は必ず『や』と言う読み方をする事に注目したい」 “不过,只限于日本的话理由倒是能想得到。‘八云’、‘八云垣’、‘八百万的神’,在日语中八并不仅是单纯地表示个数是八,也经常表示数量非常多的意思……希望你能够注意八在表示后者时的读法一定是‘ya’”
「坂の多いと言う意味の『八坂』、幾重にも花びらが重なった『八重桜』、多くの首を持つ『八岐大蛇』……。確かに、多いという意味の時んも読み方は『や』ね」 “表示坂非常多的‘八坂’,花瓣重重叠起的‘八重樱’,拥有多个头部的‘八岐大蛇’…… 的确,用于表现数量多的时候得读法都是‘ya’呢”
「これらの言葉は、漢字が当たられる前から存在していた古い言葉なんだ。今の日本語では、数が多い事を八とは言わないよね」 “这些词语,都是在对应汉字之前就存在的古老的言语。在当今的日本,要表示数量多的话可不会用八呀”
「八人前で大量に持ってこられても困るぜ」 “说要八人份结果端来一大堆也会困惑呀”
「結論から言うと、数が多い『や』に八の字を当てたのは、八が大きい数だったからに過ぎない」 “从结论说的话,把八填给数量多的‘ya’,只不过是因为八这个数比较大而已”
「八が大きい数? もっと大きい数なら幾らでもあるぜ?」 “八是大数?比八大的数不是有的是吗?”
「いや、一桁の数字で考えると九が最大だが、八も九に次いで大きな数字だ。でも九は久、つまり永久を意味し、昔から無限を表していた。漠然と多いと言う状態は有限だから、感覚的に無限よりは少ない事が判る。だから、九の一つ下の八の字を『や』に当てた、と言った感じじゃないかな」 “不不,只考虑一位的话九是最大的,八便是第二大的呀。不过九是久,也就意味着永远,自古就表示着无限。笼统地说很多都是指有限的,感觉上要比无限小一些。因此,把紧接着九的八填给了‘ya’,大概就是这样子吧”
「ふーん。元々八は『や』とは読まなかったと言うのね? それが夜と何の関係が?」 “这样么。也就是说,八原来是不读‘ya’的吗?但这和夜有什么关系呢?”
「八では夜が『や』だったんだよ。非常に多いと言う言葉に夜を当てたんだ」 “不是八,夜才原本是‘ya’的呀,把夜套在了表示非常多的这个词语上”
  それだけではない、日本の数字の呼び方にはもっと多くの秘密が隠されている。   不仅如此,日本的数字的读法还隐藏着许多秘密。
「何で非常に多いという言葉が夜なのかしら?」 “为什么非常多的这种意思的言语会是夜呢?”
「今夜みたいな、月の明かりだけが頼りの夜に空を眺めて見ればいい。何で夜が非常に多い、と言う言葉になったのか判ると思わないかい?」 “像今晚这样的,你望望这只能依靠月光的夜空吧。不觉得就能够理解为什么夜是表示非常多的了吗?”
 
  数刻前に夕立を降らせた雲の姿はもう何処にも見あたらなかった。その代わり、幻想郷の夜は無数の星で埋め尽くされていた。お酒を呑むのを忘れて星空を眺めた。空に流れる銀色の河は、全ての星の数を数え上げようとした無謀な挑戦者の野望を打ち砕くのに十分過ぎた。   几个时辰前降下骤雨的云彩已经不见踪影。此时,幻想乡的夜空被无数的星星所填满了。我忘记了喝酒而仰望着星空。在空中流过的银色的河流,对于打碎想要数遍所有星星的无谋的挑战者的野心,早已足够了。
  それとは対照的に昼の空に浮かぶ太陽は無二の存在であった。天照大神、つまり太陽が最高神として崇められる様になるのは当然の結果であろう。   与此相对,白天浮于天空的太阳却是独一无二的存在。天照大神,也就是太阳会被奉为最高神而受到崇拜,便是很自然的结果。
  夜には無数の星が浮かんでいた。まるで太陽から身を隠さなければいけない者達のか細い光の様だった。満点の夜空は、人間の存在が太陽に比べるとちっぽけな物だと言う事を感じさせられると同時に、太陽に負けた妖怪達の切なさも表しているようだった。   夜空浮有无数的星星。如同不得不在太阳面前把自己隐藏起来的生命所发散的微弱的光芒一样。满点的夜空,既让人们感受到自己的存在跟太阳相比是如何的渺小,同时,又好像表现着输给太阳的妖怪们的苦闷似的。
「何にしても、紫が何を企んでいても大丈夫な様に修行するしか無いのね」 “不管怎样,为了不论紫有什么企图时都能够应付,我只好认真修练了呐”
「ま、そういう事になるかな。霊夢にとっても稽古になって力が付くのなら良い事だし、それに……」 “嗯,的确是这样。对灵梦来说也是练功的机会,能够增加实力的话是好事啊,而且……”
  紫に敵う訳が無いのだから、逆らう理由も無いのだ。   也根本不可能敌得过紫,所以也没有违抗的理由。
「うん。取り敢えず神社に帰ったら、新しい修行のメニューでも考えるかな」 “嗯。等回到神社了,便先想想新的修行计划好了”
「その前に、夕立で悲しい事になっている筈の洗濯物を再度洗濯するのが先だぜ」 “在那之前,应该先把因为骤雨而悲惨了的晒洗的衣服再洗一遍才对”
「うう」 “呜呜”
「大体、夏に夕立なんて付き物だ。昼間晴れていようと、外に洗濯物を出したまま長時間家を離れるなんて不用心すぎるぜ」 “说来呀,骤雨可是夏天的附属物。无论白天怎样晴朗,在外晾着衣服而长时间地离开家可太不谨慎了”
「洗濯物は濡れてるんだから、雨で濡れても似たような物だし」 “要晒洗的衣服本来就是湿的,被雨淋了不也差不多”
「まあそうかもしれんけど」 “这倒也是”
「いやいや、そんな事ばかりしていると服が傷んでしまうよ。そうじゃなくても君たちの服は弾幕で寿命が短いんだから、洗濯ぐらいはちゃんとした方が良い。物を大切にしないといけないよ」 “不不,如果总这样的话对衣物可不好。就算不这样,本来你们的衣服因为弹幕而寿命就短,所以至少应该做好洗涤才对。物品可是要爱护的啊”
「はいはい。明日は乾くまで神社を離れないわよ。夏の日差しなら一眠りもすれば乾きそうなもんだしね」 “好吧好吧。明天等晾干之前我不会离开神社。夏日的光照的话估计小睡一会儿就干掉了”
「眠っていたら留守なのと変わらんがな」 “虽说睡着的话跟不在家是一样的呢”
 
  数字の一は『ひと(つ)』とも読める。一二三を『ひぃふぃみぃ』と数える様に、一は『ひ』である。それは言うまでもなく日、つまり太陽の事だった。日本の数字は、太陽に始まり『ふぅ(風)』『みぃ(水)』と空、大地と経て、夜まで繋がっている。日本の数字は九までで森羅万象を表しているのだ。   数字的一可以读作“hi to (tsu)”。一二三数作“hyi fwu myi”这样的,一即是“hi”。不必说便是指日,也就是太阳。日本的数字,自太阳起,接着“fwu(风)”“myi(水)”,经过天空、大地,直至夜晚。日本的数字到九为止就表现出森罗万象来了。
  数字一つとっても言葉とはこれだけ深い意味を持っている。だからという訳でもないが、名前に数字を含める事は深い意味を隠しやすく、強力な妖怪ほど数字を名前に含めたりするのだ。数字を、ただの個数を表すだけの言葉だと思ったら大間違いである。そう思って周りの物を見てみると良い。巧妙に隠された秘密が見えてくるかも知れない。   仅仅是一个数字,言语就包含着如此深的意义。因此尽管不是一定,但由于把数字放在名字中容易隐藏深刻的意义,所以强大的妖怪往往会拥有含有数字的名字。如果把数字,仅仅当作是用来表示个数的言语的话,可是大错特错的。你这样想着看看周围的物体,或许便会发现巧妙地隐藏着的秘密。
< 第24话   东方香霖堂   第26话 >