• 歡迎光臨中文版東方維基
  • 您目前還未登錄,請點此登錄後進行編輯。
    如果您還沒有在東方維基註冊,請點此註冊
  • 如果您想要註冊賬號,請聯絡KyoriAsh或前往Discord頻道以取得新賬號

東方求聞史紀/獨白

從 东方维基
跳至導覽 跳至搜尋
第151-155頁
< 危險區域指南:彼岸   東方求聞史紀   未解決資料:遺落於迷失竹林中的便箋 >
独白 獨白
  私が幻想郷縁起を編纂し始めたのは、一代目の阿一の時で十八歳位になった頃だから、もう千年以上前の話である。その当時は文字が読める事自体が一般的ではなく、初期の幻想郷縁起はすぐに読んで貰うと言うよりは後世に伝える為に記述した物だった。今の自分が読んでも当時の文字は読み辛く、これでは資料としての意味が殆ど無かった。   幻想鄉緣起的編集,從第一代阿一十八歲時算起,至今已千年以上。當時的文字一般並非用來閱讀,初期的幻想鄉緣起與其說是為了馬上閱讀,不如說是為了流傳給後代而記述下的書物。現在的我難以理解當時的文字,作為資料無法發揮其意義。
  それから、阿爾、阿未と転生を続け、この度めでたく九代目として生まれ変わる事が出来た。転生を行うと大抵の記憶は失われてしまうが、先祖に当たる阿礼が持っていた求聞持の能力、つまり見た物を忘れないと言う能力を受け継ぐことが出来る。勿論、阿求としての私もその能力を持っていて、本を編纂するのに役立てている。   之後阿爾、阿未轉生,很幸運我作為第九代出生。轉生後過去的記憶基本上都失去了,先祖阿禮擁有的求聞持能力,即過目不忘的能力,卻能繼承下來。當然我阿求也擁有此能力,在編集書物時大有用處。
  私は、阿一の生まれ変わり、さらに言えば阿礼の生まれ変わりである事は何となく理解しているが、残念ながら昔の幻想郷の記憶は鮮明ではない。それは私も普通の人と同じで、過去を知るには過去の資料を読むしか知る手段は無い。   我作為阿一,或者說是阿禮的轉生,總算能理解這回事。但過去幻想鄉的記憶卻難以鮮明。若想知道過去的歷史,也得和普通人一樣,通過翻閱資料來了解。
  だが、幻想郷のあり様はここ百年余りで大きく変化した事は間違いないだろう。本来、妖怪に恐怖してきた人間も、妖怪退治に躍起になっていた人間も既に居なくなり、今では妖怪が人間の里に遊びに来たり、人間も悪魔の家にお呼ばれする世界へと変化している。今回の幻想郷縁起は、新しい幻想郷になってからの初めての本である。今では妖怪に人間が喰われる事も殆ど無い。その為、どう言った内容にするのが良いのか大いに悩んだが、悩んだ結果、今までの妖怪の注意や対策等は踏襲しつつ、新しい妖怪の見方が出来るように少しずつアレンジ(*1)を加えてみた。妖怪個人をピックアップして、私生活まで踏み込んでみたりしたのも、妖怪と人間の新しい関係を築きたいという思いからである。   可以肯定的是,幻想鄉這百餘年來,發生了巨大的變化。無論是非常害怕妖怪的人類,還是積極活躍以退治妖怪為生的人類,都不復存在。現在的幻想鄉,妖怪會去人類村莊玩樂,人類也會被惡魔招待去它家。這次的書,是新幻想鄉成立以來的首本幻想鄉緣起。現在人類被妖怪吃掉的事很少發生了。所以我曾一直煩惱究竟書中要寫什麼好,煩惱的結果是將至今為止認識的妖怪寫上注意事項和應對方法,讓人們即使發現了新的妖怪也有一定應對方法(*1)。選出個別妖怪,也記載妖怪的一些私生活,都是為了讓人們與妖怪融洽相處。
  さらに言うと、今回の幻想郷縁起は妖怪からのアピール(*2)も多く、人間が妖怪から身を守る為の資料だったのが、いつの間にか妖怪が自分の事を他に知らしめたいという内容に変わりつつある。実は今回の幻想郷縁起では、若干妖怪の危険度を水増しして書かれている。今の幻想郷の実情は、人間を取って喰ったりする事はまず無いと言っても良いだろう。   說得更直接些,這次的幻想鄉緣起,有很多來自妖怪方面的抗議(*2),本來此書是作為保護人類的資料用的,後來妖怪們希望知道更多關於自己的描述。事實上這次的幻想鄉緣起有一些妖怪寫得比實際上危險。現在幻想鄉的實情是,人類基本上不會被襲擊吃掉吧。
  こうなると幻想郷縁起は一体誰の為に、何の目的で書いている資料なのかもう一度考え直さないといけないのかも知れない。そうでないと、私が転生し続ける意味も薄れてしまうからだ。今回の幻想郷縁起を書き終えたら、この本を広く公開し、その上でさらに私が転生を続ける必要があるか皆に問う事にしよう。   這樣一來,幻想鄉緣起倒底是為了誰,又為了什麼而寫,可能就得重新思考一番了。不然我繼續轉生下去其意義也不大。當此書完成,並廣為流傳後,我決定詢問眾人的意見,我是否應該繼續轉生下去。
  しかし、幻想郷縁起が不要になる時代が来たと言う事は、逆に言えば人間にとっても妖怪にとっても理想の時代が訪れたと言う事だろう。何しろ、命の危険も少ない上に、いつでも平和的に決闘を行えるのである。妖怪退治も名前だけの妖怪退治で、人攫いもポーズとしての人攫いなのだ。安全で、かつ刺激的な世の中は、妖怪にも人間にも最高の時代だろう。   不過反過來說,當幻想鄉緣起不再被需要的時代來臨,無論對妖怪還是人類來說,都是一個理想的時代吧。畢竟沒有了生命危險,決鬥也是和平的進行。妖怪退治只是掛個名字,襲擊人類也只是做做樣子,既安全又有刺激的世界,對妖怪和人類來說,都是最美好的時代吧。
  この様な幻想郷が作られたのも、ひとえに博麗大結界によって世界が隔離されたお陰である事は疑いようが無い。外の人間が力を持ち始め、妖怪の存在を否定し始めた頃、既に幻想郷は滅亡の危機にさらされていた(*3)。そこで妖怪の賢者が取った策とは、大結界により幻想郷を隔離すると言う物だったのだ。   能夠創造出如此美好的幻想鄉,毫無疑問全靠將幻想鄉與世界隔離的博麗大結界。當外面世界的人類開始擁有力量,對妖怪開始否定的時候,幻想鄉面臨滅亡危機,(*3)這時妖怪之中的賢者採取的計策是,利用大結界將幻想鄉隔離。
  この大結界とは、いわゆる常識の結界である。この大結界により、外の世界は外の常識で、幻想郷は外の非常識と分けられた。外の世界が妖怪や夜の世界を否定し始めた事を逆に利用し、否定する事によって物や力が流れ込む世界を生み出したのだ。なんて消極的ながら画期的で革新的なアイデアだろうか(*4)。つまり大結界を張ったという事は、妖怪は自ら人間社会にとって不要な者なんでしょ?良いですよ、こっちは勝手にやりますから、と言ってのけたと同じなのだ。   這個大結界,可以說是常識的境界。外面世界有外面世界的常識,而幻想鄉則是作為非常識的存在。外面世界對妖怪、夜之世界否定時,大結界會利用這被否定的東西與力量,流入和誕生於結界之中。雖然消極,卻是一個劃時代、革命性的決定(*4)。也就是說,大結界的張幕,妖怪成了人類社會遺棄的東西,也可以說成是,那好吧,我們自有一套。
  その苦肉の策は完全に成功している様に見える。もしかしたら苦肉の策ではなく、最良の策だったのかも知れない。だがそんな大結界も、百年近く経過して一つ歪みが現れ始めた。それは、妖怪が人間を襲えなくなった事の弊害で、妖怪の力が弱体化してしまった事だった。これでは、何か新しい妖怪が外で死滅し幻想郷に流れ込んだ時に、現状の妖怪では歯が立たず幻想郷が支配されてしまうかも知れない。その大結界の所為で幻想郷が崩壊すると言う事も考えられる。   這條苦肉計看來非常成功。說不定這不是苦肉計,而是最完美的計策。不過由於這大結界,幻想鄉在經過百年後出現了危機。那就是妖怪們不襲擊人類後,妖怪們的力量開始弱化。若有新的妖怪在外面滅絕後流入幻想鄉,幻想鄉中原有的妖怪會不敵新妖怪,而幻想鄉會受到新妖怪的支配。有人會說,幻想鄉會因為大結界而崩壞。
  勿論、それを回避する策も考えられた。それは、擬似的な戦闘を決闘(*5)と言う形で行い、妖怪、人間共に闘い続けましょう、と言う物だった。今では、妖怪は定期的に異変を起こし、異変解決の専門家がそれを解決すると言う流れが生まれている。 今回の幻想郷縁起もその意向を汲み、妖怪は人間を襲う者という部分を強調気味に纏めた。妖怪は人間を襲い、人間は妖怪を退治する。擬似的にでもこの形が無いと、幻想郷の未来は暗い物になってしまうだろう。   當然,為了避免這種事情發生,也想好了相對的計策。那就是以決鬥形式進行的模擬戰鬥(*5),讓妖怪與人類都能繼續戰鬥。現在幻想鄉中妖怪們會定期發動異變,也有相對的專家去逐個解決。這次的幻想鄉緣起也據此在妖怪襲擊人部分進行了強調。妖怪襲擊人,人類退治妖怪,正因為有了這些形式,幻想鄉的未來才不至於灰暗。
  私の見知では、今の妖怪の力は弱体化どころか、狭い幻想郷には過剰な力だと思う。外の世界では次から次へと妖怪が忘れ去られている証拠だろう。だが、どの妖怪も外の世界に攻め込もうとはしない。それは何故か。妖怪は外の世界の人間に敵う訳がないと思っているのだ。外の世界はそれ程までに人間の世界となってしまった。外の世界で妖怪の名前が出る時は、物語の中だけで、それも退治されるだけの存在(*6)に貶められている。だから、幻想郷は狭すぎても、ここから出て暴れようとする妖怪は居ないのだ。   據我來看,現在妖怪力量弱體化,是因為對狹窄的幻想鄉來說是過剩的力量。也是外面世界接二連三的忘掉了妖怪的證據吧。不過無論哪種妖怪都不會去攻佔外面世界,為什麼呢,我想是因為妖怪敵不過外面世界的人類。外面世界已經發展成如此以人為中心的世界了。在外面世界即使提及妖怪的名字,那也只是出現在故事中,而且是作為一種擊退消滅的貶義存在(*6)。所以即使幻想很狹窄,也沒有妖怪會離開這裏,沖向外世界。
  妖怪に限らず、現状で満足出来ると言う事が幸せへの唯一の方法で有り、最も難しい事の一つだろう。確かに、不満を挙げることが向上心に繋がり、より良くしていく事になる。だが、言い返せばそれは欲で有り、欲深き者には滅びの道しか残されていない。吾唯足るを知る、今ある物で自分は満たされていると言う意味である。一足早く妖怪は吾唯足るを知るの境地に至った。今の幻想郷を見てそんな気分にさせられる。このまま、狭いながらも無欲で幸せな幻想郷でありたい(*7)。   不光妖怪,知足常樂是通往幸福的唯一道路,但同時也時很困難的事情。的確,提及各種不滿能增加進取心,事情有時也會向良性發展。但是反過來說,這也代表有了欲望,野心勃勃者最終只會滅亡。知足常樂就是對現有事物能夠滿足。妖怪們首先達到了這個境界,現在的幻想鄉就充滿了這種氣氛。希望這個雖狹窄,但無欲又幸福的幻想鄉能維持下去(*7)。
  なお、御阿礼の子と呼ばれる人間は――早い話が全て私の事だが、余り長生きは出来ない。それは転生が不完全なのか、知能が高すぎる為なのかは判らないが、とにかく三十迄生きる事は出来ないだろう。それに転生の術は何年も前から準備しないといけない。それ故、普通の人間としての生活は殆ど送れないだろう。今の幻想郷は昔に比べると遥かに愉しく過ごし易いので、それだけが残念である。さらに言うと転生の術は、生きている内から閻魔様に許しを乞い、転生後の肉体を用意して貰うまでの百年余りの時間は、地獄の閻魔様の下で働く事となる。その為、今の様に幻想郷と冥界の行き来が容易くなったとしても、私は幻想郷の様子を見る事は出来ない。   所有御阿禮之子,或者說全都是我,壽命無法長久。不知是轉生不完全,還是智能太高的緣故,總之大概活不過三十歲。而且轉生之術還得提早很多年便開始準備。所以能夠過上正常人生活的時間實在很少。相對以前,現在的幻想鄉能夠過得更輕鬆愉快,在這點上真是非常遺憾。轉生之術其實就是在生前乞求閻魔大人的許可,在得到轉生用的肉體和轉生前的百餘年間,在地獄的閻魔大人手下勞動。其間,即使現在幻想鄉來往冥界變得容易了,我也無法知道幻想鄉的變成什麼樣子了。
  今まで転生を行う度に、人間関係がリセットされるのが一番辛い事だった。だが今回は何かが変わる予感がする。それは、妖怪と人間の距離が近くなり、私にも妖怪の知り合いが増えた事だ。妖怪なら、何百年でも生き続ける事はざらである。私が百年以上地獄に落とされていようとも、人間は全て入れ替わってるだろうが、妖怪は同じ顔ぶれに会う事が出来るだろう。今の幻想郷は、転生への恐怖と孤独も和らげるのだ。   至今為止各次轉生中,最痛苦的事情莫過於所有的人際關係都被清空重頭來過。但是這次我有會不一樣的預感。那就是妖怪與人類距離縮近,我也認識了不少妖怪的事實。妖怪能夠活數百年,即使我墜入地獄百餘年,認識的人類都已不復存在,但也許能再遇到認識的妖怪吧。多少能中和我對轉生的恐懼、不安與孤獨。
  十代目の御阿礼の子の時代は、どんな世界になっているのだろう。今の幻想郷は、機転の利く妖怪のお陰で完全な世界を保っている。この調子なら、何の変化もないまま幻想郷は存在し続けるだろう。今の幻想郷は、外の世界に大きく依存している。それは、大結界が常識の結界だから当然の事であるが、幻想郷の中の力だけではどうにもならない事が存在している事は、やはり恐怖である。   不知道到了第十代御阿禮之子時,世界會變成什麼樣子啊。現在的幻想鄉,全靠機靈的妖怪才能保全完整。往後幻想鄉也會一直這樣不變吧。若說幻想鄉會崩壞,那也只可能是外面世界率先崩壞。現在的幻想鄉,非常依賴外面世界。因為大結界的常識的境界,光靠幻想鄉中的力量難以存活,這麼一想真是可怕。
  もし、外の世界が崩壊したとしたら、妖怪の賢者はどういう行動を取るだろうか。やはり、すぐに大結界を消滅させ、外の世界を支配し始めるのだろうか。まずは夜の世界を妖怪の世界とし、世界は再び闇の世界へと逆戻りするのだろうか。   若然外面世界崩壞了,妖怪的賢者們會採取什麼行動呢。很可能馬上消滅大結界,進而開始支配外面世界。首先夜之世界會成為妖怪的世界,世界會重回黑暗一片吧。
  何故か私にはその未来は想像出来ない。今の幻想郷の妖怪を見る限り、妖怪の未来は明るい物としか思えないのだ。一足早く精神的に優れた世界を創り上げたのは、外の世界の人間でも、妖怪退治をする人間でも無く、妖怪だったのである。その妖怪が愚かな真似をするとは思えないのだ。我々、里の人間はその妖怪の存在を強固な物とする為に、妖怪と闘っているポーズを大切にし、これからも妖怪退治を続けていくだろう。   不知為何,我難以想像出未來的情景。縱觀現在幻想鄉的妖怪,很難說妖怪的未來是一片明朗。若要快些營造出精神愉快的世界,那就是即使在外面世界,退治妖怪的也不是人類,而是妖怪。這種妖怪不會做些蠢事。我們村莊的人們,為了牢固地保持這種妖怪的存在,將會維持着與妖怪戰鬥的形式,退治妖怪也會一直繼續下去吧。
  今回の幻想郷縁起は、これでまだ終わりではない。私が転生の準備を始めるまで編纂され続けるだろう。それまで、幺樂団の演奏でも聴きながら、私(*8)の好きな紅茶を愉しみ続けたい。   這次的幻想鄉緣起,還未算完結。我會在轉生準備開始前,繼續編集本書。在此期間我希望能一直邊聽幻樂團的音樂,邊享受我(*8)最喜愛的紅茶。
九代目阿礼乙女 稗田阿求 第九代阿禮少女 稗田阿求
 
(*1)積極的に横文字を使ってみたり、イラストを交えてみたり。 (*1)積極使用橫文字和添加插畫。
(*2)もっと、自分を強そうに書いてくれ、とか、こういう能力持ってるけどどう等。 (*2)要求將它們寫得更強些,希望自己有某某能力等。
(*3)八代目の阿弥の時代、幻想郷は妖怪の力が薄れ、外の人間も妖怪を否定し、既に崩壊寸前だった。 (*3)第八代阿彌的時代,幻想鄉妖怪力量薄弱,外面人類也否定妖怪,幻想鄉岌岌可危。
(*4)我々、里の人間は元々その幻想郷に住んでいた為に巻き込まれた可哀相な人間だが。 (*4)我們這些原來就住在幻想鄉中的人們被捲入這事件中,真是可憐。
(*5)決闘とは、疑似的な人攫いと疑似的な妖怪退治の言い換えでもある。 (*5)決鬥也可以說成是模擬襲擊人和妖怪退治。
(*6)今では、妖怪はただの雑魚扱いで、最大の敵は人間と言う話が多いと言う。 (*6)現在的故事常見妖怪是手下雜兵,最終敵人卻是人類。
(*7)あ、これも欲か。吾唯足るを知るの境地はまだ遠い。 (*7)啊,這也是欲望的一種吧,我離知足常樂的境界還差得遠呢。
(*8)阿求になってから好きになった。 (*8)成為阿求後便愛上了紅茶。
< 危險區域指南:彼岸   東方求聞史紀   未解決資料:遺落於迷失竹林中的便箋 >