• 歡迎光臨中文版東方維基
  • 您目前還未登錄,請點此登錄後進行編輯。
    如果您還沒有在東方維基註冊,請點此註冊
  • 如果您想要註冊賬號,請聯絡KyoriAsh或前往Discord頻道以取得新賬號

東方求聞史紀/死神

出自 东方维基
跳至導覽 跳至搜尋
第103頁
< 百科:個體未得到確認的種族   小町   百科:閻魔 >
死神~地獄の観光案内人~ 死神~地獄的觀光導遊~
 
死神 死神
主な危険度:  低 主要危險度:  低
遭遇頻度:   低 遭遇頻度:   低
多様性:    低 多樣性:    低
主な遭遇場所: 三途の河付近 主要遭遇場所: 三途之河附近
主な遭遇時間: 不明 主要遭遇時間: 不明
 
特徴 特徵
  死神は幻想郷に住む妖怪ではないが、稀に幻想郷にも現れるのでここで紹介する。   儘管死神並非幻想鄉中的妖怪,但因其極少在幻想鄉中出沒,再次對其進行介紹。
  死神は、普段に地獄に住み、人間の寿命を管理する事務職や、幽霊の道案内、三途の河の船頭、観光ガイドなどを担う地獄の民である。   死神平時生活在地獄中,是負責人類壽命一職,同時身兼為幽靈引路、三途之河擺渡、觀光導遊等工作的地獄住民。
  人間が死を迎えると、死神が魂を持っていくというイメージは後から付けられたもので、本当は閻魔王の手足となって働く労働要員である。   人類在迎來死亡之時,死神會前來取走自己的靈魂,對死神的這般印象是之後人類為死神添加的。死神原本是閻王的左膀右臂,是為閻王鞍前馬後的勞務要員。
  死神の特徴として、大きな鎌を持っている事が挙げられる。   死神的普遍特徵是手持巨大的鐮刀。
  この鎌は、死神として箔を付ける為に持っていると言われているが、実際は地獄の民が死者に向けて行うサービスの一環である。大鎌を持った死神を見た死者に『本当に死神って居たんだぁ』と喜んで貰おうという訳である(*1)。   作為死神手持這把鐮刀,據稱是為了給死神貼金,凸顯其身份和地位,實則不然。事實上,死神手持鐮刀,是地獄住民向死者進行的諸多服務中的一環。死者看到手持巨大鐮刀的死神後便會感嘆「死神原來是確實存在的啊」,並由衷地為之欣喜(*1),因此死神才會以手持巨大鐮刀的形象示人。
 
主な死神の仕事 死神的基本工作
・寿命の管理 ・壽命的管理
  生きている人間の寿命を記録し、予定と異なる場合が見つかれば、再度寿命を計算し直す(*2)。   死神會記錄依然在現世生活的人們的壽命,如發現實時記錄值與預定值不符,則會重新計算該人的壽命(*2)。
  膨大な資料に囲まれながら計算を繰り返す職業なので、事務職に向いている死神が従事する。   這是一份涉及資料相當龐大、計算過程異常繁雜的工作,因而死神的工作更加側重於事務性。
・地獄の受付嬢 ・地獄的前台小姐
  地獄のシステムに不慣れな幽霊がやってくるので、その幽霊に説明したり、行き先を案内したりする。   來到地獄的幽靈中總有一小部分對地獄這個系統感到不適應的,這份工作的內容是對該幽靈進行說明,並為其指引方向,帶領其前往目的地。
  見た目が地獄向けな死神が担当する。   這份前台接待工作自然由一目了然的地獄住民死神擔任。
・三途の河の船頭 ・三途之河的擺渡人
  三途の河に来た幽霊を、賃金を貰って彼岸に渡す仕事である。   收取來到三途之河的幽靈支付的佣金,並將其引渡至河的彼岸就是這份工作的唯一內容。
  外勤で肉体労働の為、人気は低い。   因為這是一份外勤工作,又是費力的體力勞動,因此並不受死神們歡迎。
  しかし、仕事は一人で行い、自分のペースで仕事が出来たり、色んな幽霊と話が出来たりと、好きな人はとことん好きな仕事である。   不過,這份工作由一人獨立完成,可以依據自己的步調隨性工作,還能與眾多的幽靈對話聊天,是一份喜歡的人會愈來愈喜歡的工作。
・裁判の書記 ・裁決的書記
  閻魔様の裁判に同席し、内容を記録する仕事。   工作內容為陪同閻王大人出席裁決,並將裁決的內容和過程記錄在案。
  死神の中で最もエリートが従事する仕事であるが、内容は地味。   只有身為精英中的精英的死神才能擔任這份工作,且工作內容極其枯燥。
 
(*1)割と好評。 (*1)意外地備受好評。
(*2)記録するだけなので、予定に変更があっても殺したりはしない。 (*2)死神只負責記錄,即使記錄值與預定值之間有出入,死神也不會將該人殺害。
< 百科:個體未得到確認的種族   小町   百科:閻魔 >