• 歡迎光臨中文版東方維基
  • 您目前還未登錄,請點此登錄後進行編輯。
    如果您還沒有在東方維基註冊,請點此註冊
  • 如果您想要註冊帳號,請聯絡KyoriAsh或前往Discord頻道以取得新帳號

東方求聞史紀/外來人

出自 东方维基
跳至導覽 跳至搜尋
第110頁
< 個體未得到確認的種族:神靈   東方求聞史紀   英雄傳:博麗靈夢 >
外来人~神隠しの人間~ 外來人~神隱的人類~
 
外来人 外來人
主な危険度:  不明 主要危險度:  不明
遭遇頻度:   低 遭遇頻度:   低
多様性:    低 多樣性:    低
主な遭遇場所: 博麗神社、再思の道、無縁塚近辺 主要遭遇場所: 博麗神社再思之道無緣冢附近
主な遭遇時間: 不明 主要遭遇時間: 不明
 
特徴 特徵
  外の世界の生きている人間である。外の世界の人間と言っても、服装や髪型、言葉遣い等に差はあるものの、幻想郷の人間と明確な違いはない。   外來人即生活在外面的世界中的人類。儘管在外面的世界中生活的人類與幻想鄉住民在服飾、髮型、遣詞造句等方面都有所差異,本質上與幻想鄉住民並無明顯區別。
  殆どの人間がパニック状態に陥っているが、それは当然だろう。   幾乎所有人類都容易陷入恐慌之中,這自然是理所當然的。
  外の人間の知識は、我々より遥かに深く、未知の道具を使いこなす。幻想郷の人間も妖怪も、そういった外の世界の影響を受けやすく、外来人から新しい事を学ぶと、それが一時的な流行となったりする(*1)。   外面世界中的人類,擁有凌駕於我等幻想鄉住民智商的淵博學識,並且能使用未知的工具方便生活。幻想鄉中,無論人類抑或妖怪,均極易受到外面世界的影響,向外來人學習新鮮事物曾一度成為幻想鄉中的潮流風尚(*1)。
  殆どの外来人は、妖怪に捕まるとすぐ食べられるか、妖怪が飽きてしまうと食べられてしまう。   絕大多數的外來人被妖怪虜獲之後,並不會馬上被妖怪吃掉。妖怪們會向外來人學習知識,或將其當做新奇玩物賞玩,直至新鮮感變作厭倦感才會將其吃掉。
  運良く人間の里に辿り着いた場合は、博麗神社に連れて行けば、無事に外の世界に帰す事が出来る。   而抵達人類村落的那些走運的外來人,則會被帶至博麗神社,平安無事地回到外面的世界。
  だが、ごく稀に幻想郷に住み着く者も居る。そういった外来人は、特殊な知識を持った人間として重宝される。   不過,有極少部分的外來人最終定居於幻想鄉之中。諸如此類的外來人將會被視作擁有特殊知識的人類,成為人類村落中的珍寶。
 
外来人の共通した特徴 外來人的共同特徵
・すぐに携帯電話という道具を耳に当て、その後途方に暮れる。 ・來到幻想鄉後馬上掏出被稱作手機的工具放在耳朵邊,頃刻間情緒低落。
  その道具から不吉な音でも鳴っているのだろうか。   難道說那件工具中發出了什麼不吉利的聲響嗎?
・妖怪を見ても逃げない、戦わない。 ・見到了妖怪不逃跑也不與其戰鬥。
  喰われる気満々である。   擺明了讓妖怪放心大膽地吃自己。
・そのくせ、幽霊を見ると一目散に逃げる。 ・奇怪的是,一見幽靈立馬逃之夭夭。
  妖怪より危険ではないが……。   幽靈這東西哪有妖怪來得危險……
・外の世界に関する知識が希薄。 ・與外面世界相關的知識知之甚少。
  道具を使いこなす割りに、その道具の原理も作り方も知らない。   儘管精通工具的使用方法,卻不知道工具的工作原理,也不知道工具如何製作而成。
  例えば携帯電話なんかもその一つである。   比如那個叫什麼手機的就是其中之一。
  だから、幻想郷で外の世界の道具を複製できないのは残念だ。   因此非常遺憾,幻想鄉無法仿製外面的世界中的任何工具。
 
(*1)最近では、サッカーというスポーツが流行った。そんな感じで、幻想郷は中途半端であるが外の世界に染まっている。 (*1)最近幻想鄉中流行的是名為足球的體育活動。幻想鄉就是這樣半吊子地受著外面世界的影響。
< 個體未得到確認的種族:神靈   東方求聞史紀   英雄傳:博麗靈夢 >