• 歡迎光臨中文版東方維基
  • 您目前還未登錄,請點此登錄後進行編輯。
    如果您還沒有在東方維基註冊,請點此註冊
  • 如果您想要註冊帳號,請聯絡KyoriAsh或前往Discord頻道以取得新帳號

東方求聞史紀/八百萬之神

出自 东方维基
跳至導覽 跳至搜尋
第100-101頁
< 個體未得到確認的種族:仙人   東方求聞史紀   個體未得到確認的種族:神靈 >
八百万の神~飽和状態の神様~ 八百萬之神~飽和狀態的諸神~
 
八百万の神 八百萬之神
主な危険度:  低 主要危險度:  低
遭遇頻度:   高 遭遇頻度:   高
多様性:    高 多樣性:    高
主な遭遇場所: どこでも 主要遭遇場所: 任何地方
主な遭遇時間: いつでも 主要遭遇時間: 任何時候
 
特徴 特徵
  何処にでも居て、人間にとても馴染みが深い神である。八百万とは『とても多い』という意味であり、実際はそれよりも多いと思われる。   所謂八百萬之神,指的是那些身影無處不在,於人類生活密切相關的神明。其中「八百萬」表示「數量眾多」的意思,一般認為實際的數量應該比這個數還大。
  姿形は無く、触る事も会話する事も出来ない。   這些神明沒有實際形態,無法觸及,也無法與其進行對話。
  その実体が何かというと、あらゆる物体の、名前を付けられる前の存在が神そのものなのである。名前を付けられた後にも、この神の影響が僅かに見られる。また、様々な物にこの神は宿るが、反対に概念の様な物体の無いものには宿っていない。   要說其實體是什麼的話,世間萬物,在被冠以名稱之前,其存在就是神明。即使在被冠以名稱之後,這些神明的影響也僅能被稍微見到。此外,世間林林總總有形事物中都有這些神明寄宿其中,反言之,只存在於概念,沒有實際形態的事物中不可能有這些神明寄宿。
  畏れ多き神から親しみやすい神、高貴な神から下賤な神等、ピンからキリまで居る。   從讓人畏懼的神至容易親近的神,從高貴的神至下賤的神等,從最好到最壞有各種各樣的神。
  道具に宿る神の場合、一般に宿っている神の位が高い程、道具としての利用価値も高いと言われる(*11)。   談及寄宿於工具中的神,一般而言,寄宿的神等級越高,工具的利用價值也就越高(*11)。
 
道具に宿る神への信仰 對工具寄宿神的信仰
  道具を買ってきた時、まず道具に祈り、壊れていないかあちこち調べる(*12)。この段階で壊れていたら初期不良という祟り神が宿っている。店の人に言って祓って貰おう。   工具購買入手時,首先要向工具祈禱,隨后里里外外仔細檢查是否有損壞(*12)。如果這一步驟中工具破壞,則表明工具中寄宿著名為「初期不良」的邪神。應向店家當面提出並要求店家為工具淨化除魔。
  毎日使う時も、埃を払い大切に使う。そうすると宿っている神も段々と気分が良くなっていく。   每日使用工具時,切記清理工具上積累的灰塵,並妥善使用。這樣做能使寄宿於工具中的神明心情不斷好轉。
  壊れてしまったり、買い換えようとすると、宿っている神がへそを曲げ、最後に祟られる事がある。   如果工具損壞,隨之購買全新的工具取而代之,原本寄宿於工具中的神明就會就會鬧彆扭,並最終祟化成為邪神。
  最後も、ちゃんと供養し、捨てなければならない。これを怠ると、付喪神として勝手に動き出し、持ち主に悪さする事もあるので注意しよう。   最後,還必須對其好好地進行供奉,然後再丟棄。如果忽視這一點,原本寄宿在工具中的神明可能會祟化成付喪神肆意活動,並對原物主的生活造成危害,務必要多加注意。
 
付喪神 付喪神
  道具に宿る神は、長い間使われ続けると、使用者の念を受け次第に神性が変化していってしまう。   寄宿在道具中的神明,隨著道具長年累月被不斷使用,神性會隨著使用者的意念不斷發生變化。
  そして供養もされずに捨てられると、元の神に戻る事が出来ず、付喪神として勝手に動き出し、自分を捨てた持ち主に悪さをする事がある。   另外,如果工具沒經過供奉就被丟棄的話,寄宿在工具中的神明就無法變回原來的神明,將會祟化變成付喪神隨意行動,並對丟棄自己的物主構成危害。
  付喪神はどちらかというと、神様ではなく妖怪の様な性質を持ち、人間に対して百害有って一利無しである。   付喪神名義上被稱作神明,實質上性質和妖怪相仿,對於人類而言有百害而無一利。
  よく使った道具はちゃんと供養しよう。   對於經常使用的工具要妥善進行保養。
 
(*11)よく利用するから、神の位が上がると言っても間違いではないが。 (*11)經常使用的話,神的等級也會提高,這麼說也不錯。
(*12)この間、神への畏敬の念は忘れない。 (*12)在此期間,不可忘卻對於神明的敬畏之心。
< 個體未得到確認的種族:仙人   東方求聞史紀   個體未得到確認的種族:神靈 >