• 欢迎光临中文版东方维基
  • 您目前还未登录,请点此登录后进行编辑。
    如果您还没有在东方维基注册,请点此注册
  • 如果您想要注册账号,请联络KyoriAsh或前往Discord频道以取得新账号

東方求聞口授/鍵山雛

出自东方维基
跳至導覽 跳至搜尋
第145-147頁
< 秋穰子   東方求聞口授   霍青娥 >
ThGKHina.png
秘神流し雛 秘神流雛
鍵山 雛
Kagiyama Hina
鍵山雛
Kagiyama Hina
能力        厄をため込む程度の能力 能力       收集厄運的能力
危険度      極高 危險度      極高
人間友好度   中 人類友好度    中
主な活動場所  玄武の沢、無縁塚、中有の道等 主要活動場所   玄武之澤無緣冢中有之道
 
  厄を溜め込んでいる神様。いわゆる疫病神だ。近くに居るだけで人間も妖怪も不幸にする。ただ、本人には悪意はまるで無い。むしろ人間に対しては友好的な方だ。厄を溜め込むのも、人間に厄が行かないようにする為である。   收集厄運的神明。所謂的疫病之神。不管是人類還是妖怪,只要靠近了她就會變得不幸。但她本人卻完全沒有惡意。倒不如說她是個待人友好的神明。收集厄運的本意也只是為了不讓厄運轉移到人類身上。
  この神様に関してはタブーが多くて余り触れたくない(*1)。彼女に対するタブーとは「見かけても見てない振りをする事」「同じ道を歩かない事」「自分から話題に出さない事」等多数ある。それを破ると厄が降りかかるという。そうなってしまったら、えんがちょ(*2)するしかない。   關於這個神明的避諱之事實在太多,所以也不過多提及(*1)。關於她的忌諱之事有「即使看到了也當做沒看到」「不跟她走同一條道」「說話時不主動展開話題」等等。觸犯了忌諱的話災禍就會降臨。這樣一來就不得不用「髒東西走開」(*2)來解除了。
  人間との接触が少ない為、性格はよく判らない。でも、タブーに触れて不幸になってしまった人間の話を聞くと、明るくて人懷っこい性格だったという。   因為與人類的接觸很少,所以性格很難判斷。不過,據某個因觸犯忌諱而變得不幸的人所言,她的性格十分開朗且平易近人。
 
流し雛と厄 流雛和厄運
  彼女が厄を集める理由は、厄が彼女の力になるからである。厄の負のパワー自体が彼女を動かす原動力なのだ。疫病神は、神という名前が付いているが、信仰を求めたりしない。普通の神様ではなく、妖怪の一部である。   收集厄運,是因為厄運可以成為她的力量。厄運的負面能量本身是使她行動的原動力。疫病神雖然名字裏有個神字,但卻不追求信仰。她並非普通的神明,而是妖怪的一種。
  人間が雛人形に厄を乗せて川に流すという流し雛の風習を利用し、川下で全ての雛人形を回收して厄を集めている。その為、彼女の元には雛人形だらけにな   利用了人們將厄運附於雛人偶隨河川漂流而去的風俗習慣,在河流下游將雛人偶全數回收來收集厄運。因此,她的住所都是一些雛人偶,不過最近她為了循環利用,好像有把人偶反賣給人間之里(*3)。
  厄というのは人間を不幸にする思念体である。それは不運の幽霊だ。不運というのは幸運の裏返しである。性質もほぼ同じ(*4)なので不運を溜め込んだ彼女は、ある意味幸運の持ち主とも言える。   厄運,即為令人變得不幸的思念體。是不幸的幽靈。不幸就是幸運的反面。性質基本上是相同的(*4),因此收集不幸的她在某種意義上也是個持有幸運光環的人。
 
対策 對策
  非常に危険な存在だ。見かけても絶対に触れないようにしよう。   非常危險的存在。就算遇見她也請一定要保持距離。
  不運な状態に抗う事は出来ない。怪我、病気、破産、離別……ありとあらゆる影響が考えられる。   不幸這種狀態是談不上抵抗的,誰都會中。受傷、大病、破產、離別……甚至有可能會出現一股腦兒全數襲來的慘況。
  もし厄が付いたと思ったら積極的に神社かお寺に厄払いをお願いしよう。   要是沾上厄運,請務必必馬上去神社或是寺院驅厄。
  しかし、おみくじを引いて大凶でも出せば少し話題作りになるのかも知れない(*5)。   不過要是抽籤抽到大凶,那就不知道會不會變成飯後談資了(*5)。
 
(*1)私も不幸にはなりたくないので・・・・・・。 (*1)我也不想變得不幸……。
(*2)人差し指と中指を交差をせて「えんがちょ」と叫ぶ。 (*2)交叉食指與中指,喊着「髒東西走開」。
(*3)みんな無視するので無人販売所を設けている。 (*3)因為大家都無視她,所以現在正準備着一家無人商店。
(*4)どちらも運が偏るだけである。 (*4)無論哪種,都是指的運氣上的偏差。
(*5)そういうのは運が良いと見なされて、小吉とか出てしまうのかも知れないが。 (*5)這種一般都被看做是好運,雖然很可能會抽出小吉。
< 秋穰子   東方求聞口授   霍青娥 >