• 欢迎光临中文版东方维基
  • 您目前还未登录,请点此登录后进行编辑。
    如果您还没有在东方维基注册,请点此注册
  • 如果您想要注册账号,请联络KyoriAsh或前往Discord频道以取得新账号

東方求聞口授/文文新聞1

出自东方维基
跳至導覽 跳至搜尋
第156頁
< 第六部   東方求聞口授   文文新聞-火焰貓燐&宮古芳香 >
ThGK Bunbunmaru1.jpg
第百二十六季 神無月の四 第一百二十六季 神無月[1]之四
妖怪音楽に新しい風 妖怪音樂的新風
 
不良妖精にパンクライブが好調? 朋克搖滾深受不良妖精喜愛?
  人間の里から博麗神社へ向かう道で、定期的にゲリラライブが行われている事が判った。時刻は人間が寝静まった真夜中から始まり、賑やかな演奏は里にも響いてくる。   我得知在人類村落通往博麗神社的道路上有妖怪在定期舉辦游擊演唱會。從人類都已經入睡的深夜開始,熱鬧的演奏就算在人類村落也能聽到。
  ライブを行っているのはミスティア・ローレライさん(夜雀)と幽谷響子さん(山彦)のコンビからなる鳥獣伎楽 (ちょうじゅうぎがく) だ。   主辦着演唱會的是米斯蒂婭·蘿蕾拉小姐(夜雀)與幽谷響子小姐(山彥)的組合鳥獸伎樂[2]
  騒音としか思えないノイズたっぷりの爆音、メッセージ性の高い歌詞と音程を無視したシャウト系の音楽が夜の幻想郷に鳴り響く。奇抜な服装で髪を振り乱しながら歌うその個性的な音楽のスタイルは、幻想郷には馴染みの薄いパンクロックというものだとか。 只能讓人理解為是噪音的充滿雜音的爆音,傳遞性很強的歌詞與絕大音量的音樂響徹在幻想鄉。穿着奇特的服裝邊甩着頭髮邊唱歌的這種充滿個性的音樂風格,應該就是幻想鄉里少見的朋克搖滾了吧。
「パンクってのはね。抑圧された不満を爆発させる物よ。魂の叫びなのよー!」 「所謂朋克啊,就是指將積攢的壓力都給爆發出來的靈魂的尖叫哦!」
  ボーカルの響子さんはそう説明する。抑圧された不満とはいったい何なのだろうか、その辺りを聞いてみた。   主場的響子小姐這麼說明。記者有問道她平時所積攢的壓力都是些什麼。
「うーん、毎日庭掃除したりお経唱えたりするだけだからつまらないしー。あと結跏趺坐は痛いしー。」 「恩——,每天總是打掃庭院或者念佛經什麼的太無聊了——還有跏趺坐什麼的太疼了——」
  どうやらお寺の修行が辛いだけの様だ。でもその程度の不満でも歌にすると、若者の支持が得られるというのは間違い無いようである。この取材をした時も、騒ぎたい妖精や不満のある妖怪達で賑わっていた。   看樣子只是寺廟的修行太辛苦了而已。但是就算只是把這種程度的不滿唱出來,也能從年輕人那裏得到支持。在記者進行採訪的時候也因為想亂鬧的妖精還有對什麼事情不滿的妖怪而把場面搞得沸沸揚揚的。
  しかしこのパンクライブには苦情が寄せられている。その多くが騒音被害だ。真夜中に大きな音で歌っているのだから当然である。その苦情に対し響子さんは   但這朋克搖滾也被很多人抗議着。其大多數都是被噪音所害。在深夜那麼大音量的唱歌也是理所當然被抗議的。響子小姐對這個抗議表示
「山に登って『ヤッホー!』って叫んでいるのは良くて、私が歌うのが駄目だなんておかしいわ」 「你們可以在山上大喊大叫的,但卻不許我唱歌什麼的太奇怪了」
  私が取材した限りでは、ライブとはいえただ爆音の演奏と、それに負けじと大声で愚痴を叫んでいるだけで、お世辞にも“歌”とは思えなかった。彼女らの不満の叫びが静かにしたい人間や妖怪の不満を生み、新たな火種にならない事を望む。   所謂演唱會只不過是單純的爆音的演奏,還有就是像人生的喪家犬一樣大聲地發泄着不滿,實在是無法稱之為「歌」。希望她們不滿的喊叫不要惹到想安安靜靜休息的人類與妖怪,引起新的事件。
(射命丸 文) 射命丸文

註解

  1. 神無月:日本歷十月。
  2. 這是一個對「鳥獸人物戲畫」和「おんがく(音樂)」的改編。
< 第六部   東方求聞口授   文文新聞-火焰貓燐&宮古芳香 >