• 歡迎光臨中文版東方維基
  • 您目前還未登錄,請點此登錄後進行編輯。
    如果您還沒有在東方維基註冊,請點此註冊
  • 如果您想要註冊帳號,請聯絡KyoriAsh或前往Discord頻道以取得新帳號

東方夢終劇/翻譯/結局

出自 东方维基
跳至導覽 跳至搜尋
< 第二部分   翻譯   Extra >
注意: 下文記述關於東方夢終劇結局的情節,或許會降低欣賞原作的興致。

Ending 1[編輯]

「霊夢!」 「靈夢!」
最終弾幕決闘をしているつもりだったのに
気づけば彼女は自室のベッドで眠っていた。
明明感覺直到方才為止自己一直在進行著最終的彈幕對決
察覺到時才發現她只是睡在自己房間的床上。
しかしそこは
普通の魔法使いの部屋ではなかった。
但是那裡
並非什麼普通的魔法使的房間。
「……あ」 「……啊」
「夢……だったのか……何もかも」 「原來……是夢嗎……所有的一切」
「そうね、そもそも魔法とかが普通に在る
時点でおかしいと思うべきだったのよ」
「也是啊,本來魔法什麼的堂而皇之的存在
這本身就夠讓人覺得奇怪的了」
「幻想郷なんてただの夢の世界なんだって」 「說幻想鄉什麼的是不過是夢之世界」
「……思えるわけ無いじゃない……」 「……這怎麼能叫人相信……」
「……霊夢……なんで……」 「……靈夢……為什麼……」
「もう一度……眠れば幻想郷の夢、見れるかな」 「如果再睡一覺……會不會再一次,夢見幻想鄉呢」
「おーいっ、遅刻しちゃうよー
早くガッコ行こー」
「餵——,快要遲到了啦——
快一點去上學吧——」
「あ……うんー
ゴメン待ってて今着替えるから~」
「啊……好——
抱歉等我一下我這就換衣服~」
霊夢の死によって終劇を迎えた夢の楽園。 隨著靈夢的死亡,夢幻樂園也步入了終章。
その悲しき記憶もやがてただの
夢としての認識しかなくなり風化し、
真に幻想となっていくだろう。
而那悲痛的記憶最終也會漸漸
被當做一場夢而隨時間風化,
那時幻想就真的不再存在了吧。
ENDING - 1
我々としても最善を尽くしましたが……
17時58分、御臨終です。
很遺憾,我們已經盡力了……
17時58分,病人去世。

Ending 2[編輯]

彼女が神社に戻ると
今まさに建物が自然解体を始めていた。
當她返回神社的時候
建築物都開始了自然解體。
まるでパズルのピースのように分解されて
宙へ昇っていく。鳥居も、木々も、地面も。
その向こうには……なにも無かった。
簡直就像拼圖的碎片一樣漸次分解
升上了天空。鳥居、樹木、地面。
在它們去往的方向……是一片虛無。
「みんな……みんな……消えていく……」 「大家……大家……全都在消失……」
「今日くらい、いいのよ素を出してくれても」 「就只有今天,即使露出坦率的一面也沒關係呢」
「……あ」 「……啊」
「アリス……」 「愛麗絲……」
「魔理沙……今まで言えなかったけど、
ずっと魔理沙のことが好きだったの」
「魔理沙……儘管直到今天為止都沒能說出口,
 可我一直一直都喜歡著魔理沙」
「ゴメンな、私は……勿論アリスも
友達として大好きだったぜ」
「對不起,我……是把愛麗絲看作
 重要的朋友來喜歡著的」
「いいのよもう全部分かっていたし。
さぁ……みんなも来ているわ」
「足夠了,我什麼都明白的。
 看……大家也都來了哦」
「今から、私たち最期の力を以って
あなたをこの世界の外に飛ばすわね」
「現在,要動用我們臨終了的力量
 把你送到這個世界之外」
「は?何それそんなの聞いてないぜ!」 「啊?那是什麼?那種事情我可沒聽過!」
「そう言うと思って今の今まで黙ってたのよ」 「我們就知道你會這麼說所以一直瞞著你到現在的」
「いやだよ!そんな私だけ
生き得したってうれしくない!
お前たちも来れないなら私も行かない!」
「我才不要!那樣只有我一個人
 活下來一點也不好!
 如果你們不跟著過來的話那我也哪裡都不去!」
「もう、何も喋らないでいいから……」 「已經,什麼都不用再說了……」
「ただ一言だけ言わせて……
幻想郷の思い出……ずっと忘れないで」
「只有一句話要對你說……
 在這幻想鄉中創造的回憶……請永遠永遠不要遺忘」
「そんな、嫌だ!嫌だよ!」 「怎麼會,不干!我不干!」
「さよなら」 「再見了」
幻想郷は、一人の少女が永い眠りの
間に創り出した、夢の世界だった。
幻想鄉是一位少女在永眠中沉淪時
所創造出來的,夢幻的世界。
彼女が夢を見ることをやめると
同時に全ては無の中へ消えていった。
當她停止做夢的時候
一切便都將歸於虛無。
唯一つ、魔理沙の心の内に秘めていた、
幻想郷の思い出を除いて……。
唯一例外的,便是在魔理沙心中埋藏著的
關於幻想鄉的回憶……。
ENDING - 2

Ending 3[編輯]

「お、居た居た」 「哦,找到了找到了」
「誰?
……あぁ、隣のベッドの」
「誰?
 ……啊啊,你是鄰床的」
「私、今日退院なんだ」 「我,今天就要出院了」
「そうなんだ……さびしくなるね」 「是這樣啊……我要寂寞了呢」
「ねぇ、キミの言ってた夢の話、
小耳に挟んだんだけどちょっと聞かせてよ」
「吶,你所說的關於夢的事情,
 雖然只是偶然聽到的不過可不可以和我說說呢」
「えっ?」 「誒?」
「夜な夜な……うなされてたんだよ?」 「每一夜每一夜……你都在做噩夢不是嗎?」
「……ごめんね、余り人に聞かせたくないの」 「……對不起,我不太想說給別人聽」
「そっか……残念だね」 「是嗎……真是遺憾呢」
「じゃ、私そろそろ支度しなきゃ」 「那麼,我也必須開始收拾了」
「うん、お元気で」 「嗯,多保重哦」
「……お前こそ。
幻想郷で一緒に居られて最高だったぜ!」
「……你也是。
 與你一起在幻想鄉里的生活最棒了!」
「!……待って!……魔理沙?」 「!……等一等!……魔理沙?」
「……そうやってあんまり一人で
抱え込むなよ?れ・い・む?」
「……有什麼事情不要總是一個人
 去承擔了?靈·夢?」
「魔理沙!……生きてたんだ……よかった」 「魔理沙!……你還活著啊……真是太好了」
「うん……霊夢こそ」 「嗯……靈夢也是」
「…結局、私たちだけが残っちゃったみたいだね」 「…結果,只有你我兩人倖存下來了呢」
「そうね、結局はみんな夢だったわけだし」 「是啊,結果全都是一場夢」
「聞いちゃったんだ、
幻想郷の思い出を私に全て託すって」
「我聽說了呢,
 幻想鄉中的全部記憶都被託付給我了」
「ホントは辛かったの……私が生きる為に
皆を消していくのが」
「其實真的很難以接受……為了讓我活下來
 大家全部都消失掉了」
「前向きに考えな。皆は私たちを
生かすために動いてくれたんだ」
「還是看開一點吧。大家為了讓我們活著
 竭盡了全力不是嗎」
「……そうね」 「……是啊」
「結局生きても死んでも
朽ちる運命だった夢の楽園。
きっといつまでも忘れることはないよ。
だから……みんな今までありがとう。」
「那是無論是生是死
 最終都將迎來枯敗命運的夢之樂園。
 一定是令人永生難以忘懷的呢。
 所以……長久以來真的是感謝你們所有人。」
ENDING - 3
對作品情節的記述到此結束。